Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校、親、そして子どもの教育って

学校でいじめられたという少女の自殺を伝えるニュースがテレビで伝えれています。
本当に悲しい事件だと思います

学校は本来子どもに教育を施す場所ですので、当然安全に通える場所であるはず。
子どもはたくさんの時間を学校ですごすので、「学校生活」ともいいます。

「いじめはあった」「いじめはなかった」
・・・・私は、これだけが問題ではないように思います。

子どもの声、子どもの存在をかき消すかのような騒音が、すでに学校教育に存在していることが根本のようなきがしてなりません。

理不尽に教師を攻めるモンスター的な親があれば、学校は教師を守る立場に変わり、普通の保護者も含めて、保護者一般と学校との間に溝が生まれてしまいます。

親もわが子のこととなると理性を失いがちですし、先生も万能ではありませんから、何十人もいる生徒とその両親の中には、苦手な人も存在するでしょう。そもそもいろいろな感情があるのも当然です。

いじめる子の保護者、いじめられる子の保護者、教師、学校、・・・それぞれが立場で物を言うから、全部が混線状態になり、そうするうちに いつの間にか、子ども自身も子どもの声も姿も見えなくなってしまうのではないでしょうか。


ならば原点に戻り、教育(特に今考えたいのは義務教育の部分)は誰のものか。
誰が考えても、それは子どものためとすぐにわかります。

親も、教師も、学校も、おのずと目的もゴールも同じものになるはずです。(※学力レベルの話ではなく)
ここは手に手をとって・・・となれるのではないかと思うのです。
-----しかし私の経験では、これは理想でしかありませんでした。
また、子どもを守る手立ては、何でも親の側から出さないといけないことも痛感しました。


危険を感じたなら子どもを学校に通わせないこともアリです。特に今の時代はアリです!

親世代、祖父母世代の子ども時代とは、いろいろなことが違っています。
子どもをとりまく環境も、子どもたちの関係も、受けている圧力も、もしかしたら耐久性も・・・・。


もしお子さんの中に、学校に行きたがらないお子さん、いじめを受けているお子さんがありましたら、ゆっくりゆっくり話を聞いてあげて欲しいと思います。

傷ついている子どもがその時必要としているのは、安全が確保されている環境だからです。
子どもに対しては、100パーセントの信頼と、安心感を与えるように接することは、何よりも大切だと感じます。


教育の中心は子ども

されど 学校よりも 子どもが大切。   教育よりも 命が大切

スポンサーサイト

ヤンキー先生ありがとう!

教育再生会議から、新たな提言がでました

「いじめは反社会的な行為として絶対に許されない行為」
「いじめを見てみぬふりをした人も加害者」
「いじめに加担した教師は懲戒免職」
「いじめた側に対して毅然とした対応・出席停止も視野」   
  ※出席停止については 明記はされていません

今までは このような考え方が公になることはなかったのではないでしょうか?
すごく勇気有る提言だと思います

テレビで教育再生会議のメンバーのヤンキー先生こと義家弘介先生が
「今 誰かが批判されても やらなきゃ」
学校を良くするために「命をかけてやります!」という力強い言葉を語っておられました

お話しを聞いていて「本当はこうなんだよぉ」と思うことが いろいろありました

私も保護者の一人として、学校教育にかかわりながら、身近なところでいじめ問題を見てきました。
今までの「教育」では 加害者が教室で普通に過ごしているのに、傷ついた被害にあった子供たちが適応教室やフリースクールへ・・・

さらに復学や進学の段階では「いじめに負けるな!」という声が必ず上がるのに、実際にはとても強い風あたりという現実!

さらには「いじめられる方にも問題がある」など、本当におかしなことがまかり通っていたように思います

「きもい」「うざい」さらに「死ねばいいのに」「死んでくれよ」という心無い言葉が、挨拶のように使われている子供たちの世界・・・・

だんだんに心をマヒさせてこられた(××)子供だけが、教室で生き残れて、純粋な心に育ってきた子供たちが淘汰されていくなど、おかしなことだと感じています

「いじめられても、学校で一人ボッチでも大丈夫」と思えるほどの強い自尊心をもって 学校に通える子供は、現代では本当に稀だと思います

昔と現代の大きな違いは「正義を振りかざして止めてくれる人」の有無ではないかと思います

現代は「いじめも 暴力もしてはいけないこと!」という認識さえ希薄で、すでにそんな認識を語る私のような者は「古い人間」「化石」だそうです

いじめられてつらいのに、止めてくれる人が一人もいない・ましてて先生さえ「いじめはありません」と宣言してしまう・・・・!?
もし 親さえ子供のサインに気づかないなら・・・悲劇になりかねないでしょう
(親が気づき 早く対処できれば 子供は何より心強いと思います!)
 ※今いじめにあっていても 絶対に死んだりしないでください!!※
 ※わかってくれる人が見つかるまで 助けを求めてください!!※


さて 提言の話しに戻りますが 「加害者への教育」という事について義家先生によると 「ホームルーム指導」・「親も含めて」とのこと!

教室では 見てみぬ振りをしてきた子供たちが立ち上がらない限り 核(コア)の部分のいじめがなくならないとのこと

さらに 教育をシッカリ受けて反省をしたいじめた側と クラスの対話による関係の修復=本当にいじめのないクラスを作るまでの指導も語っておられました

・・・・・・・なるほど 方法はあるんだぁ
あとは この提言が どのように議論され 教育現場で「実施」されるのか?ということですね

今までよりも 議論が早く実施されるのではないかなぁと 個人的には期待しているのですが

いじめや 暴力は絶対にいけない事! 
そんな当たり前の認識が 子供たちの中で普通になって欲しいです

私個人は 加害者を生まないための家庭教育(教育というと大袈裟ですが)は大切だと思います
基本的にシッカリ愛情を伝えることが大切なのは、言うまでもありませんが、心をマヒさせたり、暴力を助長するものを子供に与えないことも「アリ」だと思っています

数年前、小学校の保護者会であるお母さんが話し、同感と表明した保護者の方が多かった言葉はこちらです
「ウチの子にだけ与えないと、ウチの子がかわいそうだから、血が吹き出て大人でも気分の悪くなるゲームでも 親は子供に与えるしかない」

え?うそでしょう!!・・・・と感じた私は 当然そのようなものは与えませんでした
今息子は15歳ですが 別にかわいそうでも なんでもありませんでした
今に至るまでもゲーム機は家にありませんが、不自由だとか、楽しみがないとか、自分が可愛そうだと言われたことはありません
(たぶん本人も思ってもいないでしょう!)

子供にとって楽しい事は、テレビやコンピュータの前に座ること以外にもたくさんあるのですから

子供の心の発育は 親の認識の表れなのかもしれないと思います
私はこれからも、子供を加害者にしないために努力していきたいと思います

  FC2 Blog Ranking
 コチラをクリックで投票の仕組みです
いつも応援してくださってありがとうございます
        m(__)m


小花ライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。