Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタラーにピンときたら

バタラー・・・・正確にはわかりませんが、DV加害者をさしてつかわれる言葉です。
知っている方は知っている言葉------


DV(ドメスティックバイオレンス)について、昨日の夕方のニュースでやっていました。

一般的にDVというと、いわゆる「体への暴力」を想像しがちですが、その手前にあるのが「精神的暴力」で、さげすむ、おとしめる、ばかにする、みくだす・・・・といった行為があると専門家の先生が言っていました。

奴隷状態にされ、家政婦以下に扱われ、どんなに(妻に)価値がないか、悪い存在か…という事を言い続けられるとか、生活費を渡されなくなったり・・・・

殴る・蹴る、包丁を向けるといったひどい暴力をしてもバタラー側に罪悪感はなく、「妻が悪いから」「思い知らせたい」といった考えから、(バタラーの中では)暴力行為が正当化されているという。

今は更生プログラムもあるそうで、プログラムを受けている夫がインタビューを受けていましたが、顏はわからないものの雰囲気など・・・「いかにも暴力的な人」という感じではなく、そこら辺にいる夫たちのひとりなのにショックを受けました。

こういう人でも、家庭に入れば妻を罵倒し、手を挙げていたのか・・・・

夫からの暴力で大けがをし、包丁を向けられた末、やっとの思いで子供を連れて逃げた女性は、「DVは思っているよりも多くのひとが苦しんでいるので、もっと自分を大切にしてもいいと知ってほしい」みたいなことを話していました。

この方は、夫との生活の中で「布団で眠る」という普通の事を許されず、ソファや床で寝ていたのだそうです。
~頭を壁にたたきつけられ、ガラスに体を投げつけられ、ガラス体にたくさんささり、とってもとってもガラスが出てくる大怪我もしたそうです。
大変な経験をされてきたのに、明るくて素敵な女性でした。


-----たしかにDVは、わかりにくい犯罪なのかもしれません。
そもそもやってる側(バタラー)に罪の意識がないのだし-----

派手な暴力が家庭の外で気づかれるとしても、近所の方は通報しにくいかもしれないし・・・・被害者自ら「自分の夫に殴られている」とも言いにくいかもしれません・・・

それにそこに至るまでの長い時間、妻はすでに精神的暴力を受けているので、逃げるとか、通報するとか、助けを求める力さえないかもしれない。

だとすると気づかれない(少なくともバタラーはそう思っているかも)事をいいことに、さらにエスカレートするかも・・・・本当にDVは卑劣な犯罪です。

以前読んだ本に、DVはあるパターンで------暴力が少ない比較的良い時期があったかと思うと、言葉を荒げるようなささいなことから始まり、徐々に酷い暴力にエスカレートしていく・・・・・を繰り返すと書かれていました。

バタラーは自分の暴力を「妻の責任」と言うものの、実際には夫の問題が大きいもの。
(仮に妻がささいな間違いをしたところで、暴力が正当化されることはないし)

結局、自己愛の強いバタラーの意識が変わらなければ、暴力のパターンを崩していくことは難しいとありました。

さらに困ったことに、多くのバタラーは罵り、殴りながらも、妻にかなり依存し、執着をしていることもあり、別離が難しいこともっ

~この辺りで手違いがあると悲劇的な事件につながってしまう可能性があるとか------。


テレビで紹介されていた更生プログラムで(バタラーが素直に受けたとして)、効果があるなら、それに越したことがありません。

そもそもDV行為が犯罪(悪い事)という考えをもっと普通にして、加害者を作らせず(暴力は悪い事だという認識から必要)、被害者が助けを求めやすくという事でしょうか。


被害者の方にとっての救済も、---何が一番いい方法か----ケースバイケースなのかもしれません。

現在の取り組みが十分なのかどうかはわかりませんが、DV法もできたし、数十年前よりは良くなっていると信じたいです



テレビの特集ははこんな問いかけで終わっていました。

DVを受けていませんか  DVをしていませんか





スポンサーサイト

人の何を見るのか・・・・

夕方のニュース番組で、先日の京都の事故で運転者が「てんかん」だったことから、「てんかん」について取り上げられていました。

病気についての基礎知識も知らされましたが、同じ病名でも、人によっていろいろな症状が出るそうです。
外傷などで発症することもりあ、誰もがてんかんになる可能性があるのだそうです。

発作が起きると、脳の中の変化で体が(部分的な場合もある)痙攣したり、意識を失ったりすると。
---確かにこれだと運転は危ないでしょう。

アメリカでは医師が届け出て、一時的に免許停止になるとか・・・・治療によって発作をコントロールできるようになるとまた運転できるそうです。

てんかん患者といっても、発作の時以外は普通の人なので、個々の能力に応じていろいろな未来があるはずなのに、「運転できないなら」と仕事を外されたり、退職に追いやられたり・・という事も紹介されていました。

本当に残念なことです。

人間の中には、完璧な人はいないので、みなどこかしらおかしなところがあるものです。
それが、てんかんであることもあれば、三大疾病と言われるくらい多い、ガンや脳・心臓疾病の場合もあるかもしれない・・・・。

ポピュラーなものだと、理解も得やすいのかもしれませんが、[どこかおかしい]という意味においてはいずれも同じです。

どちらにしても、人を見るとき、その人の抱える病気ばかりをクローズアップすると、その人の本の少しかわかっていないことになります。

自分が人のどこを見ているのか。どんなところを評価しているのか・・・と考えさせられます。

私はてんかんの発作がでる状態で運転をしてもいいとは考えませんが、理解と必要なら少しの手助けで、普通に暮らせる人たちの可能性を少なくともてんかんという理由では狭めて欲しくないと思いました。

これは他の病気も同じことだと思います。
人が人である理由・・・動物とは異なる人でるということ・・・・を考えました。


ちなみにてんかんの年間交通事故数は、脳疾患と心臓疾患の合計の事故数と同じくらいでした。
  てんかんによる年間事故数=脳疾患の年間事故数+心臓疾患の年間事故数


ついでに、年々モラルの低下も感じます。
~交通ルールは弱者保護ですが------そんなことはもはや非常識の主張のように車が人を押しのけて走ったりしています。

こういう時代は、歩行者もそれなりに気を付けている必要がありそうですょ~(>_<)









映画フードインク。衝撃的

映画「フードインク」を見ています。

映画「ありあまるごちそう」に続き非常に衝撃的なものがあります。

肉牛の牛舎は福島原発事故の後よくテレビに移されていましたが、そうしたところでしか私は見たことがありません。

福島近隣の牛舎では、牛の名産地だったこともあり、開放的で清潔な牛舎に牛が並び、酪農家さんが牛たちを家族のように思って育ててきたと話されていました。

事故により訪れた別れの時には皆さん涙をながされていて、テレビで見ているだけの私も悲しくなりました。
動物は生きているので、当然そのような気持ちになるのだと思っていました。

映画の中にでてきた外国の大手企業の飼育する牛の状態はかなり違って見えました。
牛は食事にコーンを食べていましたが、その牛の背中には大人の手のひら大のチューブが刺さっていて、穴が開いていました。

---なんというか、マンションの壁についた通気口のような感じです。
胃なの中は牛の胃の部分で、人が手を入れてかき混ぜていましたっ!

もともと草食の牛がコーンをたくさん食べることで、大腸菌に突然変異が起こるのだそうです。

工業化された農業を拒み有機農法をしてきた人たちもいます。
世の中の関心も高まっているそうです。

大手食品メーカーも有機農法への流れを意識し、有機の生産はしないけど取引を始めたと扱われていました。
確かに海外の大きなメーカーの有機と書かれた製品を日本のスーパーでも見ることができます。

別の面では食の多国籍大企業が国も司法も専門家も取り込んで力を示していること。
日本でも「〇子〇村」の権力が語られていましたが、とても良く似ています。
もちろん映画はアメリカの食の問題を言っています。

私もいち消費者で、主婦ですから、何を食べるのか選択する立場にあります。

現在も産直生協で、より自然に近いものを購入する頻度は上げていますが全部は無理そうです。
安全を追求すれば際限なくお金が必要・・・・まぁ今は納得できるバランスですね♪

それでも最終的には消費者の選択は大きな意味を持つかもしまれません。
考えさせられました。




映画:ありあまるごちそう

人は昔、太陽とともに起き明るい時間に働き、土地を耕し作物を作り動物を飼ってきたのでしょう。
のどかな・・・なんというか「古き良き」というイメージがあります。

今私はドキュメンタリー映画「ありあまるごちそう」を録画したビデオで見ているところです。

古き良き漁業や農業に大企業が参入することにより、どんどん工業化されることで、従来の味や品質がそこなわれていまことや、(農業では)見た目や日持ちの良い交配種の栽培が増えているそうです。

映画の中では豊かな国でたくさんの食品が毎日廃棄されているところが映し出されていましたが「餓死者が10万人も出るのに助けられないのか」という問いかけに対して、「富は貧しい人から搾取することで蓄積される」と述べられ「企業の仕事は慈善事業ではない」とはっきり述べられていました。

実際生産量を見ると、世界中の人々を十分に食べさせる量が取れているということなので、非常に残念な現実がわかります。

農地に大企業が参入し、次々と大規模化、工業化されている中、ある国で従来の方法で農業をしている人たちが紹介されていましたが、(工業化をしてまで)余り稼がなくてもいい生活、人々が手足を使って働く姿にがとても自然ものに見え、楽しそうな様子が印象的でした。

それでも、そこの農家さんたちもいずれは戦えなくなり、大規模化・工業化を受け入れざるを得ないだろうと。
食品の価格の問題だそうです。

-------世界はいったいどこに向かうのでしょう。
-------私たちは日々どんなものを食べているのでしょうか。もはやそれさえ知らないという事ですね。

~切ない話だなぁ・・と思います。


映画はまだ続き、ニワトリの産地ブラジルの話になりました。
ニワトリをたくさん売っているのに、ブラジルの25パーセントの人たちが飢えていると・・・

どんな話なのでしょう、続きを見たいと思いますっっ


★数年ぶりにワウワウに加入したのですが、なかなか良質なものを放送してくれています。
こちらは返却を忘れることもありませんから気が楽です。
(~たぶん数か月でまたやめると思います。リピートが多くなると見たいものが減るから・・・?)





二つのテレビ番組から考えた事

昨未明放送されたNNNの福島のドキュメンタリー。
「お母さん、わたし子供が産めるの」を見ました。

放射能に汚染された土地から出てきた人たちへの支援についての番組でした。
支援のむずかしさを考えさせられました。

チェルノブイリ原発事故のベラルーシやウクライナの人たちもそう。
福島の人たちもそう・・・

人間の力を超えた事故なのだろうか・・・
原発を作り続けてきた事、被害者なのか加害者なのか・・・
仏教とキリスト教の宗教家の方々の言葉を通してそんなことを訴えかけてくる番組でした

もう少し知りたいことがありましたが、深夜とはいえ日本のテレビ番組ですから内容的にはギリギリの放送だったのかもしれません。

住まいや故郷、物質面ですでに多くをを奪われている子どもたちの未来を思う時、本当にせめて健康面では何も奪われないでほしいと願わざるを得ません。

人の資産を吸い上げて肥え太り、苦しむ人の痛みを感じることもわが身を恥じる事もない人たちがノウノウと生きている世の中だとしたら、ささやかな暮らしを望む市民は苦しむのではないか。
こんな世の中がまさか豊かな日本でずっと続いてたのでしょうか・・・・。

昨日は、NHKドキュメンタリードラマ「開拓者たち」の最終回を見ました。
満州開拓民が戦争に巻き込まれ、ほぼ無一文状態で帰国し栃木県の那須で新たな開拓生活を始めた人たちが本当に貧しさの中で、助け合って生活している姿が、当時を生きた人たちのインタビューとドラマで描かれていました。

彼らが日本に帰還する時期に、彼らを助けるどころか蹴散らして満州に見捨てたまま先に逃げてしまった関東軍には「恩給」がてていたのに、満州に残された開拓民は死者を出しながら外国の地をさまよい、捕虜になったり、戦犯にされたり・・・その後帰国できてからも大変なまずしさのまま・・・・。(のちに支援があったとドラマでやっていましたが)

何か肩書や立場が物を言い、一般の人たちはただの数であり命を命と思わず捨てていく精神が、まさか今の日本にもあるとしたら・・・・それは本当に恐ろしい事ですね。

今だってこの状態ですから、これらも人を人と思わない行いが増える可能性もあります。
------大人のしていることを子供は見てまねるのですから。


各自の望む状態か否かは別として、日々確実に時間は進んでいきます。

どうか子供たちの未来に明るく輝くものになりますように。


厳しい冬だぁ

生活していて 収入が減る事は困りごとのひとつでもあります それが大きな金額ならなおさらです・・・・・

今年の冬は いろいろなものが値上げされて ただでさえ支出を減らすのが大変なところに我が家も 給料の大激減のダメージを受けています

子どもの学校(授業料・定期代・修学旅行積み立てなど)や 親への仕送りは 減らす事ができませんから この冬はとても寒い冬になりそうです

今は ギリギリまで食費と医療費を下げて 交遊費やぜいたく品費はゼロにっ 外食もしませんし 光熱費もなるべく節約・節約っ!と 最近は本当に倹約主婦になっているなぁと われながら思います【せざるを得なければするのです 私でも】

主人は早朝から夜遅くまで仕事をしてくれていても 今月から残業代の支給がなくなり ボーナス支給額も目を疑う金額に・・・・・!?

部署がえでスーツの仕事になり 今まで持っていけたお弁当ももてなくなり 出費だけがかさむのに・・・ できたらもとの部署に戻りたいだろうになぁ

もろもろの事情で 給料激減の前に春からの住宅費のかなりの値上がりも決まっていたのに ・・・・
上げ下げで マイナス10万以上の違いがでてしまいましたっ 
      本当にどうしよう(>_<)

「僕がもっとバイトしてあげるょ 修学旅行だって行かなくていいょ」という息子の優しい言葉ですが 高校生に心配をかけたくはないものです・・・・

まだなんとか考えたいし できたら母として私が頑張りたいので「まだいいよ」といってあります

それでも 世の中では もっともっと 厳しい冬を迎えている方もいらっしゃいます
社会保障が立ち行かず 本当に必要としている方にさえ 答えられないのが現実のようで悲しいです

相互リンクの凛さん(http://blog.goo.ne.jp/upright_at_heart)のところなんて 本当に切実・・・・・・・ なんで??と 涙がこぼれそうです
「お互いに頑張ろう」という言葉さえ 頑張りの違いに 唇の中で解けていきそうで 負けないで欲しいなぁという思いだけが胸に苦く広がります

ワーキングプアという言葉さえ登場している今日 どうにもならない問題が山積みなのですね
本当に寒い寒い冬なのだなぁと・・・・・・(ーー;)

冬に負けない熱い希望を胸に せめて今日だけは笑顔で生きようっ!と 毎日毎日思っていますっ


 FC2 Blog Ranking参加中
いつもクリック応援をしてくださり
ありがとうございます\(^o^)/


小花ライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。