Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずぼらになった放射能対策

そういえば、編み物やipadにうつつを抜かしておりますが、最近の放射能対策はどうなっているのか・・・というと----ずぼらになっています。

昨日スーパーで見たらすごくおいしそうだった「国産さつまいもチップス

実は「国産」としか書かれていなかったから「きっと(放射能が)出るのだろう」と予測したのですが、買ってしまいました。

美味しくいただきながら、セシウム値をネット検索
・・・計測された方がデータをだしてくださっていましたっ!!

セシウム12㏃/キロだそうです!
購入・検査日もつい最近のものだそうです。 
一袋換算だと どれくらいでしょうか----?。

~なんて考えながら、一度にたくさん食べるのをやめ、息子に見つからないところに保管しました。
(買ってきた以上この程度の数値で捨てたりはしません。若い息子にはあげません)

これからもいろいろな食品からセシウムが出てくるでしょう・・・・(T_T)

最近は「大人世帯の我が家はある程度しかたがない」という思いに至りました。

もともと神経質なので(本当か!?)、事故後放射能を避ける努力を徹底して1年近くしましたが、心配すればきりがないですし、気持ちもお金も続きません・・・。

「家のものくらいは」と安全策を取ってきましたが、家族のメチャメチャナ外食生活も私のイキをくじきますっ

放射能測定結果を見てパルの購入を増やしていた間、数万円レベルで毎月の出費増!
わが家では、今後電気代や税金が上がったら、結局続けられなくなるレベルです

私のこだわりで夫の給料をいつまでもムザムザ使うのも悪い気がしてきました・・・・
(夫はセシウムを気にしない人)
実際セシウムを避けても、避けても・・・・結局は追い詰められていく感じさえします。

今はスーパーなどもずいぶん親切に販売してくれていることもあり、パルを震災前の量に戻しました。
この2か月間パルを減らしたら生活にかなりの余裕が・・・・!(必然ですが)
セシウムを避けつづける安心感もあれば、一方には食べたいものをいろいろと食べられる楽しさがあります。

※お金のこともシビアな問題ですが、守るべき幼い子供がいないことが方針転換の大きな要因です。

パルだって10ベクレル/キロ以下で検出されても公表はしていないのです。
1キロ当たり10㏃以下容認となれば、スーパーでも(ある種の出やすい食品に気を付ければ)おおよそやれそうです。

栄養豊かで体に良いものを積極的に食べる事で、上手に体内のセシウムにも出て行ってもらいたいものです。
そしてドカンと出るようなものを避ける事。
今後、対策がさらに広がりより安全側になってほしいものです。

時々セシウムの検査結果をチェックしながら、ほどほどに気をつけつつ、多分(ずうずうしく)生き延びます!
だめならその時はまたっ!!





スポンサーサイト

結論の出ない問題(放射能など)

福島はや原発、放射能の事・・私にとっては、最近書いても公開できずに削除を続けてきた問題なのです。
複雑な問題で、みなさんそれぞれ考えていて、いろいろな意見もおありでしょう。

わが家は大人世帯とはいえ、私は時々心が揺れたり、いろんなことが恐くなったりします。
現状(居住地の)空間線量は下がっているようだし、多く食べるものに注意しながらやっています。

気にしすぎて(※幼子はいない)ストレスフル状態になるのももういやだし、気にしなくてたくさん被曝するのも恐い。
なんだかすごく複雑な気持ちを引きずりながら時間だけが過ぎていき「なんとかやっていくしかない」状態です。


今日書きたかったのは、時々ニュースやドキュメント番組でも取り上げられる、まだまだ続く汚染の事、食品に含まれるセシウムのことなどを書いた場合の反応です。
(最初に書きますが最後まで読んでも結論はありません。ごめんなさい)

最近、食品の安全性を検証し続けているいくつかのネットメディア(有名どころ)での炎上?状態を目にしました

立場が違えば守りたいものも変わってくるし、異なる意見に強く反応したくなるのかもしれません・・・
反対意見を述べるにとどまらず、なんだか活動を邪魔している風にも感じられる場面も・・・微妙な空気感です。

人が生きていくうえで「より安全」を求めることは「(事故前から)してもよい事」ですが、コト放射能汚染で「より安全」を求めることが、ある地域・職種等を排他的に扱う事ととらえる感があるのかもしれません。(多分アノ事故前にはなかったことなので)

意見述べることそのものが間違っているわけではないし、自分(またはある種の集団?)が検証したことを発表する事も間違ったことではありません。

情報を知りたい方が見て安心したり気を付けたり(それぞれ個人的に)しているのですからかなり意味があります

個々人がもし被曝に関しての基準を持っているなら、その結果を見て購買の参考にすることもありえるかもしれません。

~私もパルシステム(生協)でセシウム合計10㏃/㎏以下とわかっている食品を購入しています(スーパーでも買い物します。)し、やはり各測定値は参考にしています。

食品の汚染度を調べている方々が、仮にご自身やご家族・ご友人には食べるようには勧めないかもしれない食品がもしあっても、食べる方を特に非難する事まではしていないようです。

あくまでも自由な立場で化学的にでた数値を見るということ
・・・ある方は(個人の)安全を求めたくて見るだろうし、気にしない方は見ないでいることもできる選択可能なメディアですし。


前に神奈川県に住んでいる私が原発事故・汚染を「恐い」と感じて書いたことを、福島の方に対する配慮が足りないと意見されたことがあります。
~福島にいることは私が想像できないくらい恐いのだと・・・・。そうかもしれません。

恐怖は感じるものなので、私も恐いと感じたので(実際神奈川でしたが恐怖症)書いたのですが・・・・
神奈川県で放射能が恐いと書くことすら間違っていたのでしょうか・・・・


もしこれが暑さと熱中症の事だとしたら-----
「今日の関東は暑いので熱中症に注意を」と言われているような猛暑日、神奈川で「暑い・暑い。熱中症に気をつけなきゃ」というと、日本一暑いといわれる熊谷の方に配慮していないことになるのでしょうか・・・・

当たり前ですがそんなことはないでしょう。(そんなこと考える人さえいないでしょう~)

暑い日に健康を守るためにスポーツドリンクを飲んだり、水浴びしたり、暑い時間の激しい屋外行動を控えたり、エアコンを使ったりすることは(他の地域の方へ配慮して)神奈川では不要という事は絶対にないのです。
NHKでさえ節電の夏でも「エアコンを適切に使う事も求められる」的なことを言っていました。

----熊谷の方も暑いでしょうが、神奈川も暑いのです
お互い熱中症に気を付けましょう~


----福島の方の恐怖はいかばかりか・・・・それでも神奈川の私も恐いのですという事なのですが・・・・。


そういう意味では、原発・放射能・汚染関連の話は激しい反応が起きやすいテーマなのかもしれません。



思い返せばあの震災直後、日本中のみんなが被災地の方々を心配していました。

だふん今炎上しているメディアのどちらの立場の方々も、その時同じ気持ちだったでしょう・・・
その後、汚染状況がわかってくると(さらに各種情報不安もあり)「守る」とか「守り方」に違いが出てきたのでしょうか

-----色んな意味で、この問題は難しく、感情に響く問題なのかもしれません。
既に口に出して気軽に話せない風潮ができているほどデリケートな問題なのです。

ある地域を大切に思いつつも、家族の(小さな子供なら特に)を守りたい場合・・・・どうしたらいいのでしょう?
個人や家族の問題と割り切ってしまわないと、切ない気持ちで結論さえ出せません。

しかも家族を守りきるための情報は十分とは感じられないので、探し、測るというのがこれまでの自然な流れだったのかもしれません・・・・。


私の基準(私と家庭だけの基準)は、上に書いたようにたくさん食べるものに特に注意をし、計測している生協でも買い物をするなどして(0ベクレルにはできなくても)全体のセシウム量を下げようとしています。
---言い換えれば食べない食品(ドカンと数値の出るもの)もあるという事です。
(計測されている食品で納得できれば地域では選ばない前提で)


ある方はなんでも食べるといい、ある方は少しでも放射能があるとイヤという。
この点家族構成や立場によって考えが違ってくるのは当たり前です。

金子みすゞさんの詩のように「みんな違ってみんないい」と、それぞれの基準や行動を尊重することも大切でしょう。

経験したことのない事態で、まだ1年ちょっとしかたっていませんから、専門家以外の殆どの方はこの問題の初心者なのかもしれませんし。

一方で、ある地域を大切に思う気持ちをどうしたらよいかも課題---思う気持ちは、きっとみんなから消えたわけじゃないと思うから・・・・・

結局は(居住者も生産者も他地域の消費者も)個人レベルで解決できる範囲を超えているでしょう、何を考えても個人的な結論さえ難しいのですから。
(※支援が内部被曝となるとかなり気が引ける面があります)

----決められるのは個人や家族、あるいは特定の集団(施設・企業など)の基準だけ・・・・。


本当にあれさえ起きなければ…という事になってしまいます。
変えられない過去に、今は時代は本当に残酷で難しい問題を突き付けられているんだなぁ~という事だけは理解できます。


弱いオツムで難しい問題を考えてしまい、私は頭が疲れてきました(-_-;)フウ
久しぶりにこの話題の長いブログですみませんm(__)m







ETV「ネットワークで作る放射能汚染地図6」を見ました

福島原発事故で放出された放射性物質がいろいろなところにたまっているようですが、今回のETVでは川の汚染について取り上げていました。

川の水から放射性物質が検出されなくても(セシウム合計の検出限界1~3㏃程度)、川底のドロにたまっているそうで、自然に県境は関係がないので、宮城県や新潟県側にも流れいると。

ため池のドロには、1キロあたり何十万ベクレルというセシウムが含まれていて、周辺の空間線量も上げてしまっているそうです。

あの事故から1年たっていますが、酷い現状はなかなか改善されないまま・・・・

それでも、諦めずに周囲に住んでいる方々もいて、真剣に現実に向き合いながら生活しておられる姿にいろいろなことを考えさせられました。

放出された放射能が、どこに行き、ホットスポットをつくるか・・・
それは本当に風雨の流れによって、偶然作られるものなのかもしれません。
その日、その時、そこに雨が降ったとか、どっち向きに風が吹いていたとか----
水がどこに流れていくかとか

川の水にセシウムが含まれなくても、川底のものを食べる魚が汚染されたり、古くから里山の恵みで美味しいお米などの作物が取れるはずなのに、今はセシウムも流れてきて汚染されたり・・・・

放射能がたくさん放出されてしまうような過酷な事故が起こると、後々まで大変なことになる


私の住んでいる所(神奈川)も、あの事故で放射能が確実に降りました。
事故後の水道水からヨウ素が67ベクレル検出されましたし、土壌検査でもセシウムが検出されています。

(神奈川県がずっと測っている横須賀と保土ヶ谷の土壌で、事故前はセシウム137のみ、キロあたり1.4~4.7ベクレルが、事故後はセシウム134と137の合計でキロ当たり230~300ベクレル程度に)

神奈川県の検査結果はコチラ

どこでどうやって生きるかというのは本当に難しい問題です
放射能汚染についてもそうですし、他のリスクもあります。

巨大地震だって怖いし、万一次の何らかの過酷な事故が起こるなら、それもこわいです。

いつ何が起こるかを正確に予告することは、人間にはできない事でしょうし、「巨大地震30年以内に70%」と知らされていても、個人レベルで行える事には限りがあるわけです-----。

日々生きる中で、偶然悪い事に合わないように願うだけなのかもしれません。
・・・・たまたま居合わせた所で事故や事件に巻き込まれないように。

放射能も、そこらじゅうにあるのに、避けようと願えば願う程、気持ちが何か追い詰められていくように感じますし、一方、気にしないとしても私の不安がゼロになることもありません。

でも首都圏レベルでも、私にはコレが現実ということなので、福島や近隣の方々の苦しみは計り知れません-----
そして、どうしていいかもわからない放射能汚染のこと。

気分転換に・・・現実逃避に・・・・かぎ針で入れ物を編んでいます。
買ってきた麻糸2玉を編み切ったのですが、チョット糸が足りませんでした(>_<)
百均だからもともと糸が少ないのか、2個では足りなかったのかはわかりません。
そもそもレシピはなく、適当に大きさを見ながら編んでいるからです。

ちゃんとできるかもマダわかりません・・・

現実に負けないで生きていく強さが欲しいデスっっ




味噌汁は続かないけど塩麹は続いている

放射能対策にとお味噌汁に凝りましたが、もともとあまり好きではないので、この所作る頻度がかなり減っているような・・・・(-_-;)

味噌は好きなので炒め物に使ったりして消費していますが・・・・味噌汁頻度が下がると味噌の消費量も下がります。

手作り味噌を5キロ仕込んであるのに・・・・(-_-;)

それでも(放射能対策だけではありませんが)、塩麹は結構続いていて、2回目に作ったものを使っています
(1回、1.8ℓくらい作ります)

~次に作るときには、玄米塩麹にしてみようと考えています。
※出所のわかる米麹は少し高いですが…こればかりは仕方ありません。暫くはもちますから。


塩麹の味付けは、材料やお量によっていろいろできます。

塩麹+みりん+醤油少し
塩麹+ケチャップ+酢
塩麹+オイスターソース+醤油少し
塩麹+コショウ+醤油

↑これらは我が家の定番ですっ
オイスターソースの炒め物は最高においしいです。
タケノコ細切りを入れた中華風で作ります。


塩麹漬物の場合は・・・・

塩麹に野菜をつけるのもおいしいのですが、我が家の塩麹はしょっぱいのか、そのままつける時は時間を短くしないと塩辛くなります。※夕飯用にとお昼に漬けると辛いですっ

塩麹を水で薄めて漬けると時間的にもちょうど良い感じがします。
※どちらも冷蔵庫で。

大根やニンジンを適当に切って入れておけばお漬物に!

まだ試していませんが塩麹とヨーグルトとのコラボ、または塩麹と酢のコラボでお漬物を作ったらどうだろう・・・と考えてはいるものの、まだキュウリも高いし・・・試せていません。

私の料理はいつもありあわせと思いつきで、目分量。
メニューを決めて買い物に行くことも少ないので、生協で届く食材、お友達の畑から届く食材、スーパーで見つけたお買い得食材など、あるものの中からメニューを決めています。

いくつかの野菜と肉・魚・豆などの蛋白源を準備してバランスをとります。

放射能対策で「食品の安全」に厳密にこだわると食費はすごく高くなりますし、万一にも後で何かしらの病気が出ると(たぶんそれも)高くつきますから、こちらもバランスが必要なのかも・・悩ましいところです。

大人世帯なので、この所はセシウムの数値がドカンと出るもの、たくさん食べるものを重点的に注意しています。
ある程度の外食や中食は許容と、以前よりはかなり柔軟にしています。

放射能は、本来なら食べたくないので、複雑な気持ちもあるのですが、毎日の生活と将来へのリスクの中で、できることはそれぞれ違うし、キチキチした生活もかなり疲れます。

今はできる範囲でできることをして納得します。(年ですし)
そもそも息子は大人になっているので、外食も多くあまり守ることもできません(-_-;)

それにしても、体にいい食生活・免疫を上げる食生活というのは、当然ながらバランスのとれた食生活です。
栄養のバランス、多品目摂取、必要カロリーでとどめる事など・・・・そして睡眠と運動と。

パスタばっかり食べて夜中にブログを書いているようじゃぁマズイですね~
最近トホホな私です(+_+)





放射能時々曇り

あの事故から、放射性物質は身近なものとなってしまい生活は少し変わったものになりました。

神奈川県の私の住んでいる所で空間線量をエアーカウンターで測ると、0.05未満~0.08マイクロシーベルト/時という数値がでます。

・・・・事故前よりは少し高いかもしれませんが(?)、事故後の高かったころよりかなり下がっているという印象を持ちます。

食品についても基準値が下がったことで水道水などかなり厳しい数値で出されたり(水の2㏃/㎏以下の検査)、市民による測定によって知りたかった加工品の汚染が明らかになってきたり・・・・

私はパルシステムを利用しているので検査したものを購入することもできます。(パルの場合は10㏃/㎏以上にならないと数字公表はないですが)、企業・市民・・・多くの方々の努力によって、以前よりも選びやすくなっているとは思います。

それでも身の回りから放射性物質がなくなっているわけではない現実を考えると時々心が曇ります。

2011年までは、生きていても少しも深刻に考える事のなかった問題。
放射能と災害と、その後の社会と人々と・・・・・

マニュアル社会になって久しいこの日本で、正解がわからない問題を抱えたまま生きていくことの難しさ。
和を重んじる風潮の中で個を尊重することのむずかしさ。

今は多くの人が、かなりの重荷を抱えながら生きています。
たぶんもうそれだけで大変なことだと思います。

その中で実現可能なたくさんの選択肢を持つご家族と、そうでないご家族がそれぞれたくさん存在するのです。

それぞれに事情があることを考えると、これから自分がどう生きるのかを本当に考えさせられます-----
正解はないのに・・・

今私がしていることが、将来のある人々を困らせないのか・・・・
逆に、将来の家族を悩ませたりしないためにはどうしたらよいのか・・・・

そんなことのはざまに立つと(主婦なりの事しかできないのに、それでも)足がすくみます。


気晴らしになるのでのめり込んできた編み物が手指のシビレでできなくなったここ数日、やっぱり頭の中は暇なんだなぁ~心は少し曇りますっ




蛇口浄水器タカギ、新カートリッジ!

今日は水の話です。

わが家についている浄水器は、相変わらず蛇口浄水器tqkqgi(みず工房)です。
放射性物質の心配もあり、時々逆浸透膜浄水をスーパーで買ってきたりして、検討しながら(蛇口交換が面倒で)まだこのままでした。

そんななか放射性物質の基準がかわり、水の場合1キロ当たり10ベクレルが基準になりました。

~現在神奈川県の水道水からは1キロ当たり2ベクレル以下です。
(検出限界がセシウム134と137それぞれ0.7~0.9ベクレル/㎏で検査され不検出になっています)

 ↓神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300707/

この検査結果を見て、私はもう心配していません♪

で、高性能の浄水器購入はやめておくことにしましたが、今使っているタカギのフィルターは3か月利用で4500円くらい。----- 9物質除去とあまり高い性能とは思えないのに、三菱(クリンスイ)や東レ(トレビーノ)と比べてもかなり割高!!

・・・・それに、そこら辺で気軽にフィルターを購入することもできず、定期購入のみという特殊さ。当然特売もなし。(5年だか10年だかで蛇口を交換してくれるとか、壊れたときの保証なんかがついていたように思います)


少し前に「タカギからの大切なお知らせ」というお手紙が来ると知らされました。
(この時はカートリッジが新しくなるという事だけはわかっていましたが値段などちっともわからない不親切さ)

※このメーカーはホームページでの情報開示に消極的な姿勢なのか、フィルターの値段などもホームページではよくわからないのです!


で、結局どれくらい違うのか・・・・やめ時なのか、続け時なのか・・・・気になりながらお知らせを待っていました。


昨日やっとわが家にも「タカギからの大切なおしらせ」が届きました。

フィルターが新しくなるということで、今までの9物質除去から12物質除去へ
さらに、値段が3700円(税込3885円)になるそうです!
今までより安い(^o^)丿

すごい企業努力だと思います。
(というか性能を考えたら・・・やっと適正価格なのではないかと思いますが。)


それに三か月(2~4か月で選べる)に一回送ってくれるのではなく、1年分まとめて送ってくれて、さらに割引などのサービスとか(他社ではまとめ買いだとお得に売っている)、蛇口無料交換をキャンセルして定期購入費が下がるとか・・・あってもいいのでは?と思います。

まぁ蛇口が壊れたら別のものに変えられてしまうかもしれないから、それはメーカーとしてもできないのかなぁ~。


それでも蛇口一体型の浄水器のメリットとしては、キッチンのスマートさと使いやすさがあります。

単体の蛇口に別の浄水器をつけるとホースがついたり、機械を設置したりします。
蛇口一体型だと、それがないのでとてもいい感じにスッキリしています。

シャワーや浄水の切り替えもスムーズでとても使いやすいです。
-----それだけに(性能の割に)コストの高いカートリッジ代は不満でした!!
今回の新しい価格設定は大歓迎で、これなら納得して続けたいと思いました。

水の味はもとの水道の味も関係するのかは不明ですが、わが家のみず工房の水は美味デスっ


今後水道水からセシウムがたくさん検出されることがあれば、その時はまた対応を考えますが、今の所十分だなぁ~と思っています。(わが家は大人世帯)

タカギさんとはまだまだお付き合いが続くので、頑張ってほしいと思います♪



ついでに以前クリンスイのポットタイプはかなり検討しました。
手軽だしクリンスイは美味しいし♪
だけど---問題は冷蔵庫の小ささ。
スペース的に無理かも・・・・と断念しました。

冷蔵庫の小ささは日々感じてるのですが購入となるとかなりの出費になります。
古い物なので電力も気になりますが、やはり大きな出費はイヤなので使える限り使います!!
いつか息子が独立し家を出るころに冷蔵庫が壊れたら、やっぱり小さいのを買うのかなぁ~なんか面白い^m^





パルシステムの自主検査は安心だった♪

食品中の放射能が気になったり・ウンザリしたりしながら毎日いきています。
今日はパルシステムの検出限界について書きます。

先週のパルシステム注文の時に気が付いたのですが・・・・
毎週注文用のカタログと一緒に入ってくる「カタログ掲載商品の放射能情報」にこんな説明がありました。

「◎検出限界について…パルシステムでは、数多くの商品を検査するため、検出限界はセシウム134,137それぞれ10㏃/㎏、指標数が10㏃/㎏の商品群についてはセシウム134,137合計で10㏃/㎏で測定しています。」

↑この説明だと検出限界はセシウムの合計20㏃/㎏になってしまうのでは?と疑問になりました。
さっそくパルシステムに電話をして聞いてみると、折り返し詳しい方からお電話がいただけることに!


お電話での説明は-----
10㏃/㎏を保障するためには、例えば134が3㏃で、137が7㏃という事もあるという意味らしいです。・・・う~ん理解が今一つですみません。

検査そのものはセシウム合計10以上を公表するために検出限界を3~4㏃に設定して検査をしているそうです。

それにしてもすごいなぁ~ やっぱりパルシステムでよかったなぁと感じたのでした。
これで日本の食にも少し貢献しつつ、安心して購入できます。

※もちろんパルだけが良いわけではなく、測定しながら販売しているミニスーパーのチャンプールさん(相模原市)をはじめ、近くのお店でもきめ細かい対応がなされている所も増えてきました。

それにしても、放射能対策を続けていくにはパワーが必要ですね。正直疲れます。
安全については頭の片隅でちゃんと気にしつつ、おいしく楽しく食べたいものです。


ちなみに今日はスープカレーを作りました♪
毎週見ているあのカレーのドラマを見ると必ず食べたくなるのです。

ホームベーカリーでパン生地を作っていて、平たいパンも焼きます!!
ロールパンのリベンジはまだですが、それはまた今度










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。