Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻糸のバッグ出来上がり。

編みかけて、放置していた麻糸のバッグをやっと編みあげました。

コレです。
麻糸のバッグ出来上がり

よく見ると、細編みと模様編みでは細編みの方が少し幅広っっ(同じ目数なのに)
さらに、取っ手が真ん中にない・・・・(アレレ???)

みればわかるのに、どうしても直す気になれば「まあいいや。」という事で仕上げにしてしまいました。

取っ手部分は指定の42目では私の手に小さかったので50目に増やして編み直しました。
取っ手は裏側に縫い付けてあります。

帽子はサイズの問題で難しい・・けど、バッグなら・・・と思ったのですが、編まない時間が続くと(そもそも不器用な)手の感覚がさらに鈍くなりなってしまいます(-_-;)

さらに今回は、やる気が出ないという内的な原因も影響して(?)トホホなデキになってしまいました。

それでも懲りずに手持ちの糸で新たなものを編みはじめています(←仕上げないかもっっ)

次は縫い物にチャレンジしようと、購入した布の地直しを終え、必要な小物の調達も終わりました(たぶん)
暑い夏に着たいので~

都合で週末までミシンを出せないのが残念ですが、来週にはババーンとミシン&アイロンを広げて縫い始めたいですっっ

さて、できるでしょうか?



スポンサーサイト

出来上がらない麻のバッグ

グリーン麻糸でミニバッグを編んでいますが、なかなか出来上がりません・・・(^_^;)

編んでいないわけではなく、すでに本体と、取っ手を一つ編みました。
残りは、もう一つの取っ手だけ。
・・・・それもたった 42目×5段の細スジ編み

これまでなら「もう編みあがるぞ~」という嬉しさで一気にあんでいたかもしれません。

それが、イザ最後の取っ手を編みはじめたものの、一段目を少し編んで挫折です。

いまココまで編みました。本体だけ糸の始末をしました。
麻糸のバッグ途中


先日も図書館で編み物の本を眺めながら、結局自分の好みで欲しているものかと自問自答し、初心者の私の技量で編める者の中に、これいい!と思う欲しい物を見つけることが難しくなりました。

だけど、大量のサマーヤーンを買ってしまった手前、全く編まないのは夫に悪いし・・・とバッグを編んでみたのですが・・・。

もはや私の中で編み物のブームが去ってしまったかのようです
※というか細い夏糸はを編むのは不器用な私には難易度が高くて、ちっとも楽しくありませんでした(T_T)
大量に買ってしまったので、いつか二本どりで何かを編むか・・・誰かにあげるか・・・???


私が今欲しいものは、「バッグインバッグ」(カバンに入れるポーチのようなもの)なのです。

もしこれをかぎ針編みで作るとしたら----
年代に合わせてつくると、簡単な模様編み(それも直線)
幾つかのパーツを合わせ、ファスナーかボタンで留めるとか?。なんか我ながらいいアイディア~

なんて考えていたら「わざわざかぎ針で作る必要があるか!?」という心の声が!

もともとリハビリのつもりで取り組んだかぎ針編み。
編まなくなれば手はますます動かなくなる現実はありますがあまり困りもしないし、かぎ針に熱中することで地震や原発の恐怖による心の危機から救われたのも事実。

今は当時のような恐怖感を感じなくなったので、かぎ針に熱中する必要がなくなったのかな??

いえいえ、私は昔から飽きっぽかったので、実は今回もそんなことです。

また、冷たい秋の風を感じたら あたたかい毛糸に触れたくなるかもっっ



編みかけのバッグは散歩で使いたいので、近く仕上げますが、次はいよいよ布との格闘をはじめます。
私は一つの事に短時間しか熱中しないので、多分次もあきるまで布(ホームソーイング)です。

昨年買って、結局縫わなかったスカートの生地(2着分)に加えて、昨年購入したチュニック・ワンピ用のパターンに合わせた生地(もちろん特売!)も注文してしまったっっ。

こちらは(チャントできれば)買うよりも安く済み、かなり実用的です。
~余り布で多分バックインバッグも作れそう ----まあ確実に量的には・・。

問題は、私にできるかどうか
洋裁をしっかりやってきた母に電話して、できなかったら教えてねとお願いしました。

※昔から自分で仕上げたものは殆どなくて、まともに出来たものは家ではくスカートだけ・・・
母には期待しています m(__)m

今回は先行投資分(特売布4着分---数千円)もあるので、しっかり頑張りたいところです。
※布は被服費、毛糸は趣味費ということなのでっっ

梅雨はどうしたの?というほど夏みたいな暑さです。
皆様もお体に気を付けてくださいね~





麻糸のバッグを編みはじめています

5月に入り花粉症が収まってくると、洗濯物は外干し解禁!
日々の洗濯に加え、衣替え用に溜めておいた冬物衣類も大量に洗っています。

私はスーツもコートも・・・大抵のものは自宅で洗うのでこの時期洗濯物が大量です。
そしてアイロンも・・・・・(T_T)

なので、編み物もなかなか進みません・・・

数日前、やっと編みたい作品を見つけたので、「麻糸のフラットバック」を編みはじめました。

マダここまで。下はテキスト
麻のフラットバッグテキスト写真


テキストによると糸は「ダルマ手編糸、やわらか麻、かぎ針5号」となっています。

私は手持ちの特売糸(麻100%・針5号)で、色もありあわせ。
ガーリーな雰囲気ではなくなるだろう---と期待しています。

帽子と違ってサイズが多少違ってもいいし気楽さもgoodですっ。(今回は大丈夫そうだけど)

バッグの底部分から細編みでスタート(鎖を輪にして編み、底部分を後で縫うらしい)
途中から模様編みになります。

編み図はコレ↓
麻のフラットバッグテキスト編み図

細編みと長編みだけっ!
----私にもできそう・・・しかも5号なら糸も細すぎず私でも編めそうです。

それでも、私の超不器用な指は、以前編み物で「リハビリできた~」と喜んでいたのもつかの間、編まなくなるな動かない指に逆戻り

編みはじめは指の動きが悪くて、最初の細編みにかなり苦労しました・・・・

今回やっと(色を変えることで)編みたいものに出会えましたが・・・
作品選びがかなり難しいです。

初心者なので技量はない
すでにオバさんだから可愛すぎる作品はちょっと・・・。
まだプレゼントできる程きれいに編めない ~悩ましいですっ

※ミセス向けの作品は難しすぎて(それに糸が細いことも多い気がして)編めないという事デスっ。残念ながら現実。

それでも、家事の合間にちょこちょこ編めるのが かぎ針編みの良いところ!
編んでいる時間はとっても楽しいので今日も頑張ろう!と、テラスの大量な洗濯物を見ながら思うのでした(^^)/








ペットボトルカバーを編みました

この所、いろいろ編みはじめては挫折しておりました(-_-;)
帽子のサイズが合わないとか、編み方がわからない(編み図が読み解けない)など、ちっとも進んでおりませんでした。

で、こういう時は簡単な編み方の小物をっっ!!と、ペットボトルのカバーを編んでみました。

小さいし、編み方も単純なものを選んだのでサクサクとすぐに出来上がりました(^_^;)ホっ!!

ペットポトルカバー

また、昨日横浜市の公園に散歩に行ったのですが、もう桜が咲いていましたよ
満開にはもう少し・・・という感じで、一部こんな感じです。

き

濃いピンクの木も桜なのかな?犬もなんとか納まった一枚。
犬

※私はいつも写真をiPhoneでとっているのですが、上の写真からもお分かりのように、写真がとっても苦手です。
幼いころのこどもを撮れば、地面しか映っていない・・・とか、全部がスピード感たっぷりに流れていて、何がうつっているかわからない写真とか・・・そんなものばかりが私の作品です。

水に入ってバシャバシャしている犬を撮ろうとしたら・・・・
いなくなる犬

・・・・・もはや犬がいなくなっています・・・(+_+)

ということで、写真のデキは相変わらず悪いですが・・・ご了承くださいませ


桜も咲き、あたたかくなっていますが、また寒くなる日もあるとか
例年以上に健康のためのケアが必要かもしれませんね~






こまあみの帽子のできあがり

時間のかかった「こまあみのブルトン(レシピ名)」が編みできあがりました。

前回書いた「これで順調に・・」という思いと裏腹に、編みすすめたら小さかったっっ!!

途中までほどいて編み直すと大きかったっっ!!

っと、何度も迷走しながら-----頭頂部分の増し目を一段増やして目数を増やしサイドを編むことでサイズはぴったりになりました。

プリム部分の増し目では、すでに目数が違っていたので、編み図を参考にしつつ、ややテキトーに(^_^;)

気の長い私でも(?!)さすがにイヤになりながらも、なんとか編み終えたのがコレです。

細編みピンクの帽子完成

見ての通り、時間をかけた割にはこの程度のデキ・・・
しかも おばさんにはちょっとキツイ色・・・
まぁ、毛糸も「ガーリーガーリー」という名前でしたし・・・

少しでも上手になりたければ編むしかないとはいえ、なんでもいいから編むのではなく、もう少し実用的なものを編みたいなぁ~と感じました。

根本的な問題はこの年で初心者なことでしょう。
・・・・簡単なレシピに年齢がそぐわない現実をヒシヒシ感じています

それでもめげないのがオバサン初心者の私です。
すでに春夏の特売糸も注文し、何かしら編んでみようという気持ちです

リハピリ目的の編み物もすっかり生活の一部となり、いい気分転換になっていますっ♪♪



またまた帽子を編んでいます

テレビでアシェットの「棒針編み」のCMを見ました♪

ちょうど一年くらい前に「かぎ針編み」のシリーズが始まったのをきっかけに、私もかぎ針編みをはじめました。

不器用な上に全く経験もなくて、私のシジュウの手習いはそう簡単にモノになりません(-_-;)
それでも編んでこそ、先に進める(チョットはきれいに編める!?)のですから!と編んでいます。

編み物の本を見に行くたびに、子供が小さい時に編めていたらよかったのになぁ~♪なんて思います。
もはや成人した息子からは「僕のは編まないでね!」と最初から言われる始末。
デキの良しあしもわからない子供時代に、何かしら着せてみたかったなぁ

ちなみに、我が家の犬にも編んでみましたが-----コチラも激しく拒絶されました

さてせっせと編んでいる自分のものですが----
この所 「帽子」ばっかり編んでいます。

だんだん春めいてきて、毛糸の帽子の出番が減りつつあるのに・・・・。

今回は、図書館で借りてきた本「パピー発 手編みの小物たち」という本の「こまあみのプルトン」というレシピを見て編んでいます。

※ブルトンがどういう意味かわからない私です(^_^;)

レシピには、毛糸はクインアニー(並太タイプ)、かぎ針6と5号と書かれています。
細編みの輪編みでトップ(頭頂部分)からぐるぐると編んで、ブリム(ツバ)まで編んでいく編み方です。

今回も指定糸ではなく、手持ちの糸で編んでいます。
前にベレー帽で挫折して毛糸玉にしてあった、ウィスター ガーリーガーリーです。

今ここまで編んだのですが・・・・
ピンクの帽子

ここまで編むのに、頭のサイズに合わなくて何度も編み直していました(^_^;)
こういう微妙なサイズ合わせは私にはかなり難しい・・・・・指定の毛糸でもないし(←いいわけ)・・・

何度も編み直している間に、輪編みの帽子なら「目数よりも大きさで合わせてもいいのかなぁ」とおもったりして、「もう これで最後!」という気持ちで編みはじめた今回ですが、レシピ通りの編み方でイイ感じのサイズになっています(^o^)丿 (ホッ)

時間を見つけて続きも編んでみたいと思っています。

本の「出来上がり写真」
ブルトンの写真



ボーダーのキャップを編みました。

座っていられる体調(ギックリ腰後)だったので、今日はどうしても編み物がしたかったのです!!
家事を積極的にサボってひたすら編みました。

前回に続いて帽子です。
毛糸と本は前の帽子の時と一緒に買っておいたものです。

今回は「ボーダーのキャップ」と名前がついています。
使う毛糸も本の指定通りのものを使います。
※ウィスター洗えるメリノ100並太2個
※ウィスターシャギーファー16g


メリノは普通の毛糸ですが、シャギーファーというのは、縫い糸のような糸にボワボワしたケバがビラビラくっついている糸です。

↓編み図を見ると、オデコの部分からの編みはじめだし、模様が単純そうなのでコレを編むことにしました。
~それに一度はボワボワの毛糸もやってみたかったのです。

ボーダーのキャップ本

最初の二段は普通の毛糸なので難なく編めましたが、ボワボワのシャギーの方は間違えたら解くのが大変だったり、糸玉から手元に糸が来る間にモジャモジャになってしまったり・・・(-_-;)
不器用なのでかなり手間取ってしまいました

↓これが編みはじめです
ボーダーのキャップ編みはじめ

シャギー部分を何度も編み直しながらも、編んでいるうちにボワボワの糸にも慣れてきました(ホッ)
休み休み編んで、頭頂部分まで編み、オデコ周りの縁編み、糸の始末をして出来上がりました。

これが編みあがりです。
ボーダーのキャップ編み上がり

ボワボワの糸の編み方がおかしいのか、出来上がりはみすぼらしい!??感じがします
それでも かぶるとふんわりしていていい感じです。
※犬の散歩ようですから私としては良しとします

それにしてもいくら編んでも「デキ」の良いものがなかなかできませんが、自分の不器用ぶりを考えるとこんなもんなのかもしれませんね(^_^;)

まぁ、編んでいる間は十分楽しめたので満足ではありますが----


さて、次は何を編もうかなぁ~と考えています。
編み物って本当に楽しいものだと感じています





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。