Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震度7を体験(防災センター)

地震が恐いなぁ~と日頃から思っているので、いろいろと知りたいことがありました。
とくに地元神奈川の地震について知りたいことがいっぱい!

息子が小学生のころ家族で行った「神奈川県総合防災センター」を再び尋ねてみました。
防災センター

展示コーナーもまた見たいし、できれば地震体験もしてみたい。
(以前は子供だけが体験)

平日だったので見学に来ていた小学生たちが帰ると、館内はガラガラに。

随所の展示コーナーでは、神奈川県の主な地震・津波想定や、過去の地震についての新聞など、地震や津波、防災について知ることができました。


案内の方にお願いして地震体験と、強風体験もさせてもらいました。
◆強風体験
手すりにつかまりながら、風速がどんどん上がっていく部屋で頑張って立ってみるという事。
体験が私一人だったので、風速20mでリタイヤ(-_-;)
絶え間なくふく風に息がくるしいのです!

あっさりリタイヤした弱虫な私に、案内の女性が「本当の風は足元がすくいあげるように吹くので、もっと強い風に感じる」と。

私が今までこんなに強い風を経験したことがないのは、いつも警報が出るような日には外に行かずに済んでいるからなのですが、外に行く人たちは大変なことですね。


◆地震体験
地震体験1    地震体験2

上の写真の部屋が揺れる部屋です。

体験した地震は、「阪神淡路大震災の揺れの再現」だそうで、震度7まで経験できました。

震度2~3で防災行動(火を消す、戸を開ける等)をして、その後は防災ずきんを被りテーブル下にと言われました。
震度計を見ていると、震度4、5、6、と上がっていきます。

震度5は、東日本大震災の時に私が神奈川で経験した揺れですが、地震体験の部屋よりもやっぱり本物の方がはるかに恐かったです。
※恐怖のせいか、マンションだから、揺れが長かったせいか、震災の時の方が大きい揺れという体感です!

それでも、震度7はさすがにすごい揺れでした(+_+)何も考えることができなかったです。
徐々に震度計が、6、5、4と下がっていくときには「もう揺れは止まっているのでは?」と思う程でしたから。

この地震体験の部屋では、家具類はすべて固定され落下の心配も、当然ながら倒壊の心配もないので、揺れが収まるのを安心して待っていればいいのですが、本当の地震だと当然こうはいかないでしょう。



阪神の地震は明け方の事-----。
以前、幾つかの体験談を見たのですが「何もできなかった」という声が印象的でした。

自分だったらどうだろう?家族はどうだろう?

今回の地震体験で、大きな揺れで「自分は何もできない」ということが理解できました。
それなら、揺れる前に自分の家の動きそうなもの(家具や電化製品など)が何で、どうするかを考えなくてはいけませんね。

地震を心配していても、だれも止める事なんてできません。
念のため地域の想定震度や被害予測を知っておくのは有益だと思います。
(都道府県、市町村などが公開しているみたい)

自分の家の地震被害予測、大火災危険度、液状化の危険など----知ってどうするか考えておくということなのでしょう。


さて、防災センター館内のいろいろな場所に災害時の新聞や(所によっては)本なども展示されていましたが、紙面には甚大な被害状況と、救助に当たるたくさんの消防士さんや救急車の方、警察の方が・・・・。

-----報道写真を見ながら、被害のすさまじさに声を失いながらも、(救助にあたる方々をみて)なんだかすごく心強く感じました。


個人で減災に努めながら、万一震災にあったら皆で助け合って、頑張って生き延びること!
これが私の目標です。


それでも   
本当に本当に 地震はもうコリゴリなのですが------。







スポンサーサイト

やっぱり地震は恐いから

世界中で日々地震が起きています。
中には大きなものもあるので、やっぱり地震って恐い
防災・減災といっても、地震はいつ起きるかわからない・・・・。
トンネルが崩れたような「今まで安全と思っていたもの」がすごく危なかったりすることだってあるかも・・・。

以前からココに書いていますが私は地震予測の「くるかも」で有料メールをいただいています。
(au携帯の時210円/月、スマホの今は350円/月)

また最近、ハザードラボの無料メルマガと、毎週の予測番組を見ています。(スカパー216またはスマホアプリ、ハザードラボHP)

それからツイッターで麒麟地震研究所(国際地震予知研究会)さんの情報を見ています。

それぞれが観測所で、地震の予兆をとらえていて、その予測をだしてきます。

※ハザードラボさんと、麒麟さんには有料会員登録をしていないので、限られた情報でしょうが地震予測は不可能」とされてはいても、(くるかもも含めて)地震についていろんなことが解っているんだなぁ~という印象を持っています。

(地震予測については、それぞれの研究者さんたちが、いろいろなものを計測しているようですが、複数の研究所で同じ地震の予測が出るとか、何かしら地震に関係しての事がわかっているみたい。・・・科学的なことは難しくて説明できないので、関心のある方は文末の参考サイトから情報をご覧ください。)

さて、予測情報を日々チェックしている私ですが、大きな地震予測が出ると親兄弟に電話をかけては「地震が来るかもよ、気を付けてね」と慌てています

何事にも大げさなリアクションなのですが、コト地震となると関係するのが命になってしまうので、海の近くに行くことの多い息子にも「地震が来たら高いところにすぐに逃げるように!」と必ず声をかけています。

※来ないこともありますがもちろんその方がいいのです!予測を出している方々もそう思っている事がメルマガなどで伝わってきます。誰でもそう思いますよね。あんな思いは二度としたくないです!

地震予測が出ても、先に延びることはしばしばですし、複数の地震のノイズを大きな地震と予測されることもあるかもしれません(よく和解できていない私です)

それに予測は(例えば雨の降り始めの時間を予想するような)ピンポイントにヒットするような情報まではわからないという現実もあります。

少なくとも一般人の私は大幅な日程のどこかこの辺の地域で、どれくらいの規模(マグニチュード)という大まかな予測しか見ることができません。

では予測を知って、実際何ができるのかというと・・・・・水を汲みかえたり、キッチンカウンター上に食器を長く乗せないようにしたり・・・という程度しかできません。

それに(私の住んでいる)神奈川県で、311以降エレベータやガスが止まるような地震は起きていない現実もあります。

地震予測を見てヒヤヒヤしている分少し損をしている気もしますが、知っても知らなくても私の場合は「くるならこい!」という気持ちにはなれないと思います。(地震恐怖症になったし・・・)

そういえば以前NHKでもやっていた地震予知の方法もすごいと思い出し、NHKスペシャルのホームページょ調べると、細かい番組内容てばなく、興味深いディレクターさんのコメントが書かれていました。

一部→ 科学者は東北沖に巨大地震のリスクが潜んでいた事を予測できていなかったことを強く悔い、これまで以上に言葉を選び「分からないことはあいまいにせず、分からないとはっきり言おう」と努めているように見えました。と。なんか納得です。

MEGAQUAKEⅡ 巨大地震「第1回 いま日本の地下で何が起きているのか」サイトはここです。

地震予測がこれからも進む事を期待しつつも、恐ろしい大きな地震が来ないことを心から望むばかりです。


参考サイト
くるかも----http://www.kuru-kamo.com/

ハザードラポ----http://www.hazardlab.jp/

麒麟地震研究所----http://www.npo-iaep.org/
同ツイッター----https://twitter.com/kirinjisinken




地震の番組が多い

最近地震が来ているせいか、地震に関する番組(ニュース番組内など)が多い感じがします。

偶然かもしれませんが・・・・なんで一斉にやるんだろう??

今日のワイドスクランブルでは、房総南東沖を震源とするМ8の地震についてとりあげられていました。

NHKの夕方の番組では立川断層帯の震度7に備えるための番組をやっていました。

昨日は、首都圏地震についてとか・・・・

NHKでは「むやみに怖がらず」と言っていましたが、大きな地震が来ると聞くと、それだけで十分恐いですょ(T_T)
民放では「明日起こってもおかしくない」とも言っていましたし・・・

知らないのも恐いから、私は番組情報に「地震」を見つけると録画して、恐いのに見ているのです(-_-;)
~見ても大抵新しい事は何もできていないのですが

なんかなぁ~

結局地震はいつどこで来るかわからないので、日本中どこなら絶対に安全ともいえないわけですね。


現在の日本の生活レペルは高いので、ほとんどの人は住む家や仕事があり、そう簡単に移動したりはできないでしょう・・・

個人的な想像では、水害のない、すごくひろい平らな土地に、テントで済んでいれば地震には強そうなのだけど・・・そんなにこの日本では実際にはムリです・・・。

だって仕事だって、クールビズ・・・さらにスーパークールビズもっっ!、官庁などが率先してくださり、ありがたい取り組みとはいえ、末端企業勤務だと大きな会社の訪問にポロシャツとはいかない現実があるようです。

国の偉い人たちがアロハでも、末端サラリーマンはスーツ+ネクタイ・・・節電で涼む場所さえないお昼休みが憂鬱な季節が来るのです・・・・これでは体調が心配ですが(+_+)・・・・平かなところでテント生活というわけにいかない文化社会になっているのですね・・・・。

人間のそもそもの幸せを日々考えさせられますが、地域の文化に逆らって路上生活とはいかないし・・・だって仕事しないと生活もできない・・・世界中、いろいろな厳しい現実もっ。


地震に節電、もろもろの値上げや増税、それでも原発を動かう意欲を示す国。
どこもかしこも地震が危ないといわれているのですから、絶対に事故がないようにして欲しいですっ

それにしても地震こわい・・・・



また地震、頑丈なニッテレ

夕方地震がまた関東で地震が・・・・

М5.2
震源・茨城県南部、最大震度4

たまたまテレビで「日テレのニュース」がかかっていて、私は長椅子でうとうと・・・(デンコちゃんに怒られそう)

なんとなく目が覚めてボケッとテレビを見ていると、番組に違和感が・・・そして「ただ今東京で地震と思われる揺れを感じています」「日本テレビの地震計で震度2」「建物が非常に頑丈にできているため、震度が小さく表示されることがあります」とっっっ!

えっ??と、焦って飛び起きるとココ神奈川にも揺れが・・・縦揺れから横揺れとテレビの声を聴きながら、前回の夜中の東京の震度4の地震の時も「ニッテレの震度計は2」と言っていたので、今回の震度を想像しながら次の情報を待ちました。

それにしても、非常に丈夫に出来ている建物で震度も小さくなるなんて・・・すごくうらやましい~っ
イザという時の情報発信を担うテレビ局だからもちろん頑丈でないといけませんがっっ

揺れない家っていいなぁ~

マンション住まいは便利だけど、揺れない家っていいなぁ~
地震に強い家、地震に強いマンションというのも最近よく作られている。

~望む価値感が変化してもお財布は変わらないので、引越しなんてできそうにないけど・・・・

恐いなぁ~地震。






また大きな地震が・・・・

暫く地震が少ないのかなぁ~という印象でしたが、また大きな地震が起きました(T_T)

緊急地震速報がなったとき、私は料理中。
夫も在宅だったため携帯電話もリビングに置き去りに・・・

テレビを見ていた夫が「地震速報だぞー」と言ったとき、夫がビデオをかけていたと思っていた私は、半信半疑でした。

ポケットにある携帯電話も鳴っていないし・・・(※この時はポケットにあると思っていました)


とりあえず火を止め「お前の携帯もなってるぞー」と・・・携帯電話はリビングに置いてあったようです
テレビには大きく「緊急地震速報」書かれていて、夫は「揺れてる揺れてる」と言いはじめましたっ。

神奈川県なのでそんなに大きな揺れではなかったようですが、私は動いていたために全く揺れを感じませんでした。(個人的は一回得した感じです)

すぐにNHKにチャンネルを変えて続くニュースで震源や震度などの詳しい情報が流れました。
---そのニュースでは被害状況などはわかりませんでしたが、何事もないといいなぁと思います。

千葉県北東部 М5.8 最大震度震度5弱!! 
弱がついたって震度5って、すごく大きいっ!


数日前と今朝の二回、いつも見ている地震予測の「auくるか」もから臨時メールがとどきました。
※臨時メールは毎週届く地震予測メルマガとは別に、М5以上の地震発生の可能性が高くなると送ってくれるメールです。

日頃からできる準備はしていますが、メールの受信から汲み置きの水を入れ替えて、家族に地震に気を付けようねなどとはなしていたのに・・・・・

「地震速報だぞー」という夫の言葉に「ビデオじゃないの?」などとのんきにかまえつつ、鳴り響く携帯電話を手にし、リアルタイムのテレビ画面を見て非常に慌てふためいてしまいました。

「ヒ・火はゲジダーっっっ?」(そもそも消してから夫の所に行ったのに)「ひぇ~」という状態。
※日頃冷静な時は「台所のカウンター内は固定していない冷蔵庫等いろいろな危険があるので地震の時には避ける」と考え、決めているのに一向にできるようになりません。

訳もなく走り回る私に夫が「そこに座れー」というのに「そこってどこー?」と走る私・・・。

実際にはもう揺れているのに、自分が(走っているから)揺れを感じていないし、何となくこれからグラングラン揺れるのだろう!?という気持ちが継続しなんだか恐かったですっっ

それにしても……もうたくさん大きな地震を経験したので地震はもういらないのに・・・・(T_T)
地面の中の事なので仕方がないとはいえ、やっぱり揺れるのは恐いっっ

「auくるかも」は防災意識を高めようとお世話になっているのに、意識が向上していない自分にすっかり失望します。

ニュースで地震の専門家さんがいうには、東日本大震災の余震も10年は気を付けないといけないとか(T_T)
まだまだ大きな地震が来るかもしれないし、十分気をつけつつ楽しい生活を送りたいものです








新耐震基準でも倒壊の危険!?

昨日のNHK首都圏ネットワーク「震度7に備える」のコーナーで、新耐震基準でも倒壊の可能性のある住宅があると注意が促されていました!

◆注意が必要なのは◆

柱と梁で建築する在来工法の木造住宅
旧耐震基準の住宅に加えて新耐震基準の昭和56年~平成12年の改正以前に建てられたもの

--------------------------------------------

今まで建築基準法というと昭和56年以降を「新耐震基準」と言って耐震の基準とされてきたものの木造住宅平成12年にも基準改定が行われていて、それ以前の20年間(昭和56年~平成12年)に立てた在来工法木造住宅にも倒壊の危険がある家も存在するらしいです。

昭和56年の新耐震基準で木造住宅の壁が増え、倒壊しにくいよう筋交い入ることになったものの、筋交いの配置バランスや土台と柱の接合部分の基準がなかったために、住宅によっては大きな地震で倒壊の危険があるものも多いと・・・・っ!


番組では平成元年に建てられた家が耐震診断を受け「震度6強で倒壊の可能性」という判断を受けていました。

~当然ながら家が壊れても人が守られるのと、倒壊では大きな違いがあります。

この家の壁をはがすと筋違も入っていて、きちんと「新耐震基準」が満たされていましたが、忠実に再現されたコンピュータシュミレーションでは、筋交いとは別の所に揺れの力が集中し建物と土台が外れ、倒れてしまいます・・・・・(>_<)

------この住宅では、土台と壁を固定する工事をしていました。
・・・・ホっっ (費用は60万円だそうですが、お子さんもいるご家庭でしたし必要経費ですね)


平成12年の基準改正はあまり知られていないという事なので心配なら耐震診断を受けると良いとのことでした。



※ちなみに、市町村等によっては木造住宅の耐震診断が無料だったり、補助金がでるなどの制度もあるようです!

私は最初、え?、ウチはいつたったんだっけ?倒れちゃうの?と慌てましたが・・・・ウチはマンションでした(>_<)




地震想定のニュースに

昨日東京都が「東京湾北部震源の首都直下地震が起きた場合の新被害想定」を発表しました。

今までの想定よりも、死者数や火災による被害が倍増、東京23区の多くが震度6強という、恐ろしいものでした。

これらの巨大地震は数世代に一度規というスパンで起こるのでしょうが、この数十年のうちには確実に起こるというのですから恐ろしいデス!!

[素人の想像→]数十年のうちにといっても、すでに東北で巨大地震が起きた事を思うと、海側では、関東圏~南海トラフと巨大地震が南下し、それにつられて、付近の各断層地震が誘発されるとか・・・・・ないのでしょうかっ(>_<)

なんとなく順番に日本地図を下がってくるようなイメージで。
スマトラでもМ8級が付近でボンボン起こっていますし。

南海トラフの地震(東海・東南海・南海地震~九州まで?)でも連動すれば、М9レベルの巨大地震が想定されたり、全国各地の「断層地震」でも「震度7」の想定が出ている所もあったり・・・。

日本は島国なので、地震の後の津波も心配です。

------どこなら安全という地域も特定できな雰囲気があります(>_<)

来たら恐いなぁ~と思うのですが、来ないかもしれない日に地震の心配をしすぎていても疲れます。

できる範囲で良く備え、遭遇したら落ち着いてということになるでしょうが・・・・。
・・・・なんか、自信ありません。

※食料と水を防災用に適量準備しておき、水をためておく、懐中電灯は各部屋に常備、ラジオ、充電式テレビの準備など、避難場所や経路の確認・・・・これくらいでしょうか。


もし東京が被災地になった場合、想像も及ばないような大変な状況かもしれません。
----東日本大震災の後、関東のパニックどころではないかもしれませんっ・・!?

生き残っても楽ちんなはずがありません。


自殺願望はありませんが、最近は大地震が直下で起きた場合「楽に死ねる」事も考慮します。

例えば、海の近くに遊びに行きたい夫のさそいを、私は地震が恐いと今までことごとく断ってきました。
だけどそれでは夫もかわいそうです。

海底トンネルをわたるなど時などに偶然巨大地震がきてしまったら-----と思うと行動を躊躇しますが、苦しむ時間がす少なく死ぬかもしれないと(素人考えで助かる見込みがすくんそうなので)考えると、それはそれでいいかとも思います。

そんなことを考えながら、自分の行動を決めようと思います。
コレだと万一のことがあっても親族も悲しむ必要はありません。

別に自宅付近が安全という保障は何もないのですし、事がおきたら受け入れる準備をしておかないと、結局何もできなくなってしまうのです。

生活の質を考えたときに、難しいなぁ~と思います。

----私は東京にわざわざ行こうとも思わなくても、夫は毎日東京・千葉・茨城などに行っており、老朽化で耐震が疑問視されている首都高にも乗っているわけです。


それにしても、恐いなぁ~。
地震イヤですよね・・・・・・・(T_T)

この所大地震が外国で起きています。
メキシコ・スマトラ・チリ・・・・続いています。
もはや世界中巨大地震・・・(+_+)

どこの国の子供たちも怖がっているかも。
心配です





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。