Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

世田谷区2.7マイクロシーベルトについて

世田谷区弦巻で毎時2.7マイクロシーベルトの場所があったとのことで、テレビで映像を流してくれました。

普通の街角ですが、木製の柵や草が密集しているような場所でした。
でも、なんでその場所だけ・・?

近隣の砂場を計測している場面では0.08マイクロシーベルト/時でしたからかなり違っています。
放医研の方の説明では「雨で集まってきたのだろう」ということですが、それにしても2.7とは高いですね。

測ればいろいろなところで高いところがあるのでしょう。

神奈川県では県のモニタリングポスト、各市が計測している学校や公園などの空間線量、そして個人の方が測って公開してくださる定点ガイガーカウンターの値を見ることができます。

たぶん世田谷でも同じような感じでしょう。
近隣をいろいろ測って初めて異常に高い場所がわかるのでしょう。

見えないし、においもないので、あってもわかららないのが放射性物質ですが、なんだか存在が気持ち悪いですね。

首都圏にストロンチウムが飛んできていて、都内で高線量地域があっても、人々は落ち着いています。

原発事故後(多少被ばくしようが?)首都から人はいなくならず、今も首都機能が維持されているようです。

人びとは今更何を聞いてもたぶんパニックになりませんから、どんどん測って情報を公開して、みんなできれいにしたらいいのにと思います。

人びとの安全を守らないリーダシップなんてありえませんから。

私の住んでいる近隣の市では、月に一回学校や公共施設などの空間線量を測して公開してくださいますが、使わない日に町中を順番に測って、危険個所を公開して除染を促すとか(もはややってくださいとはいいません)、まずは世田谷のように高線量地にパイロンを置くとか・・・・何か活用できそうだと思うのです。

お役所の方が忙しいなら、市民のボランティアが買ってでてくださるかもしれません。
協力して、町がきれいになればみんなそれに越したことはありませんから・・・・・
わたしだって手伝えますよ♪

この辺りにも危険なストロンチウムやセシウムがたくさん降っていて、この箇所は危険レベルですとなれば・・・・今まであまり気にしなかった人たちの意識も変わるかもしれません。

それでもたぶんパニックになりません。
お役所の皆さんも安心して情報収集・公開・ボランティア募集などを実地してもらいたいと思います。




関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。