Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

核廃棄物は大変

ニュースゼロで核廃棄物について放送していました。

日本でも地下に埋めようと施設が作られていました。
地下水の問題があり難しい様子です。

脱原発を決めたドイツでも地元の人たちが反対しています。
地下からは塩と油が出ていて、保管場所としては懸念されるそうです。
安全性の調査だけであと15年はかかるそうです。

核のゴミは数千年後も放射線を出し続け、地下の保存場所がその時どうなっているかもわからないとのこと。

核のゴミを誰が引き受けるのかと番組で問いかけていましたが・・・・・みんなイヤなんですよね!
ドイツ人も日本人も。でもゴミはたくさん出続ける。

原発の輸入をやめたある国は、国民を危険にさらしたくないという理由で中止したそうです。
------全く賢明な判断断と思います。

話はそれましたが、番組で原子力安全研究協会の方がこんな発言を
「絶対安全とは言えないわけですよ。これは常にね。科学者はある意味社会が出してきた廃棄物を技術としてどれだけ安全にやれるだろうかということを、一生懸命調べている。じゃあそれなら(地層処分を)やりましょうというか、やめましょうというかは、それは国民がみんなで決めないといけない話になってきますね」

驚きです。
専門家の方は、ゴミをどうするか決めていないのに、こんなものを大量にやってきたということです。
それで今になって国民が決めなきゃいけないと・・・・???

神奈川工科大学の先生
「日本の場合は地殻変動が大きい場所で、地震・火山・地下水の影響で世界の中でもチャレンジングなことをしなければいけない。多くの日本の人はこれだけ昔から原発をやっていて、放射性廃棄物の問題がそんなに深刻だと聞いていない。そういう状況で原子力を続けていたこと自体が問題が大きいんじゃないか」とのこと。

※日テレでこの番組というのもビックリ。

青森県の六ヶ所村では30から50年の一時保管(仮置き場)だそうです。
原発をやっている以上、今後も保管するゴミがどんどん出てくるそうです。
アナウンサーの方は「これから真剣に考えないといけない」と述べておられました。

たぶん多くの国民はどうすべきか知っているのです。
でも、捨て場所がなくても、もっと核のゴミを増やしたい人たちがいるようなのです。

どうしてか・どうしてか、考えてもわたしにはわからない理由があるようです。


だから余計に難しい問題なのかもしれません



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。