Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アサイチと物事の本質

先日アサイチの食卓丸ごと放射能検査を見て、ブログを書きました。

「なんか大丈夫なんじゃないの?」というのが私の感想でしたが、放射能の話題を嫌う夫でさえ、「その結果は怪しい」と言いました。

さらに武田先生のブログでもご批判が・・・・
http://takedanet.com/2011/10/20111017_a8aa.html

私は見るもの聞くものの影響を大きく受けやすいタイプのようです
(頭が弱いの・・・)

どうも物事の本質となると今一つわからない。
いわれたままを信じててしまうところがあります。

だから、原発が爆発するといわれれば恐怖におののき、地震が来るといわれればそれもまた怖くなったり・・・ということになります。

食事面でそこそこ気を付けながらも野菜を地場産中心にしている私は、実際不安がないわけではありません。
そんなときのアサイチの丸ごと調査では、すっかり世の中が開けたように思いました。

これくらいなら大丈夫なんだぁ。よかった~
っと、夫にも話したくらいです。------そしたら怪しいと。

ブログコメントでも指摘をうけ、ツイッターでもテレビなしの調査ではどうかと疑問投げかけられました。

確かに、福島県の子供たちの尿からセシウムが検出され、ホールボディカウンタでも数値が計測されているのに、こんなに食べてないってことはないかもしれません。(調査は一週間限定でしたが)

今となって思えば、食卓検査と合わせて、調査ご家族の尿のセシウム検査くらいは実施してほしかったかなと。


大きな地震・津波、原発事故、放射能汚染と、今まで経験したことのない不安の中過ごした数か月。
(首都圏にいながらも心の危機だったため)本当に何とかやってきた感じがします。

知りたかった情報が知らされないため、隠ぺいか、情報操作か、情報統制か・・といわれてきました。
戦後のようだといった方もおられます。
・・こんなに背筋が寒くなるような恐怖感を覚えたのは初めてです。

時代は確実に変わりました。放射能の処理を見ても、食品安全基準を見ても、本当の安全など存在しなかったことがわかりました。

いつ来るかわからない次の大地震、そして長く続く放射能汚染。
現実はとても厳しく、生きていくにはスタミナがいります。

情報の集め方、整理・理解の仕方も難しいのに、物事の本質をその中からつかむってかなり高度なことです。

いっそ騙されていたほうが幸せかもしれないし・・・・。
かといって家族の健康を脅かすようなことは許せない。

初めて経験するこの難しい時代に、まだ戸惑っています。





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。