Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

暫定基準値を安全側へと願います

小宮山厚生労働大臣が「暫定基準は(安全側に)厳しくなる」と発言されたそうです。

http://news.infoseek.co.jp/article/20111021_yol_oyt1t01124/

本当にそうなってほしいと思います。
原発の排水がセシウム137で90ベクレルまでだそうです。
現在の私たちの食品に普通にあり得る数値です。

今もキノコ(相模原の干しシイタケで550ベクレル/キロ)や牛肉(岐阜1400ベクレル/キロ)で高いセシウムが検出されています。

それでも総量的には事故当初よりもずいぶん少なくなっていると思います。
ある程度の安全なラインで保障を出すとしても、もう大丈夫じゃないでしょうか?

子供たちを含めて被ばくさせながら世界的にも高い食品の基準値で運用する必要はないのではないかと思います。

原発事故が起きたことも、国が国民をどう扱っているかも世界は注目ししています。
もし将来に健康被害が出てしまった場合どうなるかも世界は注目するでしょう。

チェルノブイリ、セラフィールド、マーシャル島など被ばくの前例がありますから、十分学び、教訓を生かすこともできるはずです。

この現代の日本で、こんなに高い食品の基準(セシウムの内部被ばくのみで年5ミリシーベルト)が続くことの弊害を考えて、きちんと基準を安全側にずらしてもやれる姿勢を見せい欲しいと思います。

だれもが、安心して食品を買えること。
子供たちも給食をみんなでおいしく食べられること。
事故前には普通にしていた生活に早く戻して欲しいです。
原発事故で、こんなことが贅沢な願いになってしまうとは・・・・・

子供たちが原発を推進したことはありません。(選挙権もありません)
その子供たちが被ばくさせられているのはおかしなことです。

その子の一生の責任をとれる人が「安全」を宣言してくれているのでしょうか?
福島の説明会で、将来何かあっても「それは裁判で」と言われていたのを聞きましたが・・・。

外部被ばくと内部被ばくを足して1ミリシーベルト/年が日本の法律・事故前の基準で、しかもワールドスタンダードです。

日本は危険と外国人が来ないのは当然ですし、日本の品物が外国に売れないのも当然です。
日本の基準だけがひどく危険側にシフトしているため、世界水準にぜんぜん達していないからです。

世界は日本が被曝を年20ミリシーベルトに決めたときに驚いたそうです。
現在年1ミリシーベルトを目指すことになったそうですが、それでも現状では超えてしまう場所がでてきます。

何もかも遅かったため、除染が間に合わないまま雪も降ってしまうかもしれません。

小宮山大臣のご発言のように食品暫定基準が安全側にシフトしてほしいものです。
生涯100ミリシーベルトという意見もありましたから、5ミリだと平均寿命までも持ちません。

ただ、厚生省課からは、小宮未大臣の発言は「大臣の個人的な思いだ」と指摘があったとか。
これも驚きです!!
省は暫定基準が高いままで良いという方針なのかと考えてしまいます。






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。