Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C893] Re: 原発とTPPの問題は根っこが同じ!

コメントありがとうございます。
どっちも難しい問題ですが、根っこは同じなんですね。

ちゃんとしたことをして稼いでくれればいいけど、どうして「利権」なんでしょうね。
利権のために、人を被ばくさせたり、失業させたりしてもよいと考える人がいる事にも驚きですが、そういう人たちが世の中を動かしていることにもさらに驚きました。

なんかほとほといやになりますね。
  • 2011-10-26
  • 投稿者 : まめまめまめこ
  • URL
  • 編集

[C892] 原発とTPPの問題は根っこが同じ!

原発がこれだけ危険なものにも拘らず、推進されてきた最大の理由は、一部の人間の「目先のカネ(利益)」のためでした。
いま問題になっているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)もまた、一部の人間の「目先のカネ(利益)」のために参加・批准へと突き進んでいます。
TPP参加によって農水業の生産者の失業が約300万人(農水省試算)が見込まれているというのも問題ですが、「非関税障壁の撤廃」によって、日本が独自に様々な事柄の安全規制(食品、薬品、工業製品、労働など)が出来なくなるのも、大問題です。
政府は今月中に参加交渉について結論を出すと言っています。
どうなるんでしょうか?これからの日本は・・・
  • 2011-10-25
  • 投稿者 : Geothermal power
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

食品暫定基準値を「安全側」にすると

食品の暫定基準値についての検討がはじまるそうです。
安全側にシフトしてくれるといいなぁと思います。

暫定基準値が高くて危険と感じるから、例えばこんなことが起きています-----


◆給食に含まれる放射性物質が心配するお母さんたち。

ある市では、給食丸ごと1食分を検査してくれるとか・・・・。
対応としてはかなり前進した感じがありますが、結果は翌日・・・それではもう食べてますよ。


◆子供の内部被ばくを心配する母さんたちが、九州などから野菜を購入する。

今は計測して販売してくれるお店も一部ありますが、なかなかすべての数値を知ることもできません。500ベクレルが高いと思うから、入っていないだろう場所から購入しているのです。


◆報道的な意味での「風評被害」

一向にベクレルが大規模に表示されないため、産地で選ばないと買わない方が多くいます。表示かないので当然ながら「500ベクレルは入っていても許容します」という人以外は買えなくなるのですが、新手の「風評被害」です。

当然、外国人が減っても仕方がありません。日本だけ5ミリシーベルト/年も食べさせられるのですから。



さて、もし基準値が改善され、現行セシウムのみで年5ミリシーベルト換算の基準から、年1ミリシーベルト以下の基準になれば!
(日本の平均的な外部被ばく分を差し引いた量を食品振り分けるくらい安全なら)・・・・


今問題になっているいろいろなことが、一気に解決します。

◆給食を子供に食べさせても、内部外部被ばくを含めて年1ミリを超えないとわかっているから安心。

◆わざわざ九州から野菜を買わなくても、きちんと検査され(できたら全量希望)、乳幼児にも安全な基準をクリアしていれば、どこの産地でも普通に買える。

◆当然もう風評被害はなくなる。----すべて店頭に並ぶものは、年セシウム換算だけで5ミリではなく、トータル年1ミリ以下になった、事故前のように普通に買い物ができます。

空間線量が下がり、食材が本当に安心なもの・1ミリ基準を守るものになれば、安心して外国の人も来てくれるかもしれません。


そもそも原発事故で、放射能がまかれたことで、食品の基準をゆるくしたことにより、人々が不安になりましたから、元のように戻してくれればよいのです。

移住もさせない、農業も続けさせる、保証もあまりしないのなら、安全だということですよね。
それなら、食品も安全を保障してくれなければフェアでなくなります。


食品基準を安全にするだけで、かなりの部分の問題が自然に解決していきます。

厳しい基準であれば、そうした食品でないと売れないので、生産者も基準を超えないものを作るような努力をします。(もうしている方がほとんどでしょう)

値段も西のものが異常高騰したりということもなくなるので、格差も防げます。
(子供を守るのがお金基準になってしまってはいけないため)
いかに食生活が大切か、健康が大切か、考えさせられます。


大きな原発事故としては初めてのチェルノブイリ事故で、ベラルーシでは暫定基準を廃止するまで6年かかったそうです。

今回はチェルノブイリの教訓もありますし、化学も進歩しています。
日本の粘土質の土がセシウムをがっちり吸着しているので、あまり野菜に移行していないという風土的な利点もあります。



どうか新しい食品の基準値がみんなの納得のいく、本当に国民の安全を考えたものになりますように。











関連記事

2件のコメント

[C893] Re: 原発とTPPの問題は根っこが同じ!

コメントありがとうございます。
どっちも難しい問題ですが、根っこは同じなんですね。

ちゃんとしたことをして稼いでくれればいいけど、どうして「利権」なんでしょうね。
利権のために、人を被ばくさせたり、失業させたりしてもよいと考える人がいる事にも驚きですが、そういう人たちが世の中を動かしていることにもさらに驚きました。

なんかほとほといやになりますね。
  • 2011-10-26
  • 投稿者 : まめまめまめこ
  • URL
  • 編集

[C892] 原発とTPPの問題は根っこが同じ!

原発がこれだけ危険なものにも拘らず、推進されてきた最大の理由は、一部の人間の「目先のカネ(利益)」のためでした。
いま問題になっているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)もまた、一部の人間の「目先のカネ(利益)」のために参加・批准へと突き進んでいます。
TPP参加によって農水業の生産者の失業が約300万人(農水省試算)が見込まれているというのも問題ですが、「非関税障壁の撤廃」によって、日本が独自に様々な事柄の安全規制(食品、薬品、工業製品、労働など)が出来なくなるのも、大問題です。
政府は今月中に参加交渉について結論を出すと言っています。
どうなるんでしょうか?これからの日本は・・・
  • 2011-10-25
  • 投稿者 : Geothermal power
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。