Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

安心という不安な時代

東京電力の記者会見がにぎわっていました。(少し見ました)

福島原発の2号機で臨界というニュースがながれたためでしょう。
記者会見にもテレビに出てくるキャスターの方々が出席し質問されていました。

少しの時間聞いていましたが、やっぱり難しくて私には理解できませんでした。
危険なのかもしれませんね。

武田先生のブログにも載りました
http://takedanet.com/2011/11/post_6fed.html
「全体状況からいって避難する必要はないと思われる。東京、神奈川以北から宮城まで、風向きに注意をすること、インフルエンザ用のマスク、それに2,3本のペットボトルを用意する必要はある。」とのことです。

なんか原発事故っていつまでも本当に大変なんですね・・・・

「安全です」はなんだったんでしょうか。

今でもそうです。
今朝のあさイチでは------

子供の尿からセシウムが検出され内部被ばくは確実にしているものの「健康に影響を及ぼす確率はかなりかなりかな低い」とのこと。

セシウムが43ベクレル/キロ含まれた福島のリンゴについて「暫定基準値を大きく下回っていて、健康に全く問題ありません。安全です」とのこと。

これ、原発2号機のニュースと同じ時間帯に放送している内容です。

そして同じ時間に東電の記者会見をして、キセノンがなんとか、臨界がなんとかとやっていました。


要するに「安全」という建前の中で、危険をしりつつ食べて、そのうち早めに死んでいくんですね。

年金支給年齢が引き上げられ年金をもらう前に低線量被曝の影響を受けて、因果関係は証明されず死んじゃうのが理想的な暗黙の政策だったりして・・・・っ!?まさか

70億人のニュースの時人口が多ければ資源の取り合いになるとに言っていました。
どうやったらみんなに知られないように口減らしをできるのか・・・国も考えているのかもしれません!?まさか

万一、がんや白血病や心臓病がものすごく増えたとしても「放射線との因果関係は認められない」と言われちゃうのでしょう。

広島・長崎の被曝認定だって、今頃までニュースになるくらい遅いのですよ!
期待できませんよね。たぶん

それでも原発をやりたい人たち、こうした規則を決めている人たちは、どんな安全策だってとれるわけですから、きっと長生きするんだろうなぁ~。


いつまでこんなことが続くのかな。
それでも絶対に騙せない存在がきって天にあるのだっっ!!


ちなみに、福島県の復興を応援したくないわけではありません。
できたら農家さんの苦しみが別の方法で軽減されてほしいと願っています。



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。