Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

何を信じればいいの?公式発表の訂正

神奈川県の3月の降下物の放射能濃度測定結果が訂正されました。
それも、1けた高く!

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p394044.html

3月21日(9時)~22日(9時)は
ヨウ素は9500ベクレル
セシウム137は1800ベクレル
セシウム134は1800ベクレル
  降りました。

健康に影響を与えるものではありません----とのことです。

・・・なんかなぁという感じです。
空間線量は変更されていないようですが・・・・21日(茅ヶ崎)で0.19マイクロシーベルト/時前後でした。

どっちにしても、ある程度は被曝していたということです。
また、降ったセシウム量を考えると土壌からの計測値が低いような気がします。
まさかこちらも後で変更という事でしょうか・・・・
(3/25も計測しているので、下がったという事ではないかもしれませんし・・・)


原発事故後の農業土壌検査
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300508/


神奈川県は事故前までしっかり調査をしていたようです。
それをふまえると、今回は計測間違えでした・・・というのは考えにくいように思います。

それとも、事故後はそれまでしっかりできていた部署とは違う新しい部署で計測していたのでしょうか。
何か釈然としない感じですっ

2010年までの調査結果
http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/005_databox/0503_shiryou/0503_radioactive.html


この時期にの発表も「今更しょうがない」と市民に思わせようとしているのか・・・


どうあがいても「何もなかったことにはならない」厳しい時代ですね






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。