Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放射能もういいやって思えたら

放射性物質のことを考えだすと、食べ物や吸う空気も心配になります。

文科省の航空モニタリングで神奈川県は一年1ミリシーベルトを超えない地域という事になりました。
だけど、神奈川県の発表された降下物の数値はこの時期になって訂正され、何倍にも増加されたことを考えると、実際どうなの?と思ったりします。

そうなると何もかも不信になり、心配になります。

それでは疲れちゃうから、もう心配なんかしないで「どうでもいいや」と考えたくなります。
いまはそんな時期なのかもしれません。

私は何度も、原発事故が起こり非常に深刻なことになっていますが、関係する人たちはみんな一生懸命やってきたと信じて許したいと考えました。

・・・・そう思えたら少しは心穏やかに生活できるようなきがして

だけど、現在の個人的な生活での関心は、原発事故の責任うんぬんではなく長く家族の健康を守ることなので、考えの次元が違っていることに気づきました。


結局、日々の生活の中で注意していく以外にあません。

今生きている私たちの世代が、5年、10年と生きていくことで、健康状態に何があるのかないのかは今のところ不明です。

何もなかった時に、今心配している人も・していない人も 一緒に「何も起こらなくてよかったね」と喜べるようなら一番良いと思います。

食品はいろいろと難しいですし、高い安全性を求めれば値段も高くつく・・・。
なかなか難しいです。


個人の基準はいろいろなので、私はやれる範囲でホドホドにやっておくことにしています。






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。