Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今後の食生活などを考えて・・・

今週は風邪っぴきです。
ノドから急にムネにくるような風邪です。

夫からうつったようですが、夫はこじらせてしまい肺炎手前になりました。
熱が出ない風邪・・・出でも微熱程度ですぐに引くようです
ノドの痛みは乾燥かもしれないなどと言っているといきなり胸に来ます。

私は休めますので同じ症状の風邪でも夫ほど重症ではありません。
さて、そういうわけで寝てばっかりいて暇なので考えました。

~放射能汚染の日本で生きていく私たち家族のこれからの食生活~

正直な気持ちを言えばノンベクレルで食べたいデスっ
そもそも放射性セシウム等は食品ではないわけです。
食品に毒が入っていたらイヤだもの・・・・(>_<)

だけど、きわめて安全なものを求め続けたら、際限なく食費が上がっていてきます。
毎月の家計を考えても、コレかなり問題になりますし、

私の家は大人だけの家族。
感受性はある程度下がっている。(息子はちょっと心配だけど)

それで、こうしました↓

お米、お肉、お魚には気を付ける。(摂取量が多い)
椎茸、竹の子、ユズ、ミカンなど、その時セシウムが多く検出されているものを調べて、産地などに気を付ける。

野菜は地場産(お友達の畑)が主で、あとはバラバラ。
加工品はある程度調べてわかるものを買うように気を配りながらも、値段の折り合いの付くものを買う。

そして、排出を促すような健康的な生活を送ること。(風邪ひきが言ってますけどっ♪)

伝統的な日本食はよいという事なので、それを中心にして献立を考えます。
味噌とか、麹などの発酵食品もいいし、ペクチンを含むフルーツとか、カリウムやヨウ素を含む食品もよいとか。

結局考えても、それくらいしか私にはできません。

正直ここ数か月の食費の高い事・高い事!
そろそろ別の目的にお金も取り分けないといけない年齢ですし・・・。

時々かなり深刻に悩んだりしましたが、今はできることをして、生きていけばいいと思えるようになりました。
生きるためには食べなきゃいけない。

主人のお給料を全部高い食品につぎ込むこともできない。

4月から基準が変われば、若干安全度も上がります。(500ベクレル→100ベクレル)
今は「それまでに出してしまおう」というものがあるかもしれないと、ちょっと心配です。

少し食べてしまうかもしれませんが、ドカンと大きく食べないように気を付けたいと思っています。


それにしても、放出した放射性物質は誰のものでもない無主物だそうで、複雑な気持ちです。
事故前に戻ることはできないのでしょう。
ベラルーシでは25年たった今も、甲状腺障害はどの年齢にも多いといいます。(ベラルーシの部屋ブログより)
私たちの住む日本も、30年たってやっとセシウム137は半減期です。そのころ134はなくなっているのかなぁ。
福島第一原発の廃炉もまだできていないかもしれません。

長い長い影響があるのですね。大変なことです。
それでも生きていかなくては生きません。負けないように!






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。