Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

問い合わせ・・・もっと書いておいてくれれば

いろいろな事情で「今日は夕飯作るのが面倒なのよ~」という時、外食の元気もなくて、お弁当でも買いたいなぁ・・・見たいな事ありますよね。

私はなるべくそのお店のホームページを開きます。

例えば「ほっ○もっ○」とさんの場合、おかずの産地がきちんと表示されています。
※安価であれだけのお弁当を提供してくれているのですからもともと海外物が多いわけです。

でも、お米となると「国産」とだけ書かれ、質のいいお米を選んでいると。
それでも放射線検査も実施し安全なものだけを出していると書かれていました。

なるほど、では安全ですね!
っと納得できる人はそれで買いに行けばいいわけです。

私は、500ベクレル/㎏のセシウムの数値が安全という事なのか、それとも100ベクレル/㎏という新基準を採用するのか、またはお弁当屋さんが独自の数値を出してくるのか・・・。その辺を知りたいと思いました。

セシウムの含有量については、どこまで許容するかはそれぞれの家族が決めていく必要があると私は考えています。

子どもが小さければゼロを目指すでしょうし、大人だけなら少し違う可能性もあります。
ご家族がどの基準を採用しても、それぞけ尊重されるべきだと思います。

国が安全と言っている基準にも異議を唱える機関も存在しています。もし万が一何があったとき、他の人が変わって責任をとってくれるはずもないでしょうし、この時代を納得して生きていくには、何かしらの基準を自分で選んでいくしかないと思うのです。

もちろん「気にしない」も選択肢の一つで尊重されるべきだと思います。

話はそれましたが・・・・

このお弁当屋さんの場合、おかず系の産地(特にメインとなる重量のなるもの)は十分にわかります。あとは重量として大きい比率をもつお米の部分が疑問です。

それで、私は問い合わせをしたわけです。
どんな答えが来るかはまだわかりませんが-----

こうした問い合わせに、大抵の企業が積極的・かつ丁寧に回答をくださいます。
産地や放射能への取り組みなど・・・・・

回答からおおよその企業の姿勢を知ることができます。
真摯に安全なものを消費者に届けようとしているのか、そうでもないのか・・・
※これも個人的に判断してその後のお付き合いを判断すればいい事です。

原発事故からずいぶん経った現在でも、牛乳に対する細かい放射線検査が発表されていないとか。(2月末に発表というニュースもありましたが)

今は民間の検査機関も充実してきました【この辺りの取り組みが本当に早くて素晴らしいです】ので、そこで測られる大手メーカー牛乳から2ケタのセシウムが検出されることも珍しくないようです。少し前には粉ミルクからも検出され回収されていました。

メーカーによっては暫定基準値を隠れ蓑のように、それ以下だから安全だという姿勢のように映ります。
※もちろん商売のやり方はそれぞれですから、それはそれで仕方がありませんから、それをアピールしてくれれば消費者は商品選択に活かせます。

どんどん問い合わせをして、納得して買い物をして食べたいと願います。
だけど、いちいち問い合わせに答えるよりも、消費者の心配しそうな事はわかるでしょうから、「よくある質問」などの部分や、「弊社の取り組み」のような場所に、きちんと書いてくれるといいと思うのですよ。

だって手間が省けるじゃないですか。開けばいいのですから・・・

本来なら店頭にも全部書いてくれれは゛いいけど、日本人の気質だと、そうした掲示があることで危険を感じて購入を控える人もいるとかなので、そこまでは求めないことにします。

知りたいなら調べますから、わかるようにしてくれればなぁ
今後ずっとセシウムから逃れられない世の中になっているですから。
今からやっておいて損はないはずだと思います。

今後の各メーカーの取り組みに大いに期待したいところです。



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。