Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パルシステムの独自基準がより安全側へシフト

毎週注文購入しているパルシステムですが、二月から新しい独自基準を採用したとお知らせが来ました。
ネットで見るならこちら(PDF)→http://www.pal-system.co.jp/topics/radiation/pdf/120206_pamp.pdf

見ると・・・・
青果・肉類・卵・魚介類、他食品は50㏃/㎏
海藻類・きのこ類100㏃/㎏
※乳幼児商品は10㏃/㎏

---と、ちょっと高いなぁ・・・という印象はありますが・・・ずいぶん前向きな検討です。

民間企業でありながらとても良い取り組みだと私は思います。

実際毎週の注文カタログと共に放射能検査結果がついてきて(ネットではこちら)注文したい品物が放射性物質を検出しているか否かがわかります。検出されている品物ならその数値もわかります。
※全品ではありませんが良く扱われているものほど検査されています。

個人的にはパルシステムの自社製品は全品やってほしいところですっ

独自基準は50とか100㏃でも、組合員(買う人)は不検出とか検出数値を知って注文することができるのです。

※青果品の場合、代替えの品物が届くこともあるのでその辺は注意が必要かもしれません。

以前スーパーで、あれもこれも・・・どれが安全なのだろう?と立ちすくんだことがありますが、バルの検査表を見ながら注文すると、これならやっていけるかなぁという気持ちになります。

値段はコープかながわよりはちょっと高い気もしますが・・・、全品でないにしても、検査されたお米や牛乳、肉・魚など、食べる量の多いものを気を付けることでセシウム摂取の総量を減らすことができるかな思っています。

きちんと取り組みをして欲しいと願うなら、そうしている企業を私も支持したいと思います。
(これはパルだけに限りませんが)

安心・安全は口だけ、イメージだけではもう得られない時代です。
時々、「もういいや!」と思いたくなりますが、私にとってはセシウムが入っているかもしれない゛気持ち悪さ゛はどうにもなりません。

放射能のほかにも、添加物や遺伝子組み換え(←いまいち私はよくわかっていませんが)の問題などもあります。
日本の農業をきちんと守ることもやっぱり大切だと思います。(放射能はいやですが)

私は社会的な行動に参加していませんが、個人・家族としての消費行動が何を支えたいかを示す場合もあるなぁなんて難しいことを時々考えたりもします。

・・・・といってもコストコなんかも利用していたりしますが・・・てへへ(^_^.)

市民測定所もどんどん立ち上がっています。
これからは例えメーカーが隠していても市民の測定によって数値が暴露されていくでしょう。
粉ミルクや牛乳のように・・・・!
(粉ミルクステップの件や給食の牛乳拒否を考えると、特に子供を持つ消費者の側には暫定基準値以内だから安全という認識が全くないことが明らかになっています)

本当の安全は数値で見えるようになっています。
計測し知らせることはとっても大切な時代になりました。

その上でどこまで何を気を付けるのか・・・各々の家族が決めればよいと思います。
※原発事故前でも、農薬や添加物、遺伝子組み換え食品等を注意深く避けていたご家庭がありましたから、その延長という意味でも、個人には決定する権利があり、強制されるものではないと考えます。医療のインフォームドコンセントと同じように。

私は不必要に何もかも避ける必要はないとしても、できることはそれなりにしていきたいと考えています。
(大人世帯なので関東産の野菜やお肉は数値を見て受け入れて、東北・北海道もまあ同じです)

ちょうどブログを書いている時にパルの配達があり、良い取り組みが心強いと配達してくれたパルのお兄さんにもお伝えしました♪

さぁ、来週分を注文しておこう


関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。