Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

なんでそんなに放射能が嫌なのか!?

毎度毎度 放射能ネタで申し訳ありません。

考えたのですが、なぜそんなに放射能が嫌なのか!?

昔、はだしのゲンとか、第五福竜丸を学校で習った時、放射能の恐ろしさを叩き込まれた気がします。

次はチェルノブイリの事故です。
白い服なら放射能がつかないと信じ込み(←何故かは不明)、淡い色のコートを着ていたのを覚えています。

こういう今の世の中では「被曝!」という言葉だけで恐いです。

日本の原発事故の場合、尿やホールボディーカウンタでセシウムが検出されても、甲状腺に異常が見つかっても、「健康に影響ない」と必ず言われます。(そのような報道しか知りません)

100ミリシーベルト以下の被曝は何の健康被害もでないと。
セシウム花粉だって、基準内で安全レベルといわれます。

普通、近所でインフルエンザの人がでて、その周囲に同じ症状の人がでいたら、やっぱりインフルエンザだろうと考えるものです。

しかし、放射能の事となると、まだ何も起こっていない時期から「因果関係は証明されない」と連呼され続けています。

チェルノブイリでガンや白血病のほかに、心臓の異常が出たり、免疫が下がりいろいろな病気にかかると報告している人たちがいますが、そうした報告は根拠がないものとされているようです・・・っ?

たぶん、こうしたわからない部分-------が恐いのだと思います。

インフルエンザになりたくないから予防接種するとか、そういうレベルで放射能を予防する人はノイローゼにされ風評被害をあおるといわれる。-----放射能や被曝についての考え方は、容易に人を分裂させている。


あの爆発の時から4月下旬までは関東地方でも空間線量が高い時期が続いたそうです。
降下したセシウムなどの数値も決して小さなものではないのです。
でも当初そんなこと全然知らなくて、いつも被曝した後に発表されてきました。
こういうことは、たぶんこれからも----。

※だって健康に影響ないと保証できる範囲のものですからっっ!!

最近、神奈川県の野菜からも微量のセシウムが検出されているそうです・・・(-_-;)
一つの食品からは微量でも、いろいろな食品にセシウムが含まれているので、その合計で内部被曝するのです。

だから、これから私はいつも思うかもしれません。

治らない風邪は被曝?湿疹は? 白内障も被曝?
何か放射能のたくさん入ったものを食べたからお腹が悪いの?
心臓が痛くてフラフラするのは?これも被曝?と-----


多分、実際に病気になったらその現実を受け入れて治療をするでしょう。
だけど、それ以前に「被曝のせい?」って思う今と将来の生活が恐いです。

チェルノブイリハートという映画があるそうで、近いうちに見ようと思っています。
見ると恐くなるかもしれないけど・・・・知らないでいるのも恐い。


風邪がひと月治らないこと。今回はインフルエンザでは無かったけどダメージは小さくはなかったような・・・。
私は以前から、治りにくい体質ではあるけど、それにしても治らない。
これでもか、これでもか・・・と。

病気でいる間、生活のいろいろな面が滞るのでそれも困りますね(-_-;)




関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。