Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検査済みの加工食品にニンマリ

パルシステムの注文をしました。(毎週していますが)

パルは2月から独自ガイドラインをより安全よりにした生協です。
※パルの独自基準については、以前のブログをご覧ください

さて、放射能については、相変わらずイヤな気持ちがしていますが、それでも検査をしてくれているなら食べようとあえて国産(北関東含む)を購入しています。

原発事故のずっと前からパルをやってきて、いつも玄関まで食材が届く便利な生活をしてきましたし、やはり今もパルを卒業できません。

先週久しぶりに冷凍の「ニラまんじゅう」(丸い形のジューシーな餃子)を焼いて食べました!
今週は冷凍の「水餃子」を注文しました。(届くのは来週)

パルにもゲルマニウムの測定器が入り、検査済みの加工食品も増えてきたように思います。
コレ、すごく心強いのです。

何でも全部手作りでベクレルを減らそう!!という意気込みはあったものの、1月以上もカゼを引きずり、治りきる前に新しい風邪にかかり発熱・・・(-_-;)
これでは、毎日しっかり全品手作りがきつくなったりします。

餃子などは家族も焼けますから、色んな意味で楽になります。
(私が作れないから、家族に買っきてもらうと余分な出費のあげくに、心配しながら食べたりして・・。)

パルシステムの検出限界は現在5-10㏃/㎏ですが、我が家ではヨシとしています。
(小さいお子さんのいる世帯などでは高いと感じる方もあるかもしれません)

少し前までは、買いたいけど検査がされていないので、買えなかったものでも、検査が行き届くようになってくると、買いやすくなります。

現在は赤ちゃんの食べるものを優先して測っているとのことですが、米は全部の産地のものを検査していますし、大豆製品は(豆腐、味噌など)今の所2010年産より前の材料で作られているそうです。
細かいことがわかって買えるのも安心につながります。
※大豆は2011年産に変わるときに全部検査されるそうです。

個人的にはパルのマークのついている商品だけでも全部検査してほしいと願っていますが、それはまだかないません。徐々に検査されていくのでしょう!!期待しています。

時々、「どうやって食べればいいんだろう」・・と悲しい気持ちになりますが、パルを注文する日には、検査済みの用紙を見ながら「これならやれるかな」と思い直したりします。

まだまだ課題の多い日本の放射能対策。
産地も苦しんでいるだろうし、食べる人たちも心配している・・・・本当に困った問題です。

セシウムもストロンチウムも半減期は30年位。
私が生きている間にはきれいにならないんだなぁ・・と改めて思います。

せめて口に入る食品に関しては、十分検査して検査結果を公表して販売してほしいところ!
どの商店やスーパーでもそうしてくれたらどんなに買い物が楽になるだろう・・・・。
測って表示すれば「風評被害」はなくなるはずなのになぁ~

測って結果を見れば納得して買うか・買わないか決められるのだから。
(小さいお子さんがおられると、現在計測されていないストロンチウムの危険なども考慮して産地を選ぶ場合もあるでしょう。ご家庭によって判断が異なると思います。それぞれ尊重されることが大事だと私は思います。)

個人的には「放射能が入っているかもしれない」と思うだけで恐くて気持ち悪いです。
それでも原発事故以来、どこかで線を引く必要ができてしまった・・・・。
それを受け入れたとき、私にとってパルの計測結果は非情にありがたいものです。

後は食べる「量」で判断します。
※どうしても食べたい小さなスイーツはヨシとしているとか・・・ココには少し矛盾がありますネ(・・;)

「ニラまんじゅう」や「水餃子」にちょっとニンマリしながら考えました









関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。