Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地震は恐いよぉ

最近また地震が多いような気がします

先ほども茨城の地震でココ神奈川もクラクラクラと揺れました(T_T)

東京湾の周辺は頻繁に揺れています。千葉のJFEのあたりとか、千葉半島の中とか・・・・
さらには沖縄でも立て続けに揺れました。

外国でも揺れていますっ
とにかく世界的に地震がスゴイことになっているように思います。

「地面は揺れないもの」という長く信じてきた認識は改める必要がありそうです。

現在も警戒されている地震は、首都圏直下地震のほか、東海・南海・東南海地震、北海道、他の内陸地など・・・・広い範囲に及びますし、大きな津波が想定されているものもあります。

もちろん、いつどこに来るかハッキリしたことはわからないわけです・・・
※はっきりわかれば一時的に避難して、みんなの命を守ることができるのですが今の所そのような予報は難しいようです。

日本の場合は、特に簡単に移住などしにくい社会です。
何もかも権利があり、生きていくことそのものにお金がかかる。

( 現在原発からの疎開のように支援・援助があれば多少はしやすいかもしれませんが、いつ来るかわからない地震の危険というだけではチョット・・・
 さらにある程度差し迫っていても経済優先の国では近々の予報を公にすることは考えにくいです。時価が下がるとか・・・?。)


先日「タンザニアの物を持たない豊かな生活」がテレビで紹介されていて、少しうらやましくもありましたが、あちらの国の方々は、日本とは違う社会システムの中で生活しています。
広い土地に住み、豊かな自然のものを自由に取得できる環境など。

-----当然ながら日本で同じコトをしたら犯罪です(-_-;)

貯金を取り崩してやれる間はいいものの(ないならそもそもムリ)、何処かに移住してもそこで地震に会うかもしれない・・・次の原発事故が起きるかもしれない・・・

長年信じてきた「安全」こそが幻想で、そういうものは最初から存在しなかったのかもしれません。

わが家場合、例え活断層の上に家が建っていたところで、すぐに引越しできるかどうかはわかりません。
(この場合はかなり無理をしてでも引越しを検討したい気持ち大ありですが!)

最近地震に強い家、強耐震マンションなどが注目されています。
・・・すごくいいなぁ~と思う反面、新築物件のコンクリートの放射線は大丈夫?なんて心配をしたり
・・・いろんな意味で微妙な世の中になりました。

世の中で優先されているものが何なのか、この一年でずいぶん明らかになり背筋が寒くなる思いを経験してきました。

震度4が何回も来て大きな地震が来なければいいのにと思うのですが、そういう中程度の地震が起きているところに大地震が起こる確率が高くなるという・・・


う~ん やっぱり地震は恐い・・・・

備え・備え。今の所できることはそのくらいという現実です。





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。