Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ニュージーランドのバニラアイス

食品にセシウムが混じるようになってから、「食べたいものを自由に食べる手軽さ」がなくなってしまいました。

牛乳に含まれるセシウム値がやや高いことから(2ケタベクレルが出ていた時期が続いたことがあり)、アイスクリーム選びも慎重に、なるべく食べないようにしてきました。

・・・時々よつ葉(北海道)のアイスか九州のアイスをパルで購入しましたが・・・このところ寒いのであまり購入しなかったら、この所 夫が執拗に「今日はアイス買ってきた?」と聞くので、昨日はとうとう買いに行きました。

他の用事もあり生協(コープかながわ)にいきましたら、アイス売り場にカラーPOPで目立つアイスクリームがありました。

コープのバニラアイス ⇒ ニュージーランド産!
そんなのあったんだぁ・・と、迷わず買ってきました。

夕食後のデザートに少し食べてみると、甘すぎずコクがあり美味。
久しぶりのアイスクリームに感動しました♪

「わからないけどちょっとだから」という気持ちではなく、安心しておいしく食べました。


※これで300円くらいだったかなぁ・・・・レディーボーデンのような大きなタイプです。

    NZバニラ


そんなに気にすることないという人もあるでしょう。
国の基準内なら安全と言い切る企業・生産者もあります。

一方、少しでもイヤという消費者もいます。

原発事故前も無農薬・無添加物・非遺伝子組み換え食品を選んできた人がいるように、無セシウム、低セシウム食品を選んでもよいと私は思います。(子供優先で)



------生協製品産地情報検索システム------

ついでに「生協商品」については、インターネットで(PCも携帯もok)バーコードナンバーから商品情報や産地情報が検索できるようになっていて、店頭で商品を前に携帯から調べることもできてとても便利です!
★「インターネットで商品・産地情報を検索できます」とQRコード付きのPOPが随所に貼ってありました♪

※以前、それでもわからない内容(原作国日本・・という場合など)を電話で問い合わせしたら、細かい産地などを教えてくれました。(電話したのは国産小麦のうどんについて)

大人世帯などで完全な安全はムリでも、大きな汚染のものは避けたいと思っています。
※できたら放射性物質を少しも食べたくないのが正直な気持ちですが・・・

それにしても、安全とか安心とか・・・・原発事故以前の贅沢だったこと♪
もはや古き良き時代・・・・懐かしいなぁ~






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。