Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地震に注意!

ここしばらく注意が喚起されている「首都直下・関東南部地震」。

今の科学では何時来るかはっきり予測することは難しいようですが、あんなにテレビで言っているということは、やはり気を付けた方が良いのでしょう。

今日、南太平洋の島国バヌアツでマグニチュード7.1の地震がありました。(3月9日/日本時間午後4時過ぎ)

パヌアツは、おなじみの世界地図でオーストラリアの右斜め上の辺、ニュージーランドの真上あたりです。

世界のプレート地図を見ると、バヌアツもニュージーランドも同じ太平洋プレートの境に位置しています。
もちろん日本列島もです。

これは単なる素人考えですが、ニュージーランドの大地震の後に東日本大震災が起こったことを考えても、できる注意だけはしておきたいところです。

それにしても、震災直後は津波の映像が目立ち、引き続いておきた原発事故のニュースなどが多く放送されましたが、1年たって3.11の各地の地震中の映像や、地震被害の様子も放送されています。

あらためて、あの地面が揺れる恐怖と破壊力を感じます・・・・

首都圏直下地震・関東南部地震の場合、今度は首都圏が被災地ですから、たくさんの人を立体的に(地下・高層に)抱えたままどうなってしまうのかと心配です。
※首都昨日は、雪や停電でも簡単にマヒしてしまうので・・・。

震度7という恐ろしい予測も出ていますが、震源が浅い場合はその範囲は広くないらしいという事もテレビで言っていました。

それぞれはいろいろな仮定からの推測ですから、自然がその通りの地震になるのかはわかりません・・・・あくまでも目安です。

神奈川の家にいることの多い私ですが、もはや自宅の耐震性能を信じるしかありません。
------考えるとため息しか出ませんが・・・備えて日常生活!と意識しないと生きているのがつらくなりそうです。

都心の震度7想定地に勤務している夫は非情に心配です。
しかも出向く先に震源地付近が含まれている・・・・。
※311も浦安で液状化を経験した夫です。

息子は神奈川の海側に仕事に行っています。
仕事場は新築なので地震被害は大丈夫と思いますが、津波は心配です。


それにしもて大地震が世界的に多い!多すぎる!!
誰もがそう思っていると思いますっっ

昔東北の大地震の後、次々大地震が南下してきた事があるようなので、来るといわれる理由は有るのでしょう。
勘ぐれば(なんにしても政府が恐れる、パニック防止のために)発表できない情報もあるのかもしれないし・・・。

地震研究者さんのなかには、ここ最近の東京湾北部地震は前触れだと考えてる人達もいるようです。

------くれぐれも注意を。

(※気を付けていて、こなければそれでいいから、地震はこないでほしいのが本当の気持ちです)



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。