Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画:黄色い星の子供たち

すごい映画を見てしまいました!
黄色い星の子供たち」です。

ナチスの時代のフランスでのユダヤ人迫害の話です。
頭で考えると難しいテーマのお話なのですが、ビデオのケースを見たときに妙にひきつけられツタヤで借りてきました。

実は今日が返却日なのに、確定申告に手間取っていて見られていなかったのです。
・・・・(日本語吹き替えがないので片手間で見らませんでした。)


過去にもナチの収容所関係の話は何度もドキュメンタリーや展覧会で見ているのですが、当時のフィルムだとセピア色の印象で、「どこか遠い昔の話」という気がしていました。

全編フルカラーでしかもすごく美しい映像だからこそのリアルさをヒシヒシ感じ、言葉にしにくい衝撃を受けました。(しいていうと「うわぁーー」かな?)

※アクションドラマではないので、ヘビーな虐待シーン等はありません※

歴史の重い事実を扱う映画の中で、権力と武器に物を言わせ、許されないことがまかり通り、良心をねじ曲げていく姿に恐怖を感じつつも、一方で良心をもつ人々のキラキラした温かいぬくもりが、じわっと伝わっくる味わい深い映画でした。

ユダヤ人の検挙や収容所にまつわる悲しいお話でありながらも人が幸せを感じるもの、大切にしたいものが、光を放ちながらフワっと浮き上がって見えるような仕上がりでした。

ここしばらく映画三昧していますが、こんなに満足度の高い映画、印象に残る作品は久しぶりです。
-----「素晴らしい映画を見た!!」としっかり記憶した一本でした。

興味があればぜひっ------(回し者ではありません!広告記事でもありません!)

黄色い星の子供たち公式サイトhttp://kiiroihoshi-movie.com/pc/





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。