Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

全粒小麦の産地問い合わせ

ある企画で全粒粉を使った調理をすることになり粉を買ってきました!

準備期間がないのでパル(検査済みか産地表示がありそう)で購入もできず、近くのお店で急いで買ったのですが心配になるのは放射能です。

全粒麦なので、白い小麦粉よりも高い可能性もありそうです。
(白米より玄米のほうがでやす、みたいに)

マイナー商品なのかたくさんは売っていないので2種類を購入してきました。
(普通の小麦や強力粉は家にあるので、全粒粉だけ買ってきました)

日清製粉のナチュラーヌの「「おいしい小麦全粒粉(パン・ピッツァ用)」
これは海外が主かなぁと思いつつ購入し、電話で問い合わせをすると産地は「アメリカが主。一部カナダ」だそうです。


パイオニア企画「国産小麦全粒粉」
こちらは国産で賞味期限を逆算しても事故後の可能性ありのもの。非常に気になっていました。
店頭で携帯検索しても情報がわからず・・・。購入後に電話で問い合わせをしました。
「2011年収穫の栃木産で放射線検査でゼロのものだけを商品にしている」そうです。

~良かった!!

どちらのメーカーさんもすごく親切に応対してくださいました。
こうした問い合わせには十分慣れているのでしょう。

小麦は一度に食べる量が比較的多いので、余計に心配していました。
放射能など気にしない方もおられますが、作る側として「入っているもので微量でも内部被曝させてしまう」のは気が引けるものです。


※モニタリング調査では麦類の汚染も確認されていて、関東でも3ケタのセシウムが検出されている所もありますし、現在の暫定基準では500㏃/㎏まで出荷okなのです。

畑の土や生産者さんの取り組みによって違うのか、汚染度によって違うのかわかりませんが、比較的近い地域でも3ケタの汚染を出している場所とNDの場所があったりして、放射性物質がどのようになっているのかわかりにくいと感じます。
(モニタリング結果~県というくくりで安全・危険を言えないように見えました)


食の安全を考えると、いろんなことを考えなければならず、生きていく限りいろいろなリスクを受け入れていく必要もありますが、被曝ときくととても怖く感じます。

最近、水の検査がセシウム合計10㏃/㎏以下になり、神奈川県でも不検出となりました。
今までの半分の検出限界で、より一層の安全度が確認できました。
(よりより取り組みに感謝しています)

食品の問い合わせを時々しているのですが、メーカーさんによっては汚染度の高い地域にもお客さんがいたり、取引先があったりで「○○は使っていません」等と公にするのは難しい事情があるようですが、きちんと安全を確保しようと活動しておられるメーカーさんも多いと感じています。

(一方で公に「国の基準で安全」という認識を示してくれているわかりやすいメーカーさんもあります。)

わからないことは作った会社に聞いて、個人レベルで決めている安全基準の中で安心して食べる。
今私はそうしています。

農薬や添加物に気を付けるように、放射能にも気を付ける。
だけどわが家は大人世帯なので、数少ない(なら)西の物は買わず、関東のものを主に購入しつつやっていく。
といった感じです。

それでも高知のナス、愛知のキャベツなど、関東物が品薄の時にお店にたくさん並ぶ野菜は時々買っています♪
除染的な面倒な下ごしらえなしで、昔のように気楽に食べられるのですごくうれしいです。
(関東ものは、野菜が不検出でも表面の土にはセシウムなりが含まれているという認識は必要でしょう)

チェルノブイリ事故では地産地消の地域が多そうだったので、それと比べると食料自給率の低い日本は放射能に関してはやや助かっている感があるかもしれません。

-----調べてみると本当に海外のものが多くて驚きました。
産直生協などでは国産物も多いです。

安全についても心配しますが、将来の日本の農業についても考えたい-----
産地や検査結果も大事。

現実的にお財布事情を考慮しつつ選んでいかなくちゃ!

そしておいしく食べる♪
やっぱり幸福感も大切だから。















関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。