Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

伐採した木?

3.11直後の原発事故で、放射性物質が東北から関東地方まで飛んできました。

私の住んでいる神奈川にも・・・・
個人的には当初の土壌調査などから東京よりも少ないのかなと思っていましたが、どうなのでしょう。

スギ花粉の時期に入る前に、近所の林や公園の気がかなり切られていました。
※杉対策かは知りません。切られた杉は確認していますが、他の木もあるかもしれません。

秋の台風で倒れたものもあるでしょうし、間引きかもしれません。
この作業は、今まで気にしていなかっただけで、毎年していた作業かもしれません。

・・・・・気になったのは、その木がどこで何に使われるかということ

関東よりも汚染の少ない秋田県の薪でも、灰になって濃縮すると不検出から200㏃/㎏超のセシウムが検出されています。

石窯のオーブンの薪やら、これからのキャンプの薪も心配に・・・?

椎茸の原木(杉は使わないのかな?)、オガクズ菌床など・・・さらにもっと? 用途はいろいろありそうですが、汚染が大丈夫なのかどうか非常に気になります。

自分の住んでいる場所が「汚染されている」と言うのは非常にさびしい事ですし、心がなんだか傷つきます。
神奈川は大丈夫と思っていたい気持ちは常にあります。

秋に座間市の芹沢公園の落ち葉の上をエアーカウンターで測ってみました。
数値は0.15マイクロシーベルト/時でした。
この場所は夏まで0.07-8程度でしたので、空間線量が激増していなければ落ち葉が怪しいのかなと考えました。
※素人考え

その付近の県央地区の木材、どうなったのかなぁ・・・・

この芹沢公園の木もたくさん切られて(切るのは理由があるのでしょうし異論ありません)、積まれていた丸太はどこかに行ってしまいました。

近所の林(複数)でも、同じように丸太になって積まれていたものが消えています。

公園には木材でできたベンチやテーブルが置かれているので、そうした原料になるのでしょうか。
(知りませんが)

県内のピザ屋さんは「安全な神奈川の薪を使っている」と言ったそうなので、神奈川の薪のセシウムレベルは大丈夫なのかもしれません。

書いたところでわからないのですけど(+_+)












関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。