Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

食生活の放射能ストレス

食品の放射性物質の基準がやや安全寄りにシフトしました。

それでも、椎茸やタケノコなど、日本の食生活になくてはならないような食材が汚染され、牛肉ではまだまだ高い数値で汚染が確認されたりしています。

私はここ最近、以前ほど心配しなくなったのかもれません。
なんだかこの面のストレスがかなり減っているように思います。

大きな理由のひとつは、まぢがぃなく「水の検査基準」です!!

神奈川県の検出限界は0.8ベクレル程度。(セシウム137,134それぞれ)
それ以上のセシウムは現在検出れさていないようです。

-----水はおおむね安心と考えました。(ホッ)

生鮮食品はもともと、ある程度は気を付けてきましたので、そのまま継続しています。

原発事故後の米を使った調味料などが出回るようになり、新たな心配もありますが、現在は産地の分かるもの、またはセシウムを計測したものを購入しています。

加工品につても、特にたくさん使うものは出所のわかるものか、計測したものを購入。
なので、家でご飯を作って食べる場合は、深刻に心配しなくてよいと思っています。

外食はもともとあまりしないのですが、いくつか情報を公開してくださっている信頼できるお店もあるので、外食の時はそちらにという心強さもあります。

あまり選べない時(私にはあまりない)でも、主食にお米をチョイスしないならやや危険は減るかなぁと思っています。

外食に行きたい気持ちは山々なのに、息子の予定が合わないのでなかなか行かれなくて悲しい(-_-;)です。
私と夫だけが外食をすると、息子は適当なものを食べてしまうという事なので・・・


それにしても、食料自給率の低い日本・・・。
これがチェルノブイリの自給自足の地域との違いがあるのかもしれません。
※被曝という点においては

今日私はニュージーランドのカボチャを煮ました!
甘くておいしいです♪
前にコストコで山積みで売られていて、すごく食べてみたくて購入したのでした^m^
日にちがたってしまいましたが、大丈夫でした。

安全度を気遣う販売者さんたちも増えているかもしれません。
メーカーさんたちにも頑張ってほしいです。

皆で未来をまもれるなら・・・・・
本当にそうなってほしいです。








関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。