Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

独自基準はやめて・・とは!

食品の放射性物質の基準が、暫定基準から少し安全側にシフトしたことは歓迎していますが、個人的にはいくら安全と言われても高いなぁ~と感じています。

同じ感想の方がある程度多いので、食品メーカー(生産者)、生協や食品スーパー(販売者)、そして飲食店などが独自基準を設けて運営してくださっています。

私の利用している生協でも独自基準があり、こまめに検査もなされています。
そうした取り組みがあることで、安心して物を購入でき、食べる事とができています。
外食の時も、お店の取り組みを調べてから利用しています。

私はかなり神経質に調べ、どのメーカーの何を買うか、ホ-ムページをみたり問い合わせをしたりして、納得したものを購入しています。(※お財布事情にあわせつつ)


そんな折「独自基準をやめて」というニュースがありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120421-00000027-mai-soci

農水省が国の基準があるので混乱を付けるため独自基準で運営するのはやめてと求めているという内容です。

確かに基準がいくつもあるというのはアレですが・・・・

今までも農薬にしろ、遺伝子組み換えにしろ、化学肥料とか添加物とか、様々なものに国の基準がありみんながそれを守ってきました。(そのはずです)

しかし国の基準からさらに安全側にして頑張る農家さんなりメーカーさんなりがあって、「無添加、無農薬、有機、遺伝子組み換えでない」などの商品が作られ今もお店に並んでいます。

消費者は自由にそのなかから好きなものを選んでいたのですから、何も放射能だけ特別に独自基準はやめてという事もないような気がします。

この独自基準が生まれた背景には、それぞれのメーカーなりお店なりに届いた「放射能の含まれるものは食べたくない」という切実な声がありのです。

これは「子供に放射性物質を食べさせたくない」「将来にわたって健康でいてほしいから少しでもリスクは減らしたい」という切実なお母さんたちの声なのです。

確かに新基準になり、出荷できなくなったものがありますから、生産者側(保障の問題?)に悲鳴!と聞くと、それはすごくかわいそうなことだと思うのです。

だからきちんと保証してほしいと願いますが、かわいそうだから食べて応援を義務づけるのは納得がいかないのです。

致死量も決まっているものを少しだから・安全だからと言われても・・・。

福島原発の事故が起きて、枝野官房長官がテレビで「安全」と何度も言うのを聞いて、すっかり信じていたので関東でも事故後、線量が下がるまで、ある程度余分の外部被曝と、呼吸と食品や水からの内部被曝をしました。

たくさんの人たちが今までずっと我慢してきました。

細々と独自基準をやっていて何が問題なのでしょう。

今までの無添加・無農薬などの表示はなんだったのでしょう。
より安全なものを提供することを認めたから、農水省の「有機JISマーク」があるのだと思います。

いっそすべての基準を水と同じ10㏃か、それ以下に下げてしまえば、問題のほとんどがなくなるように思います。

生産者には正当に補償がなされ、消費者の大半はほとんど心配なく何でも購入できるでしょう。
さらに、それでも心配な人のためにあと少しの基準下げての独自基準は堂々と許されると思います。

こんな事を書きながらも、スーパーに行くと、いろいろなものが普通に売れているように見えますので、国が通知をだすほど独自基準に影響力があるのかいささか疑問です。

もし独自基準が日本全体に影響するくらいの力があるとしたら・・・・・・それはみんな放射能を食べたくないと思っている証拠なのかもしれません。

私は国の努力も認めます。基準が下がったことは単純によかったと思います。

それでも、家族(こども)を将来にわたって守りたいと思うお母さんたちの安心感をどうか奪わないでほしいと思うのです。






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。