Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

かぎ針編み フリルつきショールの途中

購入した「かぎ針編みの教材」の作品№4「フリルつきショール」を編んでいます。

この作品の材料には毛糸が3つ付いてきたのですが、少し前に1玉目が編み終わり糸替えをしたところですっっ

長編みとくさり編みを組み合わせてボックスを3段編んだら、細編みとピコット編みでプツプツを作る繰り返しの所をやっています。

出来上がり寸法が130センチ超なので、まだまだ出来上がりません
※今回も幅を合わせると長さが短いようです。今回はあまり悩まず段数を増やすことにします。
(毛糸が足りるか心配ですが・・・)

この所、パソコンを使う作業(入力)が集中しています。
同じ「指」を使う作業なので、どちらも支障がないように加減を考えて編み物をしています。
まだ、この前の帽子を編んだ時のしびれが残っていますので、十分気を付けようと思います。

少し進み、また休んで・・・という感じて今こんな具合です。
  
フリルつきショール1玉が終わった頃

ヘニョヘニョしていますが、長さが十分になったら両脇に細編み、両端にフリルを編むようです。
以前も書きましたが、この毛糸ふわふわして弾力がありすごくいい感触ですっ

編んでいるうちに色が変わってくるのも面白いのですが、お腹がすいているときに編んでいるとなんだかハムやベーコンに見えるから不思議ですっ!?

・・・芸術より食な私って・・・

今回の教材は藤久さんというところのテキストのようです。
ウィスターという毛糸屋さんだと聞きましたが、すごくわかりやすいテキストです。

編み方で「わからない」という事がありません(今の所)


そういえば、先日図書館で借りてきた本に出ていたモチーフの練習をしてみたのですが、編み図通りに編んでいるつもりなのに、ちっとも写真のような形になりませんでした(-_-;)

初心者向けに手順が書かれている本ではなかったので、よくわからないまま終了となりました・・・
素晴らしくステキな作品は難しい」という事だけは私にも理解できました。

それにしても手仕事って楽しいけど、不器用物が上手にするのは難しいものですね。

朝ドラの梅ちゃん(←今昭和21年頃)でもたくさんの手編み作品が登場します。
ショールやマフラー、カーディガンなど・・・・
あんな風に編めたら素敵なのになぁ~と思います

国を問わず衣食住は日常ですから、特に昔は手仕事が当たり前だったのでしょう。

今は服をお店で買えるので助かります。
不器用な私が手仕事当然時代に生まれなかったことは本当に幸せだったと思います。←コレ本当

つい先日息子がスーツのスソを切ってしまったのですが、私の思うように動かない指よりも、ぎこちない息子の指のほうが上手に針が使えますので針の方向など縫い方を教えて自分で直させました。
すごくきれいにできていてホッとしました♪

編みかけのショール(マフラーのようですよね~)はまだまだですが、楽しく時間が過ぎていくのでやっぱりよい趣味です♪

いつか身に着けられるものができる日を夢見つつ・・・・飽きるまで編み物ライフを満喫したいと思います





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。