Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パルシステムの自主検査は安心だった♪

食品中の放射能が気になったり・ウンザリしたりしながら毎日いきています。
今日はパルシステムの検出限界について書きます。

先週のパルシステム注文の時に気が付いたのですが・・・・
毎週注文用のカタログと一緒に入ってくる「カタログ掲載商品の放射能情報」にこんな説明がありました。

「◎検出限界について…パルシステムでは、数多くの商品を検査するため、検出限界はセシウム134,137それぞれ10㏃/㎏、指標数が10㏃/㎏の商品群についてはセシウム134,137合計で10㏃/㎏で測定しています。」

↑この説明だと検出限界はセシウムの合計20㏃/㎏になってしまうのでは?と疑問になりました。
さっそくパルシステムに電話をして聞いてみると、折り返し詳しい方からお電話がいただけることに!


お電話での説明は-----
10㏃/㎏を保障するためには、例えば134が3㏃で、137が7㏃という事もあるという意味らしいです。・・・う~ん理解が今一つですみません。

検査そのものはセシウム合計10以上を公表するために検出限界を3~4㏃に設定して検査をしているそうです。

それにしてもすごいなぁ~ やっぱりパルシステムでよかったなぁと感じたのでした。
これで日本の食にも少し貢献しつつ、安心して購入できます。

※もちろんパルだけが良いわけではなく、測定しながら販売しているミニスーパーのチャンプールさん(相模原市)をはじめ、近くのお店でもきめ細かい対応がなされている所も増えてきました。

それにしても、放射能対策を続けていくにはパワーが必要ですね。正直疲れます。
安全については頭の片隅でちゃんと気にしつつ、おいしく楽しく食べたいものです。


ちなみに今日はスープカレーを作りました♪
毎週見ているあのカレーのドラマを見ると必ず食べたくなるのです。

ホームベーカリーでパン生地を作っていて、平たいパンも焼きます!!
ロールパンのリベンジはまだですが、それはまた今度










関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。