Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放射能時々曇り

あの事故から、放射性物質は身近なものとなってしまい生活は少し変わったものになりました。

神奈川県の私の住んでいる所で空間線量をエアーカウンターで測ると、0.05未満~0.08マイクロシーベルト/時という数値がでます。

・・・・事故前よりは少し高いかもしれませんが(?)、事故後の高かったころよりかなり下がっているという印象を持ちます。

食品についても基準値が下がったことで水道水などかなり厳しい数値で出されたり(水の2㏃/㎏以下の検査)、市民による測定によって知りたかった加工品の汚染が明らかになってきたり・・・・

私はパルシステムを利用しているので検査したものを購入することもできます。(パルの場合は10㏃/㎏以上にならないと数字公表はないですが)、企業・市民・・・多くの方々の努力によって、以前よりも選びやすくなっているとは思います。

それでも身の回りから放射性物質がなくなっているわけではない現実を考えると時々心が曇ります。

2011年までは、生きていても少しも深刻に考える事のなかった問題。
放射能と災害と、その後の社会と人々と・・・・・

マニュアル社会になって久しいこの日本で、正解がわからない問題を抱えたまま生きていくことの難しさ。
和を重んじる風潮の中で個を尊重することのむずかしさ。

今は多くの人が、かなりの重荷を抱えながら生きています。
たぶんもうそれだけで大変なことだと思います。

その中で実現可能なたくさんの選択肢を持つご家族と、そうでないご家族がそれぞれたくさん存在するのです。

それぞれに事情があることを考えると、これから自分がどう生きるのかを本当に考えさせられます-----
正解はないのに・・・

今私がしていることが、将来のある人々を困らせないのか・・・・
逆に、将来の家族を悩ませたりしないためにはどうしたらよいのか・・・・

そんなことのはざまに立つと(主婦なりの事しかできないのに、それでも)足がすくみます。


気晴らしになるのでのめり込んできた編み物が手指のシビレでできなくなったここ数日、やっぱり頭の中は暇なんだなぁ~心は少し曇りますっ




関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。