Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

結論の出ない問題(放射能など)

福島はや原発、放射能の事・・私にとっては、最近書いても公開できずに削除を続けてきた問題なのです。
複雑な問題で、みなさんそれぞれ考えていて、いろいろな意見もおありでしょう。

わが家は大人世帯とはいえ、私は時々心が揺れたり、いろんなことが恐くなったりします。
現状(居住地の)空間線量は下がっているようだし、多く食べるものに注意しながらやっています。

気にしすぎて(※幼子はいない)ストレスフル状態になるのももういやだし、気にしなくてたくさん被曝するのも恐い。
なんだかすごく複雑な気持ちを引きずりながら時間だけが過ぎていき「なんとかやっていくしかない」状態です。


今日書きたかったのは、時々ニュースやドキュメント番組でも取り上げられる、まだまだ続く汚染の事、食品に含まれるセシウムのことなどを書いた場合の反応です。
(最初に書きますが最後まで読んでも結論はありません。ごめんなさい)

最近、食品の安全性を検証し続けているいくつかのネットメディア(有名どころ)での炎上?状態を目にしました

立場が違えば守りたいものも変わってくるし、異なる意見に強く反応したくなるのかもしれません・・・
反対意見を述べるにとどまらず、なんだか活動を邪魔している風にも感じられる場面も・・・微妙な空気感です。

人が生きていくうえで「より安全」を求めることは「(事故前から)してもよい事」ですが、コト放射能汚染で「より安全」を求めることが、ある地域・職種等を排他的に扱う事ととらえる感があるのかもしれません。(多分アノ事故前にはなかったことなので)

意見述べることそのものが間違っているわけではないし、自分(またはある種の集団?)が検証したことを発表する事も間違ったことではありません。

情報を知りたい方が見て安心したり気を付けたり(それぞれ個人的に)しているのですからかなり意味があります

個々人がもし被曝に関しての基準を持っているなら、その結果を見て購買の参考にすることもありえるかもしれません。

~私もパルシステム(生協)でセシウム合計10㏃/㎏以下とわかっている食品を購入しています(スーパーでも買い物します。)し、やはり各測定値は参考にしています。

食品の汚染度を調べている方々が、仮にご自身やご家族・ご友人には食べるようには勧めないかもしれない食品がもしあっても、食べる方を特に非難する事まではしていないようです。

あくまでも自由な立場で化学的にでた数値を見るということ
・・・ある方は(個人の)安全を求めたくて見るだろうし、気にしない方は見ないでいることもできる選択可能なメディアですし。


前に神奈川県に住んでいる私が原発事故・汚染を「恐い」と感じて書いたことを、福島の方に対する配慮が足りないと意見されたことがあります。
~福島にいることは私が想像できないくらい恐いのだと・・・・。そうかもしれません。

恐怖は感じるものなので、私も恐いと感じたので(実際神奈川でしたが恐怖症)書いたのですが・・・・
神奈川県で放射能が恐いと書くことすら間違っていたのでしょうか・・・・


もしこれが暑さと熱中症の事だとしたら-----
「今日の関東は暑いので熱中症に注意を」と言われているような猛暑日、神奈川で「暑い・暑い。熱中症に気をつけなきゃ」というと、日本一暑いといわれる熊谷の方に配慮していないことになるのでしょうか・・・・

当たり前ですがそんなことはないでしょう。(そんなこと考える人さえいないでしょう~)

暑い日に健康を守るためにスポーツドリンクを飲んだり、水浴びしたり、暑い時間の激しい屋外行動を控えたり、エアコンを使ったりすることは(他の地域の方へ配慮して)神奈川では不要という事は絶対にないのです。
NHKでさえ節電の夏でも「エアコンを適切に使う事も求められる」的なことを言っていました。

----熊谷の方も暑いでしょうが、神奈川も暑いのです
お互い熱中症に気を付けましょう~


----福島の方の恐怖はいかばかりか・・・・それでも神奈川の私も恐いのですという事なのですが・・・・。


そういう意味では、原発・放射能・汚染関連の話は激しい反応が起きやすいテーマなのかもしれません。



思い返せばあの震災直後、日本中のみんなが被災地の方々を心配していました。

だふん今炎上しているメディアのどちらの立場の方々も、その時同じ気持ちだったでしょう・・・
その後、汚染状況がわかってくると(さらに各種情報不安もあり)「守る」とか「守り方」に違いが出てきたのでしょうか

-----色んな意味で、この問題は難しく、感情に響く問題なのかもしれません。
既に口に出して気軽に話せない風潮ができているほどデリケートな問題なのです。

ある地域を大切に思いつつも、家族の(小さな子供なら特に)を守りたい場合・・・・どうしたらいいのでしょう?
個人や家族の問題と割り切ってしまわないと、切ない気持ちで結論さえ出せません。

しかも家族を守りきるための情報は十分とは感じられないので、探し、測るというのがこれまでの自然な流れだったのかもしれません・・・・。


私の基準(私と家庭だけの基準)は、上に書いたようにたくさん食べるものに特に注意をし、計測している生協でも買い物をするなどして(0ベクレルにはできなくても)全体のセシウム量を下げようとしています。
---言い換えれば食べない食品(ドカンと数値の出るもの)もあるという事です。
(計測されている食品で納得できれば地域では選ばない前提で)


ある方はなんでも食べるといい、ある方は少しでも放射能があるとイヤという。
この点家族構成や立場によって考えが違ってくるのは当たり前です。

金子みすゞさんの詩のように「みんな違ってみんないい」と、それぞれの基準や行動を尊重することも大切でしょう。

経験したことのない事態で、まだ1年ちょっとしかたっていませんから、専門家以外の殆どの方はこの問題の初心者なのかもしれませんし。

一方で、ある地域を大切に思う気持ちをどうしたらよいかも課題---思う気持ちは、きっとみんなから消えたわけじゃないと思うから・・・・・

結局は(居住者も生産者も他地域の消費者も)個人レベルで解決できる範囲を超えているでしょう、何を考えても個人的な結論さえ難しいのですから。
(※支援が内部被曝となるとかなり気が引ける面があります)

----決められるのは個人や家族、あるいは特定の集団(施設・企業など)の基準だけ・・・・。


本当にあれさえ起きなければ…という事になってしまいます。
変えられない過去に、今は時代は本当に残酷で難しい問題を突き付けられているんだなぁ~という事だけは理解できます。


弱いオツムで難しい問題を考えてしまい、私は頭が疲れてきました(-_-;)フウ
久しぶりにこの話題の長いブログですみませんm(__)m







関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。