Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

手書きを見直した

ipadが交換修理から戻ってきて、いろいろな設定をもとに戻し、気になっていた手書き入力アプリをいれたことを昨日書きました。


メモして消してしまう程度のものは、手書きオンリーのノート(メモ)タイプのアプリが私には合っているようです。
紙にペンで書いているように使えます。
書いたままを保存することができますし、簡単に消せてゴミもでません。
(私はPenultimete使用。goodnotesも使いましたが前者の方が雰囲気好みでこちらを。)


書式に合わせて手書き文字を残したり、手書き入力でもテキスト変換したい場合は、7notes for iPad を選びました。(アンドロイド用も発売されているらしい)

理由はipadの入力が苦手だから・・・。(ですがやってみるとローマ字打ちもそんなに遅くはないんですょ~)
まぁ、思考を妨げず、ストレスなく文章を書くために、いろいろと模索したのです。

※atok padはお利口そうなのですが、結局はキーボード入力なことで止めました。


購入したそれぞれを使って、いろいろな文章を書いてみました。


書いたものを人に見せるとか、何か別の用途にも使いたいなら、やっぱりテキスト変換される方がいいと思います。(私は平仮名ばかりになるので・・)

テキストだとメールとか、タスク管理などいろいろなものにそのまま使えます。


でも、「手書き」をやってみたところ改めて「手書き」という行為そのものを見直しました。

今まではいろいろなものをキーボード入力することが普通と思っていたので、そのラクさ加減は十分理解しています。
労力の面では手書きはキーボードを超える事はないと今も思っています。

ですが、「書く」という行為そのものの満足感は、紙とえんぴつから、padと専用ペンになったとしてもあるんだなぁ~としみじみ感じました。

書いても、結局はテキスト変換をするのですが、それでも書くことは何か気持ちがいい事なのです。

まぁ、このブログ1回分の分量を手書きしたいか?と言われれば、できたらキー入力したいです(^_^;)

でも、キー音が迷惑になる会議や講演会のノートなど、通常は手書きでしてきて、後でパソコンで清書をすると思えば、その場で手書きメモがテキスト化できるメリットはかなり大きいと思います。


個人的に何かの話をノートにまとめたりする事が多々あります。
いつもはパソコン入力で行っているのですが、コレを手書きでその場でできるなら・・・・。

もっと頭の中が整理れ、記憶できるのかもしれないと感じます 
※残す文章をテキスト化したとしても。


7notes for iPadの作者さんが「手書きへのこだわり」を語られていたのを見ましたが、「手書き」ってそれ相応の魅力があるのですね~♪

かなり見直しました。


そうは言っても今日のブログもパソコンのキーボード入力で書いています。
やっぱりラクさではかないませんから・・・。







関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。