Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

iPadの日本語ソフトキーボードって

相変わらずiPadの文字入力に苦慮しています。

もちろんコレを素早いローマ字入力でできれば問題がないのですが、速度も上がらなければ頭のモヤット感(イラット感)もストレスです。

ローマ字入力だと一文字につき、1~3タッチ必要です。
私の弱いオツムではタッチ数というよりも、ローマ字変換で頭がショートしそう(-_-;)

それなら!とiPadの「日本語カナキーボードを極めよう!」と思い立ちました
コレだと頭の中の変換作業も不要で「あいうえお」順のキー位置をマスターすれば速度も上がるかも~

早速メモ帳アプリでソフトキー日本語かな入力をやってみました。
「わ」は「わ」一文字で入力ができることはわかりました。
頭の中でローマ字変換をしないのでモヤっと感はありませんが-----

単純なあいうえお表なのに、どうもやりにくい」どうしてだろう
たわいもない文章を入力しながら、アレ?? 違和感の理由がわかりました。

下の写真がiPadの日本語キーボードです。(クリックで大きくなります。たぶん)
iPad日本語ソフトキー

普段使っている日本語の場合、横に並ぶ文字列だと「左から右へ」文字が並びます。
縦書きだと、文字は「上から下へ」、列は「右から左へ」並びます。

iPadのキーボードの場合は、縦書きに「あいうえお」が並んでいるのに、列は「左から右へ
なんか違和感があるわけです。

※この並びはATMでもあるらしく、一般に機械操作が左上からするので自然の流れコレはコレでいいらしいです。配列は銀行によって様々あるそうです。

キー入力って感性や慣れの問題なので、頭が固まりかけた私には新しいことが取り入れられないダケなのでしょう。
~ローマ字入力完璧の友人は何のストレスもなくiPadを使いこなしています。

私は文句ばっかり言ってしまいますョまったく~(-_-;)

若いころJISカナ配列を覚えるときは、画面横にキー配列表を置き、キーボードと指が見えないように段ボールをかぶせて、ホームポジションからの指の運搬を練習したものです。
(※ワープロ時代で、今のような楽しいタイピングソフトもなく「はしとちまのりれ」から練習です)
(※当時流行った親指シフトもやりました)

指がキー位置を覚えたら、精度と速度を上げるだけ。かなり昔にやったことなのに今も役立っています。

聞き取れる早さならそのまま文字おこしも可能----つまり入力に頭は一切使っていないということなのです。
(7ノートの後から手書き→テキスト変換するよりも、PCで新たに入力したほうが早かった・・・)

ローマ字も日本語かなも、ソフトキー自体に嫌気がさしてしまいました。

快適だったiPadの音声入力もios6にしてから途中で止まってしまうし・・・どうしましょう。(-_-;)
iPhoneが来てもやっぱり入力は苦労するのかなぁ・・・。


日曜日には夫のNexus7も届きます。
(androidの7インチタブレットです)

夫のスマホ、私のiPadとiphone5に対応した外部キーボード(日本語jis可)---そんなのがあれば----「あなたも使えるのよ~」ってねだってしまおうかなぁ・・・。

こんな事なら私はウインドウズタブを待つべきだったかも(でもアプリは絶対iPadの方がいいだろうなぁ)・・・・・!?

パソコンもあるのに、なんか完璧に自分にまけています(>_<)

※10月22日で予約からひと月ですが iPhoneまだ来ません。



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。