Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やっぱり地震は恐いから

世界中で日々地震が起きています。
中には大きなものもあるので、やっぱり地震って恐い
防災・減災といっても、地震はいつ起きるかわからない・・・・。
トンネルが崩れたような「今まで安全と思っていたもの」がすごく危なかったりすることだってあるかも・・・。

以前からココに書いていますが私は地震予測の「くるかも」で有料メールをいただいています。
(au携帯の時210円/月、スマホの今は350円/月)

また最近、ハザードラボの無料メルマガと、毎週の予測番組を見ています。(スカパー216またはスマホアプリ、ハザードラボHP)

それからツイッターで麒麟地震研究所(国際地震予知研究会)さんの情報を見ています。

それぞれが観測所で、地震の予兆をとらえていて、その予測をだしてきます。

※ハザードラボさんと、麒麟さんには有料会員登録をしていないので、限られた情報でしょうが地震予測は不可能」とされてはいても、(くるかもも含めて)地震についていろんなことが解っているんだなぁ~という印象を持っています。

(地震予測については、それぞれの研究者さんたちが、いろいろなものを計測しているようですが、複数の研究所で同じ地震の予測が出るとか、何かしら地震に関係しての事がわかっているみたい。・・・科学的なことは難しくて説明できないので、関心のある方は文末の参考サイトから情報をご覧ください。)

さて、予測情報を日々チェックしている私ですが、大きな地震予測が出ると親兄弟に電話をかけては「地震が来るかもよ、気を付けてね」と慌てています

何事にも大げさなリアクションなのですが、コト地震となると関係するのが命になってしまうので、海の近くに行くことの多い息子にも「地震が来たら高いところにすぐに逃げるように!」と必ず声をかけています。

※来ないこともありますがもちろんその方がいいのです!予測を出している方々もそう思っている事がメルマガなどで伝わってきます。誰でもそう思いますよね。あんな思いは二度としたくないです!

地震予測が出ても、先に延びることはしばしばですし、複数の地震のノイズを大きな地震と予測されることもあるかもしれません(よく和解できていない私です)

それに予測は(例えば雨の降り始めの時間を予想するような)ピンポイントにヒットするような情報まではわからないという現実もあります。

少なくとも一般人の私は大幅な日程のどこかこの辺の地域で、どれくらいの規模(マグニチュード)という大まかな予測しか見ることができません。

では予測を知って、実際何ができるのかというと・・・・・水を汲みかえたり、キッチンカウンター上に食器を長く乗せないようにしたり・・・という程度しかできません。

それに(私の住んでいる)神奈川県で、311以降エレベータやガスが止まるような地震は起きていない現実もあります。

地震予測を見てヒヤヒヤしている分少し損をしている気もしますが、知っても知らなくても私の場合は「くるならこい!」という気持ちにはなれないと思います。(地震恐怖症になったし・・・)

そういえば以前NHKでもやっていた地震予知の方法もすごいと思い出し、NHKスペシャルのホームページょ調べると、細かい番組内容てばなく、興味深いディレクターさんのコメントが書かれていました。

一部→ 科学者は東北沖に巨大地震のリスクが潜んでいた事を予測できていなかったことを強く悔い、これまで以上に言葉を選び「分からないことはあいまいにせず、分からないとはっきり言おう」と努めているように見えました。と。なんか納得です。

MEGAQUAKEⅡ 巨大地震「第1回 いま日本の地下で何が起きているのか」サイトはここです。

地震予測がこれからも進む事を期待しつつも、恐ろしい大きな地震が来ないことを心から望むばかりです。


参考サイト
くるかも----http://www.kuru-kamo.com/

ハザードラポ----http://www.hazardlab.jp/

麒麟地震研究所----http://www.npo-iaep.org/
同ツイッター----https://twitter.com/kirinjisinken




関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。