Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

年代物の赤い毛糸

先日実家の母に毛糸をいただいた。

「クラウンハイブレンド」という毛糸で、色は赤。それを3玉。
赤い毛糸

最近あまり見ないような、目の覚めるのようなです。
あんまりきれいな色なので、何かを編んでみようといくつか試しました。

クローバーサイトで教わったフラワーアフガンでひざ掛けと思って編んでみたら、編地はホッコリかわいいのに、輪にしない編み方がわからなくて断念。

ほどいた糸をストールにしては?と編みはじめてみました。
編んでいて元気が出てくるような赤です。

アカイストール

ですが・・・・・すでに糸玉に戻っています。

暖かいようにと編み図よりも模様を増やしてしまったことと、糸を二本どりで編んでしまったこともあり、なんと(---当然!?)糸が足りませんでした

自分ではギリギリ大丈夫かもと思っていたのですが、夫に計算してもらったら縁編みを諦めてもそもそも糸は足りないと----そっかぁ~残念。

だけど、とてもいい色なので、いつか何かにしてあげよう!!と思いました。



さて、この古い糸が以前何に使われたのか、母に聞いてもはっきりは分からないらしいのです。
ちなみに非常に不器用な私の母ですが、母の方は洋裁も編み物もとても上手でレース編みの大作も仕上げていたほどです♪

赤い糸の記憶といえば----私が幼いころ着ていた母の編んだジャンパースカートが思い浮かびました。
または私の記憶にはないそれ以前かも・・・??
だとしたら30年以上前のものかもしれません【※少しだけ自分を若く見せようとしています】

糸は少しミシンのにおいがするので、大きなミシン箱の中に入っていたのかもしれません。
(ミシン台が箱型で扉を開くとイスなどが出てくるミシンでした)

楽しかった赤い糸の編み物はしばらくお休みして、次は予定していた座布団を編みます。

 右側が毛糸セットです。
円座セット

ちゃんと編めるといいなぁと思っています。






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。