Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mameyou.blog59.fc2.com/tb.php/236-24ba3d96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

子供は王様じゃない・・・個人的育児論

シェアブログ294に投稿

今朝のニュース・新聞で 全国の公立小学校での 校内暴力が増加していることが報じられていました

「注意されると逆上」「トラブル仲裁する先生に暴言」など たくさんの事例も紹介されていました

そもそもどうして 子供たちにこのような状況が見られるのでしょうか?

公立小・中学校の校長先生への調査では20年前に比べて
  「子供の教えやすさ」では72%が「悪くなった」
  「家庭の教育力」では90%が「悪くなった」という結果でした
   (※ベネッセ教育発見隊より)

家庭の教育力が下がり 子供を家で教えなくなり 親のいうことさえ聞けない(いわば 野放しの?)子供たちが いっせいに学校に預けられたら・・・・当然 先生の言うことなど聞けるはずは無い! と私は思います 間違っているでしょうか??

家庭の教育の力は 実はとても大きいと思うのです 何も「読み、書き、そろばん」というのではないですが 
親が子供に教えられることって 際限なくあるのではないでしょうか?

たとえば
◆話をよく聞ける人になること(もちろん前提には子供の話をよく聞く親・大人が必要です)

◆人に感謝することを教えること(人の親切に触れた時にやり過ごさずに注目させればいい)

◆進んで学ぶ姿勢を身に着けること(興味を持ったことを認めて伸ばしてあげる)  等など

子育てをしてみて思うのは 親として特別な能力(学力等)は必要ないのですが たくさんの時間が必要だったということです

教えたいことがありすぎて いくら時間があっても足りない・・・そんな風に思った時期もありました(※机でのお勉強ではなくて ドロ遊びの楽しさや 風の気持ちよさ 緑の美しさ 等など)

親が正面から子供と向き合うなら 子供は自分の必要が十分に満たされていることを 感じ取ることができるようです

今はとかく 誰かの責任にしたい時代かもしれません
子供が何か親の思うようにしかないと「学校の責任」「お友達の責任」・・・というわけです
もし 親がそう思っているなら 子供も同じように感じて 誰かのセイにしたくなるでしょう

もちろん何か極端な事件などの場合 実際にそういう場合もあるでしょうが
日常の些細な事柄の場合 スベテが他人の責任であろうはずがありませんから
子供本人や 育てた親は 事実をもっと真剣に受け取る必要が生じますね

子供は王様ではありませんっ!! 
小さい時から甘やかし 「子供がいいなら~ 子供が喜ぶから~」だけで 
子供自身に「自分のして欲しいことだけが満たされればいい」などと思わせてしまうと 子供は我慢を学ぶこともできず 他者への思いやりが育ちませんね
親は 子供の思春期に とんだシッペ返しをくらうことになりかねません

子育ては 地味な仕事に思えるかもしれませんが 一人の人間を育て上げる 壮大なプロジェクトです
楽しまない手はありません!

普通の大人になる人間を育てるのであって 王様教育をするわけではないのです 何か特別な能力に子供が秀でていたとしても(その能力を伸ばすことはよいですが) 人として本当に教えなければならないことを 親が小さい頃からシッカリ教えることがとても大切だと思います

そうしてきた親の皆さんを知っていますか?きっと たくさんいらっしゃることでしょう~

私も両親に感謝しつつ 私自身の子育ても十二分に全うしたいと思っているのです

★コメント・トラパ・記事の辛口評価 大歓迎です★


FC2 Blog Ranking

小花ライン

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mameyou.blog59.fc2.com/tb.php/236-24ba3d96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。