Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C331] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-09-02
  • 投稿者 :
  • 編集

[C161] pi-nomimi さん

コメントありがとうございます。そんな風に考えてくださる方がいてうれしいです。1人でも多くの苦しむ子供たちに光が当たって欲しいと思うのですが・・・。
  • 2006-10-20
  • 投稿者 : 管理人まめこ
  • URL
  • 編集

[C160]

又、弱いと思われる者が死を選ぶ事が増えれば、糾弾される者が出て、弱さを選んだ側と世間の責苦を受ける側にまわります。もう、弱い者に善悪を教える事も強くなることを教えたり励ます事すら人として出来なくなってしまいます。それで弱い者は救われるでしょうか。又、教える側における、人格の未成熟もこれからますます増えるでしょう。親が公共の電車に子を連れて乗り込み、高齢者を押しのけて座席を子に取らせる姿を見るにつけこの国の将来が、明るい展望を持って見る事がだきない悲しい時代だと思っています。まめこさんや皆さんはいかがお感じになられますか。
  • 2006-10-19
  • 投稿者 : pi-nomimi
  • URL
  • 編集

[C159]

困った世の中になりました。いじめる側も自殺を望む者も、終いにはどちらが加害者か被害者か分からなくなる位、混沌としてしまい善も悪も明確にならない、怖い時代だと思います。メディアにおける報道もいたずらに追随者を呼び込みかねないような感さえあります。心が弱いのは皆同等でありながら、勝ち組、負け組みなどという人間の分け方が一方で大きなひずみとなって、目に見える弱さを認めない、力で封じ込めてしまうという、陰湿さを生んでいます。
  • 2006-10-19
  • 投稿者 : pi-nomimi
  • URL
  • 編集

[C158] きょうは子供が広

きょうは子供が広報するはずだった。
ここにまめまめまめことここで教育しなかったよ。
  • 2006-10-18
  • 投稿者 : BlogPetのうさまる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mameyou.blog59.fc2.com/tb.php/268-4173788f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自殺をしないで!!

最近のニュース・ワイドショーなどで 子供たちのいじめによる自殺が大きく取り上げられています

報道の大きさを見て 「今苦しい思いをして耐えている子供たちが見ていたら・・・・ 新たな模倣自殺が起きないかなぁ・・・・」と 私は心配になってしまいます

もちろん いじめは悪いことですし 大切な命が失われているという事は 深刻に受け止める必要がありますし 親も学校も それぞれの責任を果たすべきだと考えています

私自身1人の親(息子は中学生)として 子供たちの中に 加害者も被害者も出したくないという強い思いを持っています

もし 今辛い気持ちで苦しんでいる子供さんが近くにいたら どうか 話を聞いてあげて欲しい・・・
実際には大変な時間と労力が必要です 簡単なことではないでしょう
それでも 小さな支えを与える方法はあるかもしれない

もし 苦しむ子供さんが見てくださっていたら 心の中に気持ち全部を詰め込まないで 誰かに話して欲しいと願います
「生きる意味がわからない」「居場所がない」なら まだ見えていないそれを もっと探してほしい

命を自分から断つ事は 絶対にしないで欲しい と切に願います
助けを求めれば あたたかい手を見つけることができるかもれしない
もっと探せば 探していたものを見つけることができるかもしれない
そういう希望を決して失わないで欲しいと思います

※たぶん一般的に ご両親に話せるのが一番いいでしょう
でも近くに信頼できる大人がいないと感じているなら スクールカウンセラーや保健室の先生はどうですか?
また 公的な相談機関も利用できます(市町村の広報や教育委員会HP等で無料電話相談を探してみましょう)


皆さんのご意見はいかがでしょうか?


FC2 Blog Ranking参加中です
いつも応援してくださってありがとうございます
m(__)m



小花ライン

関連記事

5件のコメント

[C331] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007-09-02
  • 投稿者 :
  • 編集

[C161] pi-nomimi さん

コメントありがとうございます。そんな風に考えてくださる方がいてうれしいです。1人でも多くの苦しむ子供たちに光が当たって欲しいと思うのですが・・・。
  • 2006-10-20
  • 投稿者 : 管理人まめこ
  • URL
  • 編集

[C160]

又、弱いと思われる者が死を選ぶ事が増えれば、糾弾される者が出て、弱さを選んだ側と世間の責苦を受ける側にまわります。もう、弱い者に善悪を教える事も強くなることを教えたり励ます事すら人として出来なくなってしまいます。それで弱い者は救われるでしょうか。又、教える側における、人格の未成熟もこれからますます増えるでしょう。親が公共の電車に子を連れて乗り込み、高齢者を押しのけて座席を子に取らせる姿を見るにつけこの国の将来が、明るい展望を持って見る事がだきない悲しい時代だと思っています。まめこさんや皆さんはいかがお感じになられますか。
  • 2006-10-19
  • 投稿者 : pi-nomimi
  • URL
  • 編集

[C159]

困った世の中になりました。いじめる側も自殺を望む者も、終いにはどちらが加害者か被害者か分からなくなる位、混沌としてしまい善も悪も明確にならない、怖い時代だと思います。メディアにおける報道もいたずらに追随者を呼び込みかねないような感さえあります。心が弱いのは皆同等でありながら、勝ち組、負け組みなどという人間の分け方が一方で大きなひずみとなって、目に見える弱さを認めない、力で封じ込めてしまうという、陰湿さを生んでいます。
  • 2006-10-19
  • 投稿者 : pi-nomimi
  • URL
  • 編集

[C158] きょうは子供が広

きょうは子供が広報するはずだった。
ここにまめまめまめことここで教育しなかったよ。
  • 2006-10-18
  • 投稿者 : BlogPetのうさまる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mameyou.blog59.fc2.com/tb.php/268-4173788f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。