Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

さよならの仕方

義母(姑)が亡くなって数日たちました 
日中は忙しくて あまり考えている時間がないのですが ふとした時に義母の笑顔を思い出しては悲しくなります
 
今日は お菓子入れの中のチョコレートを義母がくれた時の事を思い出しました
それは ほんの数週間前の事 私も息子も好きだからと お値段の張るチョコなのに 二つも買ってくれていました

我が家と義母の家は 歩いて数分なので よく行き来しては おしゃべりをしたものです 

・・・・・故人との思い出は 見送るそれぞれが持っていて これからはそれを大切にしながら生きていくのですが 今は さびしさと悲しさが大きいのです
かかわった皆が さよならに対して それぞれの表し方をしているのだと思います

いつもは元気な息子も 大好きだったおばあちゃんの死を経験して 体温調節機能が壊れ 体温が下がり 汗が止まらなくなりました

息子の異変に気づいてからは あえて気分転換をさせながら 時々おばあちゃんとの楽しかった思い出話しをしています

人の死に関しては 自分もすごく悲しいので それだけで精一杯になっていましたが 子どもにはいっそうの気遣いが必要だったと反省しています

告別式が済めば 義母の家の片付けに入りますが 義母が大切にしていた品々を義母がもう使う事がないのだと思うと また悲しい気持になります

突然迎える事になった義母の死でしたので 受け入れるのは簡単ではないでしょう・・・
時間をかけながら ゆっくり義母のいない生活になれていくしかないのだと思います

FC2 Blog Ranking参加中
いつもクリック応援をしてくださり ありがとうございます


小花ライン
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。