Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C800] Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
みんなの頑張りに心があたたまります。
引き続き頑張っていきたいと思います。
  • 2011-03-19
  • 投稿者 : まめまめまめこ
  • URL
  • 編集

[C799]

被災者の皆さま、親類、友人の方々、心からお見舞い申し上げます!
あちこちで募金活動等何かできることはないか、被災地以外の件では活動を頑張っていますので、頑張ってください!
  • 2011-03-18
  • 投稿者 : 引越し
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東北関東大震災など

平成22年3月11日・・・東北から関東に大きな地震がおき、一週間たった今も大変な状況ですね
心からお見舞い申し上げます。


私事ですが・・・・・

私の家では2月の末から引越しをしていました
近所だったこともあり、ちまちまと荷物を運んでいて
ちょうど全部の荷物が運び終わったとたんに大きな地震がきたのでした

その日私は引越しの疲れもどーっと出て体調不良だったため、愛犬と静かに過ごしていました。
お気に入りに長椅子にのんびり座っていたところに地震がきました。

皆さんもそうだと思いますが、長くて大きな地震で本当に怖い思いをしました。
千葉・東京に行っている夫、横浜の息子。連絡が取れず、どうなっているかわからないなか、千葉でのコンビナート火災のニュース。すごく心配でした。実家の家族はどうだろう・・。夜には連絡もとれて、みんなが無事だったことがわかりました。
あの時の心臓がギュッとつかまれたような気持ちは多分一生忘れないでしょう。


私は慣れない家での恐怖体験から、数日間、家に一人でいることが困難なほどのパニック状態になりました。
家族がその日家に帰ってくるのかも不安で仕方ありませんでした。
トイレやお風呂に入るのも怖くて、夜はよく眠れない。寝不足なので昼間にうとうとすると、また地震の恐怖状態で目が覚めるという感じでした。ストレスでのどがふさがった様になり食べられくなり、余震のたび、地震速報がなるたび気絶しそうでした!

さらに新しい住宅が地震に対してどれくらいの信頼性があるのかもわからず、いろいろなことが不安に思えました。

その道に詳しい弟や友人から、私の住んでいる家はまず倒れることはないと繰り返し聞かされました。
ありがたいことに、実際にはなかなか理解しにくいだろう私個人の漠然とした不安感の話に、それでも辛抱強く話を聞いてくれる両親や心優しい友人たちがたくさんいます。

そんな人たちの助けもあって、私もやっと落ち着いて家にいられるようになり、食事も食べられるようになりました。昨夜地震後はじめてご飯がおいしいと感じ、体の震えが止まりました。ゆっくりとお風呂に入れました。

被災地での大変さを思うと、実際には何も失われていない私の状況は非常に贅沢なことなのですが、心はとても深刻な一週間でした・・・。


今は計画停電のため、日々生活の時間を調整して動いています。
専業主婦になったので、時間の融通が利くので大丈夫ですが、働いていると大変かなと思います。
それでも周りの人たちも みんな積極的に協力しています。

実際に節電をしてみると、かなりのことができます。
我が家で大きいのは、乾燥機をやめたことだと思います。
花粉の時期は部屋干し+乾燥機を毎日利用していたからです。
外干しをすると鼻が詰まって苦しいですが、ハンガーごと取り込んで部屋につるし、しばらくプラズマをかけておくと何とか大丈夫だということがわかりました。(節電ですが短時間のプラズマだけはこの時期勘弁してもらっています。)

会社員の夫のアイロンは今のところ必要なので、干し方を工夫し、軽いアイロンで済むように、こまめに済ませ電力を一度に使わないようにしています。

温水便座は使用しなくなり、自動点灯ライトは消しました。今までなら少し寒いと使っていたエアコンも今使用しません。情報のためにテレビはつけることが多いですが、照明は極力なくして居間の蛍光灯一つになりました。
せっかくついているマンションのエレベータも使いません。→やってみるとできるのですね!


停電の夜の暗さは不安になります。充電式ワンセグテレビなどを使ってテレビを見みたりしています。
幸い大きな国道沿いに越してきたので、国道の灯りは消えず少しだけ灯りが届きます。国道の様子が見え、人(知らない人です)が見えることが安心です。

これらもライフラインが整わない被災地の方々に比べれば、すごく贅沢な話なのです・・・

昨夜少し出かける機会がありました。
お店も看板を消し、近隣の住宅もみな灯りを落としています。
いつもとは全然違う町の景色で、いつものお店を見落としそうですが、ああ、みんなもがんばっているんだ。とジンワリ感じられました。

漠然と、経済はどうなるのかなぁ なんて頭をよぎりました。
もちろん災害のこと、原発のことを思うと、そんな場合ではないということはわかっているのですが、主人の会社は石油関係で、売る油がないのです。
このままこの状態が続いて給料がもらえなくなったり、会社に何かがあったら・・・と思うと極めて現実的な問題だったりします。
他の産業でもどこも大変だと思います。


まぁそれでも 町々通りながら 空を見上げると 首都圏では珍しい暗い夜空に きれいな星が見えました。

宇宙は美しいです。宇宙から見た地球も美しいです。

人ももともとは優しい心を持っています。生きていれば先があります。

助けあい、分けあい、協力すること。
今こちらでできることは非常にささいなことですが まだ 頑張れる気持ちがしています。


まだ安否にわからない方々に早く連絡が取れますように。
被災していらっしゃる方々も絶対に希望を失わずに、生きてほしいと思います。


日々祈りながら・・・・・・





関連記事

2件のコメント

[C800] Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
みんなの頑張りに心があたたまります。
引き続き頑張っていきたいと思います。
  • 2011-03-19
  • 投稿者 : まめまめまめこ
  • URL
  • 編集

[C799]

被災者の皆さま、親類、友人の方々、心からお見舞い申し上げます!
あちこちで募金活動等何かできることはないか、被災地以外の件では活動を頑張っていますので、頑張ってください!
  • 2011-03-18
  • 投稿者 : 引越し
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。