Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放医研に電話

放射能でスッカリ滅入っているこの頃です

放射能が私の周りを包囲して、身動きをとれないように縛り上げているという感覚で
・・・この数日心は恐怖感で危機的な状態でした。
わからないことが不安なのだと、いろいろと知ってみるとそれでも不安はとれない。
食べものが飲み込めない・・・・かなり重症!?


今日は思い立って放医研相談電話にかけてみました。
被災地でもないのに親切にいろいろとおしえていただきました。
こんな風なお答えです。箇条書きで書きます


Q「神奈川県なのですが、普通に生活をしていて大丈夫なのか」
  ※子供の有無と年齢を聞かれましたので、一人、19歳と答えました
     *同じ答えが乳幼児に当てはまるかは不明*


A 神奈川では空気は心配なし。窓をあけても大丈夫。
  雨は4月中旬より心配なし。濡れたとしても心配しなくてよい。
  放射性物質は地面に落ちてたり、葉っぱなどについているもの。
  そんなところにあることを覚えておくように。
  でも、触ったらダメということでもなく、手を洗うと取れる。
  ただ、土を家の中にたくさん持ち込むようなことはしないほうが良い。

  そもそも放射線に関する基準は専門家の間でもあいまいなものだから、
  どこかに自分で線を引くしかない。
  実際神奈川で、(今のところ福島も含め)放射能で病気になっている人はいないけど、
  心配や不安で心身の不調を訴える人は非常に多く、たくさん電話相談を受けている。


Q「犬も飼っていて、葉っぱだまりのようなところに行ってしまうがどうか
  ※散歩の後は蒸タオルで全身をふいて、週に一回お風呂に入れている家犬」

A そのような対応で十分。 


Q 「食品についてもいろいろなところで検出され不安だがどうか」

A 食品の規制は非常に厳しくなっているので基本的に気にしなくてよい。
  厳しい流通規制をすり抜けて売られたりするものがあったとして
  それを食べてしまったとしても、そればかり食べてるというわけではないので
  トータルで一定以下の基準になればOKという感覚で良い。
  基本的にスーパーなどで売られているものであれば心配いらない。
  
とのことでした。



なんか普通にテレビで聞くことと同じなのですが、そのまま直接いってもらうとすごく安心できます。


私としては、生活をしている主婦にとって「生活の中で何をどうしたらよいのか」がわからないのがとても・・といっても漠然と不安だったのです。(小さいお子さんを持つ方にとってはさらにお子さんのことも大きなウェートを占める心配事だと思います)


今日の放医研電話相談によって私はかなり安心しました。(ありがとうございました)

そして、もう原発事故以前の安全・安心には戻れないのが現実なのですから、結局自分で納得したなかでやっていくしかないとすこし思えました。


私はひどく不安になると時々両親に電話をします。理解ある友達にも恵まれています。
家族も良くしてくれています。


日曜日に夫の誘いでプリンセストヨトミという映画を見に行く予定です。
気持ちも沈みがたちだし・・・映画どころじゃないと思いましたが、せっかくなので行ってきます。

実は綾瀬はるかさんが出ること以外、私は映画の情報がゼロなので、前に録画した宣伝番組かけて予習しています。まだ良く分からないのですが、なんだか面白そうな感じです


半分になるまで30年の降り積もったセシウム。(他にもあるかも)
そんな中で生きていく国民の一人として、なるぺく健康に、なるべく充実した人生になるように生きていこうと思います。







関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。