Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

原発事故 明るい気持ちになれなくて

最近テレビの報道が変わってきたように思います。
原発のことや汚染の事も少しずつ報道されるようになってきました。いい事だと思います。必要なことだし、もっと必要なのだと思います。

事故当初からメルトダウンと言っていた記者さんたちがおられます。でもテレビでも新聞でも報道はありませんでした。多分知っている方が伝えられなかった事情があるのかもしれません。・・・想像です。ないかもしれません。

細野補佐官が言ったように「不安をあおる」ので事故当初ずいぶんたくさんの情報が隠されたそうです。
時がたち明らかになったのは、不安をあおるのは情報を隠しておくことではなかったという事です。


原発で事故が起きた!爆発した!!放射能が漏れた!!! もう十分不安です。
事実が正確に伝えられていたとして、きちんと消化できたかはわかりませんが、「誠実な対応」だったなら安心感を損なうことはなかったと思います。


みんなが知りたいと思ったことを正直に知らせ、どうしたらより安全なのか・人々がすぐできることをその都度知らせることが必要だったのでしょう。逃げるとか、家にいるとかそういうことです。「人」を中心に問題を考えればそういうことです。


今までとは世界が変わってしまうような衝撃的な事故です。

私は神奈川ですが、ヨウ素もセシウムも(知らないですが多分他の物質も)飛んできました。
頭の上に、肩の上に。ベランダや洗濯物にも。道路や公園の土にも。

雨で流れるものもあるでしょう。飛んでいくものもあるでしょう。掃除や洗濯でも取れるでしょう。
残りは半減期を繰り返しながらなくなっていくのでしょう。---セシウムなら半減期が30年です。

食品は全量検査ではありませんから、セシウム含有率0にはならないでしょう。さらに舞い上がったほこりを吸うこともあります。体内に取り込まれたセシウムは半減期100日だそうです。ずいぶん長い時間体内で放射線を出しているなんて・・・・想像すると怖いですよ。オカルトのようです。

神奈川でも東京でも「何事もなかった」という振る舞いが求められているように感じます。
すでに世界が変わってしまったことを認めながら「何事もなく」生きていくには勇気がいります。
だから今私は喪に服しいるような気持ちです。大切なものが殺されたという気持ちなのです。

現在は福島県の一部を除き食品からのセシウムの検出もずいぶん減っています(ウメとかお茶は出ています)し、空間線量もかなり下がっています。客観的に考えると「生きていける」と思うのに、「安心」はなくなりました。

ここ数日、近隣や千葉などの空間線量が高かったです。4号機の高線量に加え、2号機の建屋解放が影響しているのかはわかりません。(2号機の建屋解放後の風向き、夜は海へ、日中は北側へ)今日は下がってきました。

そんな折 ニュースで経済産業大臣より、定期点検を終えた原発は「安全だから」再稼働を地元自治体にお願いするとやっていました。

個人的には原発はもうイヤです。電気は少なくてもいいから放射能が絶対ない世の中がいいです。それでもそういう考えではない大きな力が世のなかに敷き詰められています。


どうか次の事故はありませんように。どの電力会社さんも保安院さんも福島原発事故を重く受け止めて新しい気持ちでしっかり安全を担保してほしいです。事故が起きたらどれだけの人がどういう状況で苦しむのか・・・。そういうことが大切なのだと思います。

セシウム中毒(?!)なのか・・・・心はなかなか晴れません。
今朝は早くから美しい森に散歩に行きました。体はとても元気です♪



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。