Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

食・土のあたたかみ

長い年月をかけて誠実に土づくりをした畑で丹精込めて作られたお野菜。
土のぬくもりを感じるお野菜。いい香りがして甘味みがつよい!

形がまちまちだったり、ドロだらけだったり、スーパーのお野菜よりもちょっと手間がかかりますが、安心でいいお味なのです。

私が長年いただいてきたのはこんなに贅沢なお野菜たちでした♪

友人の畑で作られたもの。近所の農家さの畑で作られたもの。産直生協で購入したものなど。いろいろです。無農薬や減農薬で育てられた美味なものがほとんどで、ビックリするくらいお安い値段で分けてくださり、ずいぶん助けられています。(生協は普通の値段です)

さて、そんな野菜を作るどの畑にも放射能はかかりました。本当に悲しい現実です。私は神奈川なので神奈川産は受け入れています。土壌的にはまあまあと思っています。そうでない現実が後日わかるかもしれませんが、それでもご近所の農家さんやお友達に感謝しつつ美味しくいただくつもりです。これは「愛情」という納得する理由があります。

セシウムの植物への移行は、種類や土壌、環境によって異なるそうなので、日本の場合はまだ未知の部分が多そうですね。土壌調査は一部県などで公表しているので参考にしています。

産直生協で扱う農家さんは福島から関東が多いです。最近では自主検査もしてくれて、安全度は上がっているように感じています。生協の農家さんも大変心を痛めているそうで、除染などに取り組みながら安心な野菜を届けてくださるとの事です。久しぶりに大好きな生協の人参を頼みました。土のついた、何年も食べてきたものです。生協の配達の方は、一軒一軒の農家さんの顔までわかる野菜たちだと言っていました。


原発事故以来、安心についていろんなことを考えます。放射能も危ないけど、農薬もわからない。暫定基準値への安心感がもてないこと。公式発表では最近あまり検出されていないこと。(検査は一部ですが)

放射能はいわば「アタリ・ハズレ」のように考えたらいいのかな。売っているたいていのものは大丈夫で「アタリ」だけど、時々検査をしなかった地域のセシウムが少し多く含まれている「ハズレ」がある、みたいに。※家庭では測れないからわからないですが。


今朝のテレビで、セシウムモニタというのを紹介していました。ヨーグルトを作る機械のような形で、検体をタッパーのようなものに入れ、機会に入れると食材の放射線ベクレルの量が測れるのだそうです。ホームページも見ましたが、小型で簡易なもので精度もよさそうです。判定までの時間も短いのです。操作が簡単なので素人でも扱えるとの事でした。車でも使えるそうですよ。

コレ私も欲しい~と思いました。購入して自宅で簡易計測所を開業したいくらいですよ♪
※神奈川ではあまり利用者はいないかな・・・

残念ながら値段が非公開でわかりませんでした。別の会社の物は80万から100万円でしたので、多分高いでしょう。

国や市もそうですが、食品を扱う会社や、農家さんが使われるのかな?国費の口座があると書かれていました。

見えない放射性物質の安全を確認するためには計測しかありません。こうした機械が一家に一台とはいいませんが、自治会とか、大規模マンションといった小さな単位に一つくらいはある世の中になるかも・・・・「ゴミ捨て場掃除当番」や「資源ごみ分別当番」のように「放射性物質測定当番」なんてできたりしてっ?


まぁ 完全な安全も安心もありえません。
やや不安全というのは、いろんなところで今までもたくさんあったので、放射能を忘れず、気を付けるけど、幸せを感じられるように生きましょう~♪

土のぬくもりを手に取りながら。人として考えること。しばらく恐怖で見えなかったものを少し見ることができるようになったかもしれません。






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。