Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

汚染牛・・・・かわいそうに

福島県南相馬市から出荷された牛から暫定基準値を超えたセシウムが検出された件の続報で、すでにたくさんの都道府県に流通していること、飼い主の酪農家さんは、震災後のエサ不足で牛が痩せおとり与えたとのこと。

産直生協からも、震災による東北の深刻な飼料不足でどの家畜を残し、どの家畜を犠牲にするか・・・こだわりの国産飼料をあきらめ、一般配合飼料に代替えするなど知らされました。

家畜は命(それも毎日育て続けたもの)ですから、大変な問題だったと思います。震災直後の時期は情報もないですし、これからどうなるのかもわからないですし・・・。

今回の酪農家さんも痩せ劣る牛を見て、どれくらい心を痛めたことでしょう。次の飼料がいつ届くかわからなかったかもしれませんし、原発事故のニュース(電気がつながっていなかったかもしれませんが)では、「安全です」「健康に影響はありません」の連呼でした。十分な物資が届いていなかったでしょうから当時の人も付近で取れたものも食べていた可能性もありますし。

それでも、折角育てた牛がこのようなことになってしまい育てた方も残念だと思いますが、与えてはいけないエサを与えていた牛を「告知」なく売りにだしてしまったことは残念です。政府も原発周辺から移動した牛に関しては、全頭検査を最初からしていてくれればよかったと思います。

ところで、すでに原発周辺(計画的非難地域など)から、事故後少し時が経過してから移動された牛たちはどうなのでしょうか。

例えば北海道や宮城に売られていったとしたら、北海道産・宮城産などとして売られるのでしょうか。福島の原発周辺地域から追跡調査をして、全頭検査の対象になるのでしょうか・・・・・。ただの「国産牛」「○○県産」になるのかな・・・。

昨日あるスーパーで、鶏肉が「岩手産」「青森産」。豚肉が「岩手産」「千葉産」と表示されていました。細かくて良心的だと思いましたが、これは出荷時なのか、生まれも育ちも・・・という事なのかはわからないのでした。
ちなみにこのスーパーはブラジル産の販売がありませんでした。

産直(又はブランド)で買えばある程度素性のわかるものが買えそうですがかなり値段が高いし・・・・。

お財布も含めて悩みは尽きませんね。


ところでキロ当たり内部被ばくをしていた牛たちですが(セシウムが最大キロ当たり3400ベクレル/事故当時はヨウ素もあったことでしょう)・・・・このレベルの被爆、牛たちの「健康に影響がない」のでしょうか?牛もかわいそうですね。

※ちなみに出荷されてしまった肉を人間が食べてしまった場合--------仮に100gを毎日一年間食べ続けて 1.7ミリシーベルト/年 の被爆と計算できるが、普通食べ続けることはないから健康に影響がないそうです。----決して食べたはありませんが。




関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。