Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

福島市全域除染へ

今朝の朝刊の見出しです。
「福島市 全域除染へ 河川も山林も*数年から十数年かけ」

市内全域除染は福島県で伊達市に次いで二番目だそうです!

すでに除染を始めている伊達市のアドバイザー・田中俊一さんは「除染は手間がかかるができる」と言っていました。福島市も大きな市ですから大変な作業になりそうですが本当にきれいになってほしいです♪

それにしても「福島県全域」でなかったのが少し残念。
もちろんまだ原発周辺は立ち入り禁止で手が付けられないのでしょうけど・・・。全部がきれいになって福島の人たちに普通の生活が戻るように願っています。

総理は「原発に依存しない」と言っていました。「震災以前は原発推進だったけど、事故の深刻さを経験して、人々の避難させることとかを見て」という事を言っていました。

同感です。原発事故でこんなことになると思い知り、非常に恐怖を覚えましたから。

福島市の全域除染に「数年から十数年」。本当に長いです。

たくさんの人が苦しみ、悲しみ、今後も長い時間不安を抱えて生きていくかもしれません。
広範囲にまかれた膨大な放射性物質はどうすることもできず汚泥や焼却灰になっても流通させ、食品も汚染され、世の中から「安全・安心」がなくなってしまいました。それが今回の原発事故です。

今後どのように原発問題が進むのかわかりません。やりたい人はどうしてもやりたいようです。
発電そのものは原発でなくてもできるのに、なぜゆえ原発なのか・・・。

こんなにも人や動物の命(直接の死者はなくても避難生活で亡くなった方や自殺された方々がいます。家畜もたくさん殺され、避難地域に残され死んだペットもいます)や生活を犠牲にしている今回の事故を見ても、他の原発は「安全」と言える基準と人たち・・・。

いろんなことが私にはわかりません。








関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。