Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

こうすれば現実的!放射能汚染

日々、食品については悩みが尽きません。
全部を安全なものにするって、なかなか難しいからです。
そういうお母さんが多かったのでしょうか。

武田先生のブログに上がった記事にちょっと感動しました。
「どう乗り切るか、毎日、迷っているお母さんに」という題名の記事です。

本文中に「大丈夫!! 肉と米を気をつければ、政府にだまされても大丈夫。時々、失敗してもOK。」と書かれてあり、その際に気をつけることも・・・。

武田先生のブログはこちら↓
http://takedanet.com/2011/07/post_a5f3.html


これならできそうですょ♪


我が家では、野菜は地場産メイン。米・牛乳・ヨーグルトは北海道(何年も続けてきた予約定期購入品)です。肉は地場牧場産(セシウム不検出)か、海外。魚はやや不安がありますが、買った品物によって調理法を工夫すればよさそうです。

セシウム包囲網が狭くなってき、どんどん窮屈になってきた矢先にこのブログが読めてよかったです。
なんか少し安心しました。------武田先生によると年間2m㏜という試算です。


焼き魚とか、夏野菜カレーなんかは調理法でセシウムを減らせないので、少し産地を気を付けたほうがいいかもしれませんね。

同じ食品を大量に食べたり、続けて食べたりしないとか、そもそも食品目を増やしてリスクを下げてみたりとか・・産地によっては調理法を工夫したりということも長く続けられる範囲で努力していきたいと思います。

後は、時々これは・・・?と思う産地の物で、どうしても食べたいものが発生したら「嗜好品」的に食べても良いと思い始めています。長く続くセシウムとのお付き合いですし、食べたいものを我慢し続けたらストレスも溜まりますヨ。大量には食べないということで時には良いとします。私にとっては近海物のお魚なんかがそのククリです。
※暫定基準値を守って流通している事が前提条件ですが、セシウム牛など「まさかの現実」もあり得ると考えてのことです。

なんか少しほっとしてきました。
毎日心が「怖い」と「安心」でゆれていますので、何とかやれるというのはありがたい事です。

毎日の食事が美味しいというのは幸せなことですから♪


関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。