Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

市民に答えるメディア

サンデーフロントラインにて、ジャーナリストの発言が興味深かったです。

ニュースでは中国鉄道事故について伝えいて、中国版ツイッターによる多くの市民の反応により、報道統制が行われてきた国の既存メディアの報道姿勢が変わってきたそうです。それについてのご意見がこちらです。

ジャーナリストの大谷昭宏さん
「中国当局の口封じ、隠ぺいがもはや通用しないことが露見した。ネット時代の民衆の目と耳は塞げない。メディアも変革しつつある。振り返って、わが日本のメディアは市民社会にこたえているか」

ジャーナリスの青木理さん
「容赦なく隠ぺいに走る中国政府の態度には唖然とするが、福島原発事故のこと等等を考えれば隣国の隠ぺい体質を非難してばかりもいられない」

-------考えさせられました。






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。