Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放射線測定の技術

テレビで、放射線測定の新しい機械を見ました。
大きなカメラみたいなもので、ベルトコンベアー状態に流れている品物の放射線レベルを測定できるというもの。
どうも基準値を設定して、それ以上だと教えてくれるらしいです。(○○ベクレルと表示もされていました)

流れ作業なので、時間もすごく短くて済みます。商品も箱のままでよく、食品を切ったり専用容器に入れたりする必要はありません。もともとあった原発や医療の現場で使うような機械を改良し、計測面を広くして、感度を上げたということです。こんなに早くに新しい機械ができあがるなんて日本の技術力のすばらしさを実感します!

富士電機株式会社というところで作っている機械だそうで、430万円だったかな?そういう金額です。
ゲルマニウム検出器だと数千万ということなので、それと比べればかなり安価(?)です。

国もゲルマニウム検出器以外の検出器についても認める方針で、基準値の半分以下ならOKなのだとか。(精度を考えてのことでしょうか??もちろん低い分にはいくらでも歓迎ですが)

大きな機械ですので、どこにでもおけるわけではないと思いますが、スーパーや生協の配送センターとか、商品管理センターなどで食品毎に全部検査してくれるとさらに安心が増えますネ!
すごくいいと思います。広がりに期待したいと思います。

ところで想像したのですが、この検査の仕組みで人の内部被ばく調査もできるのではないでしょうか。
もちろん更なる改良は必要でしょうけど、こんなに早く簡単に検査ができて400万円代ですよ~。すごくいいですよね。

今後もいろいろな機会が国内メーカーによって製造されるといいと思います。
もう、起きてしまった残酷な現実は変えられないのですから、せめてもなるべく安全側で生活したいと誰でも思いますよね。特に食品は産地で安全が確保できない可能性が高くなりますし。

放射線は見えないので、検査して数値を見る以外に知りようがありません。
セシウムは半減期30年と長い付き合いになります。(チェルノブイリから25年です)

消臭力でおなじみ「エステー」では、10月に「エアカウンター」という放射線測定器を発売するそうです。今までの物よりも測定に少し時間がかかるものの、値段は15000円程度に抑えられています!
(売られているガイガーカウンターは数万円からか数十万円とかかなり高価です)

こういう場所に知恵と技術を使って商品を開発してくれると、本当にありがたいと思います。しかも安価で!
これからもたくさんの日本企業がこの時代に必要なもの開発してくれることでしょう。すごく期待しています♪


私が今欲しいのは、食品にどれくらいの放射性物質があるのかを持ち運びのできるガイガーカウンターみたいなもので調べられるものです。スーパーなどで買い物するときに使ってみたいです。
※もちろんスーパーが正直に計測して売ってくれれば不要になるかもしれませんが、こうしたものがあると、不正もわかりますし、直接口に入る前にチェックできるのでいいと思います。(もはやマスクの感覚です)

多くの人も震災・原発事故以来、時代がサバイバル化していることから、欲しいものリストが変わったのではないでしょうか。新しいニーズに敏感に反応して商品を開発することができたら、ある程度売れると思います。(足元を見ないで良心的なら)

そして「何もしない・気にしない」という人たちもいて、過酷な時代を忌避するように、ひたすら娯楽と安らぎを求める人も増えるかもしれません。

何にしても放射性物質が大量にばらまかれ、節電が求められている時代に役立つ製品を高い技術力で開発して欲しいです。










関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。