Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C851] Re: 主食が危ない

コメントありがとうございます。
米先物取引・・・ニュースで聞きましたが、今一つどんな影響があるのかわりませんでした。

投機ということは、参加する人は利益を得るという事だと、お米は高くなるのでしょうか。今日の取引では値段がつかなかったとか。

小麦がすごく上がったり、大豆が上がったりするのもこの先物取引のせいなのでしょうか。
いい事なのか悪い事なのかちょっとまだわかりませんが。
  • 2011-08-08
  • 投稿者 : まめまめまめこ
  • URL
  • 編集

[C850] 主食が危ない

意外と話題にされていない米先物取引、今日から2年間試験的に取引されるそうです。
日本人の主食である米を先物取引すると、米の販売価格は上昇する可能性が高いです。
なぜなら、欧米・中東人は米は主食ではないし、チャイナマネーが先物価格を上昇させる要因の1つだから。
主食をマネーゲームに参加させていいことはありません。
私たち一般庶民の暮らしを更に苦しくさせることになります。
米先物取引の早期廃止を望みます。
  • 2011-08-08
  • 投稿者 : 米先物取引
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

お米の心配と内部被ばくの心配

私は農家ではありませんが、お米の検査にドキドキしています。
早場米の検査は静岡でOK(キロ当たり2㏃の検出限界以下)との事。次は千葉県の結果待ちですね。

武田邦彦先生のブログで、野菜、卵はあまり産地を選べない現実から、米と肉を中心に気を付けるという提案がありました。

なるべくならセシウム等をたくさん取り入れたくないのは誰でも同じだと思いますが、すべてを避けるのは不可能な感じがします。同じ食品をたくさんの産地でなんてお店で売られていませんし、腐葉土や堆肥の流通を考えると土地の汚染は広範囲になるかもしれず今後の不安も大きくなりますね。まさかロシアンルーレット状態・・・?それは言いすぎですね。

不安も募りますが、食べないわけにもいきません。
なるべく安全に食べたいと、食品を塩水や酢水で洗っていると、風味が落ちて微妙なお味になってしまうし、当然栄養も損なってしまうでしょう。

しっかり栄養を取るには、安全なものを食べるのが一番ですが、古米は買い占めが始まっているらしいし、安全な産地の物はあまり売られていないし、あってもやや値段が高いです。生活が成り立たなくなりそうですよ。

お米はぬかや胚芽にセシウムがたまるのではないかという話、白米にしてよく洗えばセシウムはかなり少なくなるらしいとテレビで言っていました。汚染度の高い米が出たら実験されるかもしれませんね。(でもそういうお米はでないでほしいですが・・・・)

内部被曝についてのNHKの番組で、ウクライナのご家族の体から非常に高い数値のセシウムが検出され精密検査を進められていました。その後のことは扱われていませんでしたが、事故から25年たっても毎時5マイクロシーベルトもある森(当初からかなり汚染されて、土壌からセシウムを吸い上げた葉が落ち、腐葉土となり、また木に吸収されるサイクルがずっと続いき汚染が減ってい環境)で取れた非常に危険なキノコを日々食べてたことが良くなかったとか。日ごろの食事を再現したものを直接測るとキノコ以外からもたくさんのセシウムが・・・・・。こうした内部被爆で、ご主人は心臓の痛みを経験されたそうです。

このご家族も生活が楽ではないらしく、肉はあまり食べず、森でとったキノコを塩ゆでして除染した後調理して食べることが多いのだとか。・・・それでもキノコの数値は高区食するレベルではないとのことでした。

子どももその地で育てていて、本当に大変だと感じました。ちなみにウクライナの空間線量は0.1マイクロシーベルト/時で、まるで問題ない数値だという事でした。

内部被曝の危険は、セシウムから出るベータ線が直接体の中に影響するので、外部から来るガンマ線よりも危険度が高く、直接体内の細胞を破壊することが起こるそうです。(もしかして反対かな・・?)

今、体の中の臓器のどの部分にたまりやすいのかなどの研究(動物にて)も進められているそうで。今後解明されるかもしれませんね。

何はともあれ、同じような環境で生きていても、弱る人と、元気なままの人とがいるそうです。
自分の場合神奈川で過ごし、あまり大変なことになるとは思えませんが、東日本の子供たちが特に配です。

お米を買い占めていることたちは、子供が小さい人とか、健康にリスクのある方が優先になるといいと思います。それと日頃お米の買い置きをしないご家庭では、新米に季節までにお子がなくなるかもれません。

南魚沼大雨の影響で少し残念ですが、他のところでも増産しているところもあらしく、期待が高まりますね。







関連記事

2件のコメント

[C851] Re: 主食が危ない

コメントありがとうございます。
米先物取引・・・ニュースで聞きましたが、今一つどんな影響があるのかわりませんでした。

投機ということは、参加する人は利益を得るという事だと、お米は高くなるのでしょうか。今日の取引では値段がつかなかったとか。

小麦がすごく上がったり、大豆が上がったりするのもこの先物取引のせいなのでしょうか。
いい事なのか悪い事なのかちょっとまだわかりませんが。
  • 2011-08-08
  • 投稿者 : まめまめまめこ
  • URL
  • 編集

[C850] 主食が危ない

意外と話題にされていない米先物取引、今日から2年間試験的に取引されるそうです。
日本人の主食である米を先物取引すると、米の販売価格は上昇する可能性が高いです。
なぜなら、欧米・中東人は米は主食ではないし、チャイナマネーが先物価格を上昇させる要因の1つだから。
主食をマネーゲームに参加させていいことはありません。
私たち一般庶民の暮らしを更に苦しくさせることになります。
米先物取引の早期廃止を望みます。
  • 2011-08-08
  • 投稿者 : 米先物取引
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。