Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

陸前高田の松にセシウムから思う事

京都のお祭りで使う(燃す)ための陸前高田の松は、最初の検査で「放射性物質は検出れさていない」ものでしたが、京都のお祭りで使用を拒否されたとニュースになりました。

一転、使うことになり再度検査をされたら「セシウム検出」でやはり使わないという事だそうです。

私が考えたのは、お祭りと人々の気持ちの問題ではなく(こちらもいろいろあると思いますがこのたびは)、放射性物質の検出検査のことです。

たぶん陸前高田の松は、一回目と、二回目とで、そんなに遠くにあったものを検査したわけではないと想像しました。それなのに「検出なし」と「検出あり」の違いはどこにあったのか・・・・?という事です。
(松の状況はわかりません)

場所なのか部位なのか。

たまたまサンプルとして選んだものによって検査結果が異なっているとしたら、同じ現象が畑の作物などでも起こり得るということかもしれないと心配になりました。

モニタリング結果を見ると、最近の野菜の数値は不検出が増えていて、ちょとと安心するのですが、もしも買ってきたものを検査したら「基準値越え」なんてことがあったりして・・・・・??と疑念を持ってしまいました。

普通に考えると「検出なし」が続いている地域であれば、別のサンプルを検査してもとんでもない数値は出ないと想像できそうですが、この松の結果(数値は不明)によると、どうなんだろうと改めて疑問に思いました。

放射性物質については、次々新しい疑問が生まれてきます。

汚染物の拡散によって、何もかも気にしていたら食べるものがなくなるか、食費が際限なく高くなる現実に直面します。家庭や状況に合わせて、ほどほどにやるしかありません。

実際どれくらいの放射性物質を取り込んでいるかなも、全く知りえない状況です。
大抵のものは大丈夫だけど、時々大ハズレが混じっているなんて考えたくはありませんが・・・。

なるべく美味しく食べて、悔いのないように元気に生きること。ぜひとも大丈夫だと思いたいです。







関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。