Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

セシウムもっと測らなくっちゃ・・・・

放射性セシウム関係のニュースが続きました。

◆神奈川県川崎市の市営プール近くにためた腐葉土から12400ベクレル/kgのセシウムを検出。

◆東京都奥多摩町の堆肥から890ベクレル/kgのセシウムを検出。

◆徳島のシイタケ菌床から410ベクレル/kgのセシウム検出。※南相馬市のおがくずを使用。

◆茨城県の鉾田市の早場米から数十ベクレル/㎏のセシウム検出※暫定基準値以下。
※検査を終えている茨城の他の地域からは検出されていません。

たくさん降りましたから、いろんなところにあるのですね。

東京や神奈川でも木や土の多いところはかなりあるのかもしれません。私の住んでいる地域も神奈川の田舎っぽいところです。周りには森や川があります。明らかに高そうだなぁと思う場所も存在しています。(測ったことはないので数値は知りません)

毎年春から夏にかけて、枝の伐採や草刈を市でしてくれますので、自然に除染されていくかな?と思っていましたが、刈った草はそのまま放置し肥料にされてしまいました(+o+)・・たぶん放置された草や木葉を測ると高い数値が出るのではないかと思います××

でもこのあたりでそんなことを気にしている人がどれくらいいるのかわかりません。公園でたくさんの子供が遊び、小学校ではスポーツの試合も盛んにおこななわれています。

ただ、食品だけは明らかに敬遠されているらしいものが売れ残り、激しく値引きされていたりします。

「盲点」と言われて後から出てくることも多いように思います。それぞれの「業界」の方々が「安全」について危機感をもって考えてくださるといいのですが・・・・・ゆっくりわかるという事は、知らずに誰かが被ばくしてしまうかもしれません。(少量であっても)

それにしても目に見えない厄介者ですね。
それでも------

米の安全性についての読売新聞の記事は「1986年のチェルノブイリ原発事故の際もセシウムが土壌中などで検出されたが、セシウムによる健康被害はなかったと、国際機関が報告をまとめている。政府は、消費者が過剰反応することのないようコメの安全性の科学的根拠について分かりやすく説明する必要がある。消費者も冷静な対応を心がけてほしい。」と結ばれていました。

-------ちょっとビックリです。もし健康被害がないなら規制値もいらなしいわけです。チェルノブイリ後の子供たちに健康被害があるのは(ヨウ素はなくなっていくから)セシウムが主ですよね。政府や国際機関が認めなくても、体の弱い子供たちがいることを伝えるドキュメンタリーもたくさんあります。事故後の子供なら体内被ばくの問題を考えますよね・・・・

人の健康や安全ってすごく大切だと思うのですが、いくら読売新聞が原発愛好家だからって、こんな報道でいいのかなぁ。スーパーにも生協にもお米はもたくさん積まれて売っていました。

まずは安全にできるように、いろいろなものをもっとたくさん測ってほしいですね。
※大学や研究機関で現在モニタリングなどの計測をやっていない所に、国や自治体が協力依頼をするともっと測れるとテレビで聞いたことがあります。※



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。