Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自己責任を全うさせる売り方を!

福島のモモが旬だそうでお店にたくさん並んでいました。
いい香りがして とてもおいしそうです♪

モニタリングを見ると「不検出~100超ベクレル/㎏」※暫定基準内※

セシウム含有率はなるべく少ないのがいいに決まっています。子どもも食べますし。

せっかく不検出のモモがたくさんとれているのに、目の前のモモが何㏃なのかわからないから買えないって残念です。ロシアンルーレット状態では不安はぬぐえません!でもベクレル表示をすると含有量の高いものが売れ残る可能性もあります。

現実は消費者心理を反映した残念な値付け
お隣に並ぶ、見た目の変わらない美味しそうな他県のモモは----高値。


そこで考え方なのですが・・・・・福島県のモモを全部計測して不検出のみを出荷する

不検出なので他県と変わらない値段でちゃんと売る→不検出なら買う人も増えるからちゃんと売れる(騙さないことが前提!)

暫定基準値以内でもセシウムが検出されたものはベクレル表示をして、やや安価で販売する

これならもっと売れると思いますよ。


どなたかが笑顔でモモを頬張っても、「イメージで安全」なんて信じません。
その人が後々、家族の健康被害(出た場合)に責任を取れるはずはありません。

今の医療で低線量被ばくの健康被害は(将来起きたと思われる時)、放射線との影響はわからないといわれるのですから、結果「自己責任」になのです。

それなら「自己責任」にあったシステムで流通させなければフェアではありません。
暫定基準が安全側にシフトしないとしたら、消費者の不安はぬぐえませんから、何かしら考えたほうがいいかも・・・なんて思いました。


※1~100ミリシーベルト/年の被ばくや、内部被ばくについては専門家でも、「安全」「危険」と意見が分かれていて、はっきりしたことが言えない状態らいです。体内に入った放射性物質はβ線・α線の両方をだし細胞が直接被曝します。それがどれくらい健康被害を起こすのか・・・・・。



関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。